冷蔵庫の処分方法5選!費用の安い捨て方は?【格安料金で捨てよう】

冷蔵庫の処分方法5選!費用の安い捨て方は?【格安料金で捨てよう】 粗大ごみの出し方

冷蔵庫の処分方法5選を解説していきます。

粗大ゴミとして処分できず、捨て方に困る人が多い冷蔵庫。販売店に引き取りを依頼するなど複数の処分方法がありますが、大型で重量もあるため、処分の難しい家電です。

「大型の冷蔵庫は場所を取ってしかたがたない。早く処分したい。」

「自分では運べないが、なるべく安く処分したい。」

そんな人でも、この記事を読めば、あなたに合った方法で冷蔵庫を処分できるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

冷蔵庫の処分方法5選

冷蔵庫の処分方法5選

冷蔵庫の処分方法は以下の5つです。それぞれの特徴を理解した上で、あなたに合った方法を選んでください。

  • 冷蔵庫販売店に引き取りを依頼
  • 指定引き取り場所への持ち込み
  • リサイクルショップに買取を依頼
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

冷蔵庫販売店に引き取りを依頼

販売店に依頼すれば、冷蔵庫を処分できます。「家電リサイクル法」により、販売店には冷蔵庫を引き取る義務があるからです。

冷蔵庫を販売店で処分するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる ・費用がかかる

冷蔵庫を新しく買う場合でなくても、家電量販店なら処分してくれます。なお、下取りする場合でも処分費用はかかるので注意しましょう。

指定引き取り場所への持ち込み

「指定引き取り場所」と呼ばれる家電4品目の引き取り場所に持ち込むことでも、冷蔵庫を処分できます。「指定引き取り場所のご案内」でお近くの場所を検索しましょう。

冷蔵庫を指定引き取り場所に持ち込むメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・収集運搬料金がかからない
・持ち込みの手間がある
・リサイクル料金はかかる

自分で指定引き取り場所まで持ち込めば、収集運搬料金を節約できます。しかし、冷蔵庫ほど大型で重量もある家電を持ち運ぶのはかなりの手間です。

リサイクルショップに買取を依頼

リサイクルショップに買い取ってもらうのも、冷蔵庫の一つの処分方法です。高価な冷蔵庫も多いため、中古で冷蔵庫を買いたい人も案外多いからです。

冷蔵庫をリサイクルショップの買取に出すメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる
・すぐに処分できる
・持ち込みの手間がかかる
・買取してもらえない場合がある

買取に出す場合、前提として冷蔵庫が使える状態である必要があります。あまりにボロボロの状態では当然買取してもらえません

また、リサイクルショップまで冷蔵庫を持ち込むのはかなりの手間です。リサイクルショップを利用する場合は、回収に応じてくれる店舗を探しましょう。

フリマ・オークションサイトで売却

フリマ・オークションサイトでも、冷蔵庫を売却処分できます。なるべく安く冷蔵庫を手に入れたい全国のユーザーが、日々ネット上の中古品情報をチェックしているからです。

冷蔵庫をフリマやオークションサイトで売却するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・送料が高い
・出品・発送が手間
・処分に時間がかかる
・トラブルの可能性がある

フリマ・オークションサイトの場合、取引相手は個人です。「冷蔵庫が動かない」など、トラブルがあった場合に困ります。

出品・発送の手間がかかるなど、デメリットの多い方法です。送料をあらかじめ計算せずに販売価格に含めて売却すると、全く利益にならないこともあるので注意しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼

不用品回収業者に依頼すれば、冷蔵庫を簡単に処分できます。不用品回収業者なら、最短即日で自宅まで冷蔵庫を回収しにきてくれます

冷蔵庫を不用品回収業者で処分するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・依頼費だけで処分できる
・自宅まで回収しにきてくれる
・費用がかかる

手軽に冷蔵庫を処分したい人には、不用品回収業者の利用をおすすめします。リサイクルする際に発生する「収集運搬料金」を節約できるのも、不用品回収業者のメリットです。

冷蔵庫を処分する際の費用相場

冷蔵庫を処分する費用相場

冷蔵庫を処分する際の費用は以下の通りです。できるだけ手軽に、しかも安く処分したい人は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

  • 引き取り:4,290円〜
  • 不用品回収業者:3,500円〜

引き取り:4,290円〜

冷蔵庫の引き取りには、以下2種類の料金がかかります。

  • 収集運搬料金
  • リサイクル料金

このうち、各家電量販店の収集運搬料金は以下の通りです。

店舗 収集運搬料金
ヤマダ電機 1,650円(税込)
ケーズデンキ 1,650円(税込)
ビッグカメラ 1,650円(税込)
エディオン 2,200円(税込)
ヨドバシカメラ 550円(税込)

冷蔵庫は大きさによってリサイクル料金が変わります

  • 170L以下:3,740円(税込)
  • 171L以上:4,730円(税込)

170L以下の冷蔵庫を処分する場合、最安値はヨドバシカメラでの引き取りです。

収集運搬料金550円(税込)+リサイクル料金3,740(税込)=4,290円(税込)

不用品回収業者:3,500円〜

不用品回収業者の場合は、「収集運搬料金」「リサイクル料金」という設定はありません。「依頼料」という形で処分費用が設定されています。

不用品回収者によって、冷蔵庫の処分費用は違います。例えば、不用品回収業者のワンナップLIFEの場合は、3,500円〜です。

家電量販店に引き取りを依頼する場合よりも、。不用品回収業者の方が安くなる場合があります。各業者の処分費用を比較して、できるだけ安い費用で冷蔵庫を処分しましょう。

冷蔵庫を処分する前の準備

冷蔵庫を処分する前の準備

冷蔵庫を処分する際は、以下の手順で準備を進めましょう。冷蔵庫は、いきなり電源を抜いて捨てることができません

  1. 中身を処分する
  2. 前日に電源を切る
  3. 霜取りをする
  4. 水抜きをする

STEP1:中身を処分する

処分する前に、冷蔵庫の中身をなくしましょう。冷蔵庫の中身がある状態では、処分できません

冷蔵庫の中の食材は、燃えるゴミなどに該当します。家電量販店や指定引き取り場所に持ち込んでも処分できません。

STEP2:前日に電源を切る

処分する日の前日に、冷蔵庫の電源を切りましょう。製氷器などに残った氷を溶かす必要があるからです。

処分直前に電源を切ると氷が解けて水浸しになり、冷蔵庫が故障する可能性もあります。氷が溶けるまで1日ほどかかるので、処分前日に電源を切るのがベストです。

STEP3:霜取りをする

冷蔵庫の電源を切ったら、霜取りをしましょう。霜が溶け出して電気系統にかかると、冷蔵庫が故障する可能性があります

一般的な冷蔵庫には霜取り機能が搭載されています。霜取り機能がある場合は、必要のない作業です。

STEP4:水抜きをする

最後に水抜き作業を行います。冷蔵庫の内部にタンクが付いているので、水を捨てましょう。

水抜きまで終われば、処分の準備は完了です。あとは、依頼する業者に持ち込むか、回収を待ってください。

冷蔵庫を処分するときの注意点

冷蔵庫を処分するときの注意点

冷蔵庫を処分するときの注意点は以下の2つです。トラブルなく冷蔵庫を処分するためにも、必ず押さえておきましょう。

  • 粗大ゴミとしては処分できない
  • 無料回収する業者は利用しない

粗大ゴミとしては処分できない

冷蔵庫は粗大ゴミとして処分はできません。冷蔵庫は「家電リサイクル法」により、処分方法が定められています

「家電リサイクル法」に該当する家電は以下の通りです。

「家電リサイクル法」に該当する家電は、定められた適切な方法で処分しましょう。

無料回収する業者は利用しない

無料で回収する業者で冷蔵庫を処分してはいけません。無料で回収する業者は、一般廃棄物収集運搬業を取得していない可能性があります

前述の通り、「引き取り」の場合は「収集運搬料金」や「リサイクル料金」が必要です。無料という言葉に騙されてはいけません。

違法業者に冷蔵庫の処分を依頼すると、不法投棄される可能性も。また、後から高額な料金を請求される可能性もあるので注意してください。

冷蔵庫を処分をご検討なら

冷蔵庫を処分をご検討なら

冷蔵庫の処分方法5選を紹介してきました。それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、適切な処分方法を選びましょう。

  • 冷蔵庫販売店に引き取りを依頼
  • 指定引き取り場所への持ち込み
  • リサイクルショップに買取を依頼
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

冷蔵庫を手軽に捨てたいなら、不用品回収業者への依頼がおすすめです。不用品回収業者は、最短即日で自宅まで冷蔵庫を回収しに来てくれます。

ワンナップLIFEでは、冷蔵庫の単品回収も行っています。お見積りや相談は完全無料です。冷蔵庫の処分を検討している人は『ワンナップLIFE』までご相談ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!