古着を適切に処分する方法6選!簡単・お得に手放せる【注意点も】

古着を適切に処分する方法6選!簡単・お得に手放せる【注意点も】 単品回収

また着るかもと捨てられずに、ついついクローゼットにため込みがちな古着。

意を決して処分を決意したものの、「どうやって処分すればいいのだろう…」「簡単に処分する方法はない?」とお悩みの方も多いでしょう。

そこで今回は、古着を適切に処分する方法を厳選して6つ紹介します

無料で処分する方法や、一切手間がかからない方法も紹介するので、古着の処分にお困りの方はぜひ本記事を参考にして下さい。

古着を適切に処分する方法6選!

古着を適切に処分する方法6選!

さっそく、古着を適切に処分する6つの方法を紹介します。

それぞれの処分方法によって手間のかかり方や、処分できる服の種類なども異なるので、自分が望んでいるものに近い処分方法を、この中から見つけてみてください。

自治体のごみとして出す

古着などの不用品を処分する際にまっ先に思いつくのが、自治体にごみとして出す方法でしょう。

ごみとして出せば、ダメージがひどくて売れないような服も処分できるうえ、費用もかかりません。

注意点としては、住んでいる自治体によって、ごみの区分が異なること。

たとえば、東京都新宿区では衣類を「燃えるごみ」として処分できますが、大阪府大阪市では週に一度の「古紙・衣類」ごみとして分類されています。

地域によっては、処分できる古着の種類や枚数に制限を設けているところもあるので、事前の確認は必須です。

リサイクルショップで売却する

古着を処分するついでに、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたいなら、リサイクルショップで売却するのも手です。

買取には査定がありますが、1回しか着ていないほぼ未使用の服や、ブランド品であれば高値で買い取ってもらえる可能性は高くなります。

汚れがあったり、ダメージのある服だと買取を断られる場合がほとんどなため、確実に処分できるわけではない点がネックです。

オークションやフリマアプリで出品する

有名ブランドや人気の高い古着であれば、オークションやフリマアプリに出品して売却するのも有効です。

多種多様なニーズを持つ人たちが商品を見に来るので、リサイクルショップで売却するよりも売れやすいというメリットがあります。

ただし、慣れていないうちは購入者とのやりとりや梱包・配送手続きに苦労することも多く、時間がかかって面倒に感じることも多いです。

いらない古着をお金にできるのは魅力的ですが、時間に余裕がある人でないと難しい処分方法と言えるでしょう。

アパレル店に回収してもらう

ユニクロ、GU、H&Mなどの大手アパレル店では、古着の回収サービスを提供しています

店舗内で回収ボックスを設置しているケースが多く、古着を店舗に持っていくだけで処分できます。

回収サービスを行っている主な店舗の詳細は下記です。

店名

回収する古着

回収方法

H&M

ブランドを問わず回収対応

店舗内に回収ボックスがある

ゴールドウイン

ブランドを問わず回収対応

レジに持参する(一部店舗では対応していない)

ZARA ZARA以外のブランドも回収対応 店舗内に回収ボックスがある
パタゴニア 自社製品の衣類のみ回収対応 店舗内に回収ボックスがある。流通センターに送付する方法もある
ユニクロ・GU 自社製品の衣類のみ回収対応 店舗内に回収ボックスがある
無印良品 無印良品の衣類や布製品のみ、下着は回収できない 店舗内に回収ボックスがある

このように、無料で利用できる場合がほとんどなので、最寄りに対応するアパレルショップがある人は積極的に活用したいところ。

店舗によっては回収できる服の種類が異なる場合もあるため、利用する際は事前にショップのホームページなどで確認をしておきましょう。

必要とする団体に寄付する

NPOやNGOなどの支援団体に、古着を寄付する方法もあります。

寄付された古着は貧困で苦しむ人々の元へ贈られたり、医療活動などに活用されます。

不要になった古着の処分ができて、社会貢献にもなるため、部屋と一緒に心もスッキリする処分方法です。

支援を目的として古着を回収しているため、専用の回収キットを購入する必要があったり、配送料がかかるなど、お金がかかるケースが多くなっています

不用品回収業者に依頼する

大量に古着がある、古着のほかにも処分したいものがあるというときに最適なのが、不用品回収業者への依頼です。

不用品回収業者に処分を依頼すると、費用はかかりますが、分別の手間がかからなかったり、自分の好きなタイミングで処分できたりとメリットが多いです。

不用品回収業者に依頼することで得られる、主なメリットを紹介します。

営業時間が長いから好きなときに古着を処分できる

古着を自治体にごみとして処分する場合、回収日が指定されている場合がほとんど。

引っ越し前で急を要するときや、なかなか時間を作れない人にとっては、不都合なことも多いでしょう。

不用品回収業者なら、早朝・深夜対応の店舗も多く、自分の都合に合わせて処分する日程を決められます

業者によっては依頼して即日、1時間以内に駆けつけてくれるところもあるため、すぐにでも古着を処分したいと考えている人にはうってつけです。

分別しなくていいから一切手間がかからない

不用品回収業者は、分別をしなくて済むのも魅力です。

古着をごみとして処分する場合、自治体によっては、服の素材ごとに分別を指定しているところもあります。

リサイクルショップなどで売却する場合は、下着などの買取を受け付けていない場合がほとんど。

古着を一気に片づけたいと考えている人にとって、いちいち分別をするのは面倒に感じる人も多いでしょう。

不用品回収業者はどんな種類の古着でも回収してくれるので、「これは処分できるのだろうか…」と悩む必要が一切ありません。

ほかの不用品も処分できるから部屋が一気にきれいになる

不用品回収業者は、古着以外にもあらゆる不用品を処分できるから便利です。

不用品回収業者の多くでは、定額制の「積み放題」プランを提供しており、たくさんの不用品処分を依頼しても料金は一律となります。

「古着を処分するついでに家中を綺麗にしたい」「引っ越しをするから大量の不用品を片付けたい」といった場面で特に助かります。

単品での回収だと割高に感じることも多いですが、不用品が多い場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

積み放題プランについては、こちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひご一読ください。

ゴミ回収のトラック積み放題はホントにお得?単品回収とパック料金の選び方を解説

古着を処分する見極めポイント・タイミング

古着を処分する見極めポイント・タイミング

ここでは、服を処分する見極めポイントとタイミングについて紹介します。

処分をするおおまかな判断基準を作っておけば、また古着をため込んでしまう事態になることを防げるはずです。

ついつい古着がたまってしまう人は、ぜひ一度目を通しみてください。

着てもモチベーションが上がらない

購入した当初は良いと思っていた服も、流行の移り変わりや好みの変化によってイマイチに見えるようになってきます。

今の自分が良いと思えないのであれば、今後また袖を通す機会はまず訪れません。

試しに着てみてモチベーションが上がらないと感じた服は、思い切って捨ててしまいましょう。

2年以上着ていない

2年以上着ていない服は、傷みも発生していますし、流行から外れているでしょう。

流行はめぐるものとは言いますが、再度流行したころには服も傷んでいますし、古臭い印象を与えます。

「いつかまた着れるかも」と取っていても、日の目を見る日はこない可能性が高いです。

2年以上着ていない服は、いっそのこと処分してしまいましょう。

傷んでいたり劣化している

汚れがついている、シミや色あせがある、ほつれているなど、ダメージのある服は思い切って捨ててしまいましょう

お気に入りの服は、多少の汚れや毛玉がついていたとしても自分では意外と気付かず、「まだ大丈夫」と残してしまいがち

周りからの評判が良かった服でも、汚れていたりすればその魅力は大きく下がるものです。

寿命を迎えたのだと諦めて、ひと思いに処分した方が賢明です。

衣類を処分する際に知っておきたい3つの注意点

衣類を処分する際に知っておきたい3つの注意点

古着を処分する際に、事前に知っておきたい注意点を3つ紹介します。

リサイクルや寄付に出す場合はきれいに

古着を売却したり寄付をして処分する際は、洗濯をするなどしてきれいにしておきましょう

ヨレヨレで汚れた服をリサイクルショップに持っていくと、買取査定も厳しくなり買い取ってもらえない可能性も高くなります

寄付に出すにしても、あまりにも汚い服は受け取り拒否をされるケースもあります。

服を受けとる人の気持ちを考慮しても、きれいな状態にしておくのは鉄則と言えるでしょう。

制服を処分する際は個人情報の流出に注意

制服を処分する際は、個人情報の流出に注意しましょう。

制服には名前がフルネームで刺繍されていることも多く、通っていた学校などの情報が漏れてしまう可能性があります。

また、会社で着ていた制服の内ポケットに、ネームプレートや名刺を入れたまま処分してしまうというケースもよく見られます。

不要なトラブルを避けるためにも、制服を処分する際は、刺繍を外す、ポケットの中を入念にチェックするなどの処置を十分に行なうようにしましょう。

ごみとして処分する際は雨の日を避ける

古着などの布類は、少しでも濡れるとカビが発生し、資源としての再利用が出来なくなります

そのため、「雨の日は古着の回収を行なわない」とする自治体も多いです。

「たぶん回収してくれるだろう」と思って雨の日に古着をゴミに出すと、結局回収してもらえず、雨に濡れた古着を自宅まで持って帰る手間が発生することに。

可燃ごみとして処分できる地域であれば、雨の日でも問題ないケースが多いですが、資源ごみとして回収する地域の場合は要注意です。

古着をごみとして処分する際は、雨の日を避けた方が賢明です。

古着の処分でお困りなら

古着の処分でお困りなら

今回は古着を適切に処分する方法について紹介しました。

「古着の量が多すぎて処分が大変…」「処分する時間がなかなかな作れない…」とお悩みなら、『ワンナップLIFE』の利用をぜひご検討ください。

大量の不用品を処分する際に便利な積み放題プランを、今なら業界最安値クラスの税込み16,280円からご利用できます

早朝や深夜の対応も可能ですので、日中は仕事や家事で忙しいという人も、お気軽にご相談ください。

単品回収
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!