汚部屋のレベルと対処方法!どこから片付ける?【プロに依頼しよう】

汚部屋のレベルと対処方法!どこから片付ける?【プロに依頼しよう】 ゴミ屋敷の清掃方法

この記事では、汚部屋のレベルと対処方法を解説します。この記事を読めば、汚部屋の片付け方が分かります。

汚部屋の自覚があるのに、放置しておくのは危険です。汚部屋は悪臭や害虫を発生させるだけでなく、火災の恐れもあります。

足の踏み場がないほどの汚部屋の人は、プロに片付けを依頼してください。個人では対処できません。

汚部屋のレベル【まずは現状把握から!】

汚部屋のレベル

状況ごとの汚部屋レベルは以下の通りです。今の状態がどのレベルなのか確認してみてください。

  • 汚部屋レベル1:多少散らかっている程度
  • 汚部屋レベル2:生活に支障がない程度
  • 汚部屋レベル3:足の踏み場がない
  • 汚部屋レベル4:悪臭・害虫が発生している
  • 汚部屋レベル5:ゴミが背丈まで積み上がっている

汚部屋レベル1:多少散らかっている程度

多少散らかっている程度であれば、汚部屋レベルは「1」です。個人でも対処の余地があり、重大な状況ではありません

汚部屋レベルは「1」は、ペットボトルや衣類が机・床に散らかっている程度だと考えてください。

汚部屋レベル2:生活に支障がない程度

生活に支障がない程度であれば、汚部屋レベルは「2」です。多少問題はあるものの、生活できるレベルであれば重大な状況ではありません

部屋が汚くても、以下の状況であれば汚部屋レベル「2」と考えてください。

  • 歩くスペースがある
  • 寝る場所を確保できる
  • 人が座るスペースがある

汚部屋レベル3:足の踏み場がない

足の踏み場がない状況は、汚部屋レベルが「3」です。汚部屋レベル「3」になると、生活に支障が出てきます

以下の状況にある場合は、汚部屋レベルが「3」だと考えましょう。

  • ゴミの上を歩いている
  • 寝るスペースがない
  • 座ると体がゴミに触れる

汚部屋レベル「3」は、個人での片付けが難しくなる状況です。できれば汚部屋レベル「3」になる前に対処しましょう。

汚部屋レベル4:悪臭・害虫が発生している

悪臭や害虫が発生している状態だと、汚部屋レベルは「4」です。健康的被害が出てくる可能性もあります

汚部屋レベル「4」になると、近隣に迷惑をかけている可能性も……。悪臭が外に漏れている可能性も考えてください。

汚部屋レベルは「4」は、直ちに対処が必要な状況です。床や壁など、部屋へのダメージも考えられます。

汚部屋レベル5:ゴミが背丈まで積み上がっている

ゴミが背丈以上に積み上がっている状態は、汚部屋レベルが最高の「5」です。ゴミが自分の頭より上にあるのは、異常事態だと考えてください。

汚部屋レベル「5」は、ゴミ屋敷と呼べる状況です。個人での改善は不可能だと言えます。

汚部屋レベル別の対処法

汚部屋レベル別の対処法

汚部屋レベルにあわせた対処方法は以下の通りです。基本的にレベル「3」以上を超える汚部屋は、個人で対応できません。

  • 汚部屋レベル1・2:自力で片付ける
  • 汚部屋レベル3以上:プロに依頼する

汚部屋レベル1・2:自力で片付ける

汚部屋レベルが「1」と「2」の場合は、自力で片付けましょう。生活に支障がない程度の汚部屋であれば、プロの手を頼る必要はありません

汚部屋レベルが「1」であれば、一人でも片付けられます。汚部屋レベルが「2」の場合は、誰かに手伝ってもらうことも検討してください。

汚部屋を自力で片付ける方法は「汚部屋はどこから片付ける?手順を解説」で解説しています。

汚部屋レベル3以上:プロに依頼する

汚部屋レベルが「3」を超える場合は、プロに片付けを依頼しましょう。レベル「3」を超える汚部屋は、個人での片付けが難しいです。

業者は片付けのプロ。あなたの汚部屋がどんなに散らかっていても、綺麗に片付けてくれます。

レベル「3」以上の汚部屋を自力で片付けるのは大変です。費用はかかりますが、プロに依頼した方が汚部屋をスッキリと片付けられます

汚部屋はどこから片付ける?手順を解説

汚部屋はどこから片付ける?手順を解説

汚部屋を自分で片付けるときの手順は以下の通りです。自力で片付ける人は、手順通りに進めてみてください。

  1. 道具を用意する
  2. ゴミをまとめる
  3. 必要なものを仕分けする
  4. 掃除する
  5. 必要なものを収納する

STEP1:道具を用意する

まずは、汚部屋を片付けるための道具を用意しましょう。汚部屋は通常の片付けとは違い、準備しないとスムーズに作業が進みません

汚部屋を片付けるときに用意する道具は以下の通りです。

  • ゴミ袋
  • マスク
  • ビニール紐
  • 軍手・ビニール手袋
  • スリッパ・長靴
  • 雑巾・洗剤・バケツ
  • 掃除機・ほうき・ちり取り

汚部屋のレベルが高ければ高いほど、害虫や汚れが発生しています。体への付着を防ぐため、入念に準備をしておきましょう。

STEP2:ゴミをまとめる

道具を準備できたら、汚部屋に散らばるゴミをまとめます。ゴミをまとめていない状態で作業を進めると、必要なものを誤って捨ててしまう可能性があるからです。

汚部屋になんとかゴミを置くスペースを作り、まとめていってください。ゴミを部屋の外に出すと近隣に迷惑がかかります。なるべく部屋の中で作業を進めるようにしましょう。

ゴミをまとめて袋に入れたら、自治体の回収日に処分してください。回収日以外に外へ出すのはいけません。近隣に迷惑をかけないように、汚部屋を片付けましょう。

汚部屋はどこから片付ける?
汚部屋は玄関に近い場所から順番に片付けるのがコツです。玄関にゴミをまとめていけば、回収日にゴミ袋を出しやすくなります。

STEP3:必要なものを仕分けする

ゴミをまとめたら、必要なものを仕分けしていきます。「本当に捨てていいのか」「必要なものなのか」を考えてみてください。

今後、汚部屋を防ぐためにも、使わないものは積極的に捨てること。目安として、1年以上使っていないものは処分しましょう。

STEP4:掃除する

ゴミがなくなったら、部屋を掃除します。汚部屋を片付けた後は、床や壁が汚れていることが多いからです。

大きいゴミを避けると、床に細かいゴミが散らばっているはず。細かいゴミを掃除機やほうきで取り除いてください。

床には飲み物や汁物がこぼれている可能性もあります。洗剤を使った雑巾で綺麗に拭き取りましょう。

STEP5:必要なものを収納する

最後に、必要なものを順番に収納していってください。ものが部屋に散らばった状態だと、すぐに汚部屋の状態に戻るからです。

よく使うものを取り出しやすい場所に収納するのがコツです。収納する場所を固定すると、綺麗な状態を保ちやすくなります。

収納が完了したら、汚部屋の片付けは完了です。また汚部屋の状態に戻らないように、今後の生活を考えましょう。

汚部屋の片付けを業者に依頼するときの費用

汚部屋の片付けを業者に依頼するときの費用

汚部屋の片付けを業者に依頼するときの費用は以下の通りです。部屋の大きさによって費用が違います。

  • 1LDK:8万円〜
  • 2LDK:10万円〜

1LDK:8万円〜

1LDKの汚部屋を片付けるときの費用は、8万円以上です。ただし、ゴミの量によって変わります。以下の表を参考にしてください。

堆積している高さ 1m未満 1m以上
作業人数 2〜3人 3〜6人
作業時間 2〜4時間 3〜6時間
料金相場 約8〜15万円 約15〜28万円

汚部屋の程度がひどいほど、費用も上がります。汚部屋の片付けにどのくらいの費用がかかるか気になる人は、業者に見積もりをもらってみてください。
» 1LDKの汚部屋を片付けるときの費用相場

2LDK:10万円〜

2LDKの汚部屋を片付けてもらうときの費用は10万円以上かかります。1LDKよりも部屋が広い分、費用も高くなる傾向です。費用の相場は以下の表を参考にしてください。

堆積している高さ 1m未満 1m以上
作業人数 3〜6人 5〜9人
作業時間 3〜6時間 5〜9時間
料金相場 約10〜30万円 約30〜45万円

2LDKの汚部屋を個人で片付けるのは困難です。少し費用は高いですが、業者に依頼しないといつまで経っても片付けられません。
» 2LDKの汚部屋を片付けるときの費用相場

汚部屋化を防ぐための心がけ

汚部屋を防ぐための心がけ

汚部屋にならないためには、以下の3つを意識しましょう。汚部屋になってからどうしようか、ではなく、そもそも汚部屋にしないことが大切です。

  • 定期的に片付ける
  • 必要なものを厳選する
  • 生活スタイルを改善する

定期的に片付ける

汚部屋を防ぐためには、定期的に片付けることが大切です。片付けを怠ると、部屋が散らかってしまうからです。

「週に1回」「月に1回」など、片付ける日を決めてみてください。部屋全体を片付けるのが難しい場合は「玄関だけ」「キッチンだけ」など、場所を決めて片付けるのがおすすめです。

必要なものを厳選する

汚部屋にならないためにも、必要なものを厳選してください。無駄なものが増えるほど、汚部屋になりやすいです。

「もったいないから」「使えるかもしれない」という考え方はおすすめできません。結局使わないまま、部屋に放置することがほとんどだからです。

必要最低限のものだけに絞ると、部屋がスッキリと片付きます。必要のないものを増やさない意識を持ちましょう。

生活スタイルを改善する

汚部屋にしないためには、生活スタイルを改善することも大切です。汚部屋になる原因は、生活スタイルにあるとも言えます。

以下の状況にある場合は、生活スタイルの見直しを検討してください。

  • 片付ける時間がない
  • ゴミを捨てる機会がない
  • ついついゴミを放置してしまう

生活スタイルが改善されれば、汚部屋になることはありません。できることから徐々に改善してみてください。

汚部屋レベルが3以上の人はプロに依頼しよう

汚部屋レベルが3以上の人はプロに依頼しよう

汚部屋はレベルごとに対処法が違います。レベル「3」以上の汚部屋は、プロに依頼するのがおすすめです。

  • 汚部屋レベル1:多少散らかっている程度
  • 汚部屋レベル2:生活に支障がない程度
  • 汚部屋レベル3:足の踏み場がない
  • 汚部屋レベル4:悪臭・害虫が発生している
  • 汚部屋レベル5:ゴミが背丈まで積み上がっている

ワンナップLIFEは、汚部屋の片付けにも対応する不用品回収業者です。最短即日、あなたの汚部屋を綺麗に片付けます。

見積もりは無料です。汚部屋の片付けにお困りの人は、お気軽にお問い合わせください。

ゴミ屋敷の清掃方法
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!