汚部屋になりがちな病気・精神疾患・心理状態6選!【片付けのコツや料金解説も】

おすすめ回収業者

汚部屋になってしまう方の中には「片付けや掃除ができないのは病気?精神疾患?」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回は汚部屋になる可能性のある病気や精神疾患、心理状態を徹底解説します。

あわせて、汚部屋になる心理、汚部屋脱出のメリット、片付けるコツ、業者の料金相場など役立つ情報満載、汚部屋でお悩みの方は必読です!

汚部屋になる可能性あり?病気・精神疾患6選

汚部屋で病気か悩む人

それでは、さっそく汚部屋になる可能性がある病気と精神疾患をご紹介していきます。

ADD・ADHD

ADDやADHDなどの発達障がいを持つ方は、汚部屋になりがちです。

ADDやADHDには、計画的に行動することが苦手で、物事に優先順位をつけるのが難しく、1つの事に集中できないなどの特性があります。

片付けたいとは思っていても、手順がわからない、どこから片付ければよいのかわからず、結果汚部屋になってしまうのです。

発達障がいは、病気なのか個性なのかの線引きが難しいのが特徴です。

うつ病

うつ病は、現代病とも言われるメンタルの病気のひとつです。

り患する人の数は年々上昇傾向にあるります。

うつ病になると、一時的にやる気が低下し、片付けや掃除をする気力がなくなるため、汚部屋になってしまいがちです。

うつ病なのか、ただ気分が塞いでいるのかは、自分では判断することが難しいため、鬱(うつ)かな?と思ったらメンタルクリニックを受診するのがおすすすめです。

総合失調症

総合失調症も汚部屋になる可能性のある病気のひとつです。

総合失調症には、感情の起伏が乏しくなる、無気力になる、何かを目的とした行動が起こせくなる、ひきこもりになる、という 特性があります。

やる気全般がなくなるため、部屋が荒れても、汚れても気にならなくなり汚部屋と化してしまうことが多いでしょう。

強迫性貯蔵症

脅迫性貯蔵症も汚部屋になる可能性がある病気・精神疾患のひとつです。

脅迫性貯蔵症は「ためこみ症」と呼ばれることもあり、物がなくなってしまうのではないかという強迫観念に支配されてしまう特性があります。

中には、不用品だけでなく、ゴミを溜めんでしまう人も!

重度になると、捨てると二度と食べ物が手に入らない気がして生ゴミをもためこんでしまうケースもあります。

重度の汚部屋や汚屋敷、ゴミ屋敷に多いケースです。

セルフネグレクト

セルフネグレクトも汚部屋に多い病気のひとつです。

近年増えているメンタルの病気のひとつで、その名の通り、自分自身のケアをしなくなる特徴があります。

ゴミを捨てない、片付けない、入浴しない・食事もおろそかになるなど、自分の事に無気力・無関心に。

重度の汚部屋やゴミ屋敷に多い病気です。

認知症

認知症もまた汚部屋になってしまう可能性が高い病気のひとつです。

近年、汚部屋やゴミ屋敷で孤独死する高齢者が話題になることが多いですが、中には認知症を患っていた方も多数含まれます。

置かれた状況を正しく認識することが難しくなるため、徐々に汚部屋になってしまうのです。

病気や精神疾患だけじゃない!汚部屋になってしまう人の特徴とは

汚部屋になる人の特徴

病気や精神疾患の中には、ご紹介したように汚部屋になってしまう可能性が高いものがあります。

しかし、病気や精神疾患だけが、汚部屋の原因ではありません!

以下の特徴が当てはまる方は汚部屋になりがちです。

  • 多忙で片付け・掃除の時間がない
  • もったいなくて物を捨てられない
  • コレクションの趣味がある
  • ストレス過多
  • 片付けや掃除が苦手
  • 汚部屋の自覚がない

読者の方nお中には「どこからが汚部屋なの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

汚部屋レベルについては、「汚部屋レベルと対処法」で詳しくご紹介しております。

汚部屋レベルに応じた対処法も解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【病気でも病気じゃなくても】汚部屋を脱出するメリット6選

汚部屋を片付けるメリット

汚部屋になってしまう可能性がある病気や精神疾患をお持ちの方は、部屋の片付けをすることが難しいかもしれません。

しかし、だからと言って汚部屋を放置するのはやめましょう!

なぜなら、汚部屋脱出には素晴らしいメリットがたくさんあるからです。

ここでは、汚部屋を片付けることで得られるメリットをご紹介します。

健康状態が改善する

汚部屋を改善すると、健康状態が改善します。

物が多く、どうしてもハウスダストがたまりがちです。

時には、ハウスダストだけでなく、カビが発生することも!

ハウスダストは、くしゃみ、咳、目の痒みなどアレルギー症状を誘発し、カビは真菌性肺炎を引き起こす可能性があることが医学的に証明されています!

また、汚部屋を片付け清潔にすると、免疫もアップするため風邪などの病気にかかりにくくなります。

仮に、毎月医療費が3千円程度かかっている場合は、年額にすると3万円~4万円にも!

健康状態が改善すれば、医療費が減り、その分を貯蓄や他の事に使うことができるので一鳥二石です。

リラックス・安眠を得られる

汚部屋を片付けると、リラックス・安眠効果も得られます。

意識していないかもしれませんが、物が多い部屋は、常に脳が常にストレスにさらされています。

汚部屋を脱出して、整頓された部屋になるとストレスが軽減され、常にリラックスして過ごせるように!

うつ病はストレスが軽減することで症状が緩和するため、病気の方にとっては非常に大きなメリットでしょう。

また、リラックスすると睡眠のクオリティがアップすることも医学的に証明されています。

睡眠障害などの病気の方も汚部屋を片付けると安眠できるようになるでしょう!

お金の節約になる

汚部屋を脱出することは、お金の節約にもなります。

汚部屋は物が多く、必要な時に必要な物が見つからず、同じものを2度、3度買ってしまいがちです。

汚部屋の方は、食品も食べる前に賞味期限が切れてしまう…なんてことも多いのではないでしょうか?

野菜や肉、魚などの食材を毎週のように腐らせてしまっている方は、年間数万円をドブに捨てている可能性も!

汚部屋を脱出すれば、無駄買いが防げるため、節約にもなり、今よりお財布にゆとりができますよ。

時間を有効利用できる

汚部屋を脱出すると、今より時間を有効利用できるようになります。

なぜなら、物を探すのに時間がかからない上、掃除もしやすくなるからです。

出勤前にバタバタしてしまい、遅刻しがちな方も、汚部屋を脱出すると時間に余裕ができて改善されますよ!

自己肯定感が上がる

汚部屋を脱出すると、自己肯定感アップ効果も得られます。

汚部屋はコンプレックスになりがちです。

部屋が汚い、片付けや掃除ができないことで、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、汚部屋を片付けて綺麗な部屋になることで、コンプレックスが解消されて、自分に自信が持てるようになるのです!

うつ病は気分が塞ぎ込みがちですが、汚部屋を脱出することで、気持ちが前向きになるため、病気の改善にも良い影響が期待できるでしょう。

人間関係が良好になる

部屋を脱出すると人間関係が良好になるメリットも!

部部屋が片付いていないと、人を気軽に呼べませんよね?

汚部屋ともなると、ますます人を招待するのは難しいでしょう。

そのため、付き合いが悪い、他人行儀と思われることも。

しかし、部屋が片付くと気軽に人を呼んで、飲み会やお茶会ができます!

気分転換になり、人間関係のストレスも緩和されるため、心の病気の症状も軽減するのではないでしょうか?

病気でも汚部屋の片付けはできる?汚部屋を片付けるコツ4選

病気でも汚部屋を片付けるコツ

汚部屋のメリットを知って、今すぐ汚部屋を脱出したいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、汚部屋を片付けるコツをご紹介していきます。

片付けが苦手な病気の方でも、きっと汚部屋脱出ができますよ!

ゴミを集めて処分する

汚部屋の片付けは,まずはゴミ捨てから始めましょう。

汚部屋には、かなりの確率でゴミが蓄積されています。

最初に捨てるべきは、生ゴミです!

生ゴミを放置すると、虫が湧いたり、カビ、異臭の原因となります。

すでに虫がわいている場合は、駆除はマストです!

汚部屋に出る虫10選!対処法・駆除の方法も!【ムシ画像なし】」で、汚部屋に発生しがちな虫と対処法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ゴミを片付ける前に、生ゴミ、燃えるゴミ、不燃ゴミと3種類のゴミ袋を準備しておくとスムーズですよ!

断捨離をする

汚部屋を片付けるための次のコツは断捨離です。

汚部屋は不用品が多数あるため、必要なもののみを残して処分することが大切!

病気の方は、断捨離はルールに則って機械的にこなすのがポイントです。

  • 半年使っていないものは捨てる
  • 2つ以上あるものは1つを残して捨てる
  • 1年着ていない服は処分する
  • 本は本棚に納まる分を残し処分する
  • 思い入れがあるものは画像や動画で残す
  • 使わないけど価値があるものは売る

上記のルールを守れば、物を捨てるのが苦手な方や、とっさの判断が苦手な方も、簡単に断捨離できる」はずです。

断捨離についてもっと知りたい方は「断捨離のコツ7選」でご紹介しているので、あわせてご覧ください!

小さな範囲から片付ける

汚部屋の片付けは小さな範囲ずつやるのがコツです。

汚部屋は物が多く、片付けや清掃にも時間がかかります。

一度にやろうとすると、挫折で挫折してしまう可能性が高く、さらに部屋が散乱した状態に!

毎日、少しずつやるのが成功するポイントです。

最初に、部屋の一角または、一室を不用品置き場にしましょう。

これだけでグンと片付いて見えるため、モチベ―ションが上がり、汚部屋の片付けに拍車がかかりますよ!

【女性も自力で!】ゴミ屋敷の片付け9手順」の中で、力のない女性でもできる片付け方法をご紹介しています。

片付けの手順を1から知りたい方はぜひ参考にしてくださいね!

業者に汚部屋の片付けを依頼する

病気の方の中、病気が疑われる方の中には、汚部屋であることはわかっていても、やる気が起きない、自力でできる気がしないと思っている方もいらっしゃるはず。

そんな時は、汚部屋の片付けは、初回だけでも業者を利用するのもおすすめです!

病気の方以外でも、汚部屋の片付けのコツがピンとこない片付ける自信がない方は、業者の利用を考えてみましょう。

【病気でも汚部屋脱出】部屋の片付けに業者がおすすめの理由3選

汚部屋の片付けには業者がおすすめの理由

ここでは、汚部屋の脱出に業者がおすすめの理由を紹介します。

病気だから汚部屋の脱出なんて無理!と諦めている方は必読ですよ!

最短即日で汚部屋から脱出できる

業者であれば、最短即日で汚部屋から脱出が可能です。

業者は、最短数十分で駆けつけてくる業者もあり、数人で作業を行うため、みるみる汚部屋が綺麗になります!

突然の来客や、引っ越し、大屋さんに汚部屋がバレそうで焦っている時も、業者ならすぐに汚部屋を片付けてくれるためおすすめです。

周囲に汚部屋や病気を知られず片付けができる

汚業者は、誰にも知られず汚部屋の片付けができるのもおすすめ理由です。

部屋をなんとかしたいと思っていても、病気や汚部屋であることがバレるのが怖くて、行動を起こせない方もいらっしゃるはず。

ロゴが入っていないトラックで来てくれたり、私服で作業したり、ゴミは段ボールで運び出すなど、プライバシーへの対策が万全です。

誰にもバレないため安心して汚部屋の片付けを依頼できますよ!

汚部屋を片付けるコツをマスターできる

業者に汚部屋の片付けを依頼すると、片付けのコツもマスターできます。

ADHDなどの方は、その特性によって片付けや断捨離ができず、汚部屋になってしまうことが多いものです。

しかし業者の作業を見れば、片付けのコツを掴むことができます。

また業者は、片付けの具体的なアドバイスもしてくれるため、2回目からの片付けの時に役立ちますよ!

病気の方は、初めての時だけでも業者に依頼するのがおすすめですよ。

汚部屋の片付けの料金相場【業者に依頼するといくら?】

汚部屋の片付け料金

汚部屋の片付けにぴったりな片付け代行業者ですが、やはり料金は気になりますよね!

業者に汚部屋の片付けを依頼する時にかかる料金は、大きく分けると以下の3つです。

  1. 片付け料金
  2. 不用品回収料金
  3. 清掃(ハウスクリーニング)料金

部屋の片付けの料金相場

部屋の片付けの料金は、間取りごとに設定している業者が多数です。

間取り別の料金相場は、以下の表を参考にしてください。

1R~1K 3~4万円
1LDK~2LDK 5~7万円
3LDK~4LDK 8~10万円
5LDK以上 12万円~

不用品回収の料金相場

不用品回収は、トラックに乗せ放題(定額プラン)か単品回収のいずれかが適用されます。

汚部屋はとにかく物が多いことが予想されるため、トラック乗せ放題の方がコスパが良くおすすめです。

乗せ放題はトラックの大きさによって異なるため以下を参考にしてください。

軽トラック 2トントラック(S) 2トントラック(L)
処分費用 1~3万円 3.5万円~ 5万円~

自分の部屋の不用品が軽トラに積める量かどうか知りたい方は、「どれくらい積める?軽トラ積み放題」を参考にしましょう。

単品回収プランで不用品を回収してもらう時は、以下の料金相場を参考にしてください。

  • マットレス・ソファー・テーブル:2,000~5,000円
  • ベッド:3,000~6,000円
  • エアコン・タンス:3,000~8,000円
  • テレビ:4,000~6,000円
  • 洗濯機:5,000~8,000円
  • 冷蔵庫:5,000~10,000円

清掃(ハウスクリーニング)の料金相場

部屋の清掃料金も間取りごとに設定している業者がほとんどです。

簡易的な清掃は片付け代行に含まれることが多いですが、水まわりのカビや、虫の除去など、本格的な清掃には、ハウスクリーニング料金がかかるでしょう。

間取り別の清掃代行の料金相場は、以下の表を参考にしてください。

1R~1K 3~4万円
1LDK~2LDK 5~7万円
3LDK~4LDK 8~10万円
5LDK以上 12万円~

※料金はあくまで目安です。最終的な金額は必ず各業者の見積もりで確認しましょう。

病気で汚部屋の片付けが難しいなら

汚部屋の片付けならワンナップLIFEに

汚部屋を脱出すると、健康、お金、メンタル、スピリチャルなど様々な面でメリットを感じることができます。

しかし、病気などで汚部屋の片付けが自力で難しい場合は、ぜひワンナップLIFEにお任せください。

ワンナップLIFEは、最短25分でお客様のもとに駆けつけますので、今すぐ汚部屋を片付けたい方にもぴったりです。

業界最安値のパック料金ですので、他社の見積もりが高いと感じた方も、お得に汚部屋の片付けをご依頼いただけます。

相談・見積もり、見積もり後のキャンセルは全て無料ですので、まずはお気軽にお問合せください。

おすすめ回収業者
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!