粗大ゴミの定義とは?処分方法や自治体で回収できないものを解説!

粗大ゴミとは何?定義や処分方法を解説【自治体で回収できないものも】 粗大ごみの出し方

この記事では、粗大ゴミの定義や適切な処分方法を解説します。記事を読めば、粗大ゴミの処分方法に迷うことはありません

「粗大ゴミ」と言われても、具体的に何を示すのかわからない人は多いのではないでしょうか?

しかし、なんとなく粗大ゴミとして処分してはいけません。間違った認識をしていると、適切に処分できない場合があるからです。

粗大ゴミには自治体ごとに規定があります。粗大ゴミとして処分する前に、必ず粗大ゴミとは何なのか?どんな処分方法があるのか?を確認しましょう。

粗大ゴミとは?

粗大ゴミとは?

粗大ゴミは、一般的なゴミとは分けて考えられています。一般的なゴミよりも、捨てにくい大きさのゴミが粗大ゴミです。一般的には、以下の基準で粗大ゴミとして分類されます

  • 30cm以上の金属
  • 30〜50cm以上のプラスティック・木材

30cm以上の金属

ゴミの中でも、30cm以上の金属は粗大ゴミに分類されます。30cm以上ある金属は一般の不燃ゴミと一緒に捨ててはいけません

30cm以上の金属とは、例えば以下のようなものです。

  • 自転車
  • ノコギリ
  • 石油ストーブ

30cm以上の金属は不燃ゴミではなく、粗大ゴミとしての処分が必要です。

30〜50cm以上のプラスティック・木材

プラスティックや木材でできた30〜50cm以上のゴミも、粗大ゴミに分類されます。燃えるゴミとして出しても処分してくれません

30〜50cm以上のプラスティック・木材とは、例えば以下のようなゴミです。

  • 収納棚
  • テーブル
  • ポリタンク

大きめのプラスティックや木材を捨てる際には、粗大ゴミとして処分しましょう。

自治体で定義が異なる

粗大ゴミの定義は自治体ごとに決められています。「30cm以上の金属」「30〜50cm以上のプラスティック・木材」は、あくまでも一般的言われている目安です。

対象のゴミが粗大ゴミに分類されるかは、自治体のホームページをご確認ください。各自治体のホームページには、粗大ゴミに関する規定が記載されています。

引越しなどで自治体が変わっている場合は注意が必要です。以前住んでいた地域では粗大ゴミに分類されていたものが、一般ゴミに分類されている可能性があります。

粗大ゴミの処分方法とは?

粗大ゴミの処分方法とは?

粗大ゴミの処分方法は主に4つです。自身に最適な方法で処分しましょう。

  • 持ち込み
  • 販売店での回収
  • 自治体の回収サービス
  • 不用品回収業者

持ち込み

粗大ゴミは規定の場所に持ち込むことで処分できます。粗大ゴミの種類によっては、持ち込みを受け付けているサービスがあるからです。

ガソリンスタンドやカー用品店では、以下のゴミの持ち込みを受け付けています。

  • 灯油
  • タイヤ
  • ガソリン
  • バッテリー

自治体によっては、粗大ゴミの処理施設で直接持ち込みを受け付けている場合もあります。持ち込みを希望する場合は、自身の自治体の処理施設が受け付けているか確認しましょう。

処理施設に持ち込む場合の支払い方法には、回収前に支払いする「前払い」と、持ち込むの際に直接支払う「後払い」があります。

販売店での回収

粗大ゴミの種類によっては、販売した店舗での回収を受け付けていることがあります。処分の方法に困った場合は、販売店に確認してみましょう

特に消化器や耐火用金庫は、処分に困るゴミです。消化器・耐火用金庫はリサイクルに回せます。販売店での回収をお願いしましょう。

自治体の回収サービス

各自治体では粗大ゴミの回収サービスを行っています。以下の手順で申し込みしてください。

  1. 自治体に回収を依頼
  2. 粗大ゴミ処理券を購入
  3. 粗大ゴミ処理券を貼って指定日に自宅前に置く
  4. 自治体の回収が来る

粗大ゴミ処理券はスーパーやコンビニエンスストアで購入可能です。必要な粗大ゴミ券の料金は、自治体に回収を依頼した時点で教えてもらえます。

自治体の回収は、午前8時までに自宅前に出しておくのが一般的です。当日は忘れないようにしましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼すれば、粗大ゴミを処分可能です。不用品回収業者では粗大ゴミに限らず、幅広い不用品をまとめて処分してくれます

以下に該当する場合、不用品回収業者への依頼が便利です。

  • すぐに粗大ゴミを処分したい
  • 粗大ゴミに該当するかわからない
  • 粗大ゴミ以外にも大量のゴミがある

不用品回収業者によっては、最短で即日処分できます。自宅まで回収に来てくれるので、手間がほとんどありません。

粗大ゴミを手軽に処分したい人は、不用品回収業者に依頼しましょう。

回収できない粗大ゴミとは?

回収できない粗大ゴミとは?

自治体の回収サービスでは処分できない粗大ゴミがあります。以下の3つに関しては、別途で処分を検討してください

  • 家電リサイクル法に該当する粗大ゴミ
  • 資源有効利用促進法に該当する粗大ゴミ
  • 産業廃棄物処理法に該当する粗大ゴミ

家電リサイクル法に該当する粗大ゴミ

対象の粗大ゴミが家電リサイクル法に該当する場合、自治体の回収サービスは利用できません。

家電リサイクル法は、特定家庭用機器廃棄物に含まれる材料をリサイクルするための法律です。

以下の粗大ゴミは家電リサイクル法に該当します。

リサイクル法に該当する場合、家電量販店への持ち込みやリサイクルショップの出張買取などで処分します。

不用品回収業者であれば、家電リサイクル法に該当する粗大ゴミでも回収可能です。

資源有効利用促進法に該当する粗大ゴミ

粗大ゴミが資源有効利用促進法に該当する場合、自治体に回収してもらえません。

資源有効利用促進法とは、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進するため、1991年に制定された法律です。

資源有効利用促進法に該当する粗大ゴミは以下の通りです。

  • ノートパソコン
  • デスクトップパソコン
  • ディスプレイ一体型パソコン

上記に該当する粗大ゴミは、リサイクルショップの買取サービスやパソコンメーカーで回収してもらってください。

資源有効利用促進法に該当する粗大ゴミも、不用品回収業者であれば回収できます。

産業廃棄物処理法に該当する粗大ゴミ

対象の粗大ゴミが産業廃棄物処理法に該当する場合、自治体の回収サービスは利用できません。産業廃棄物処理法に該当する粗大ゴミは、許可を得た業者しか処分できないことになっています。

産業廃棄物処理法に該当する粗大ゴミの具体例は以下の通りです。

  • 木くず
  • ガラス
  • 蛍光灯

産業廃棄物処理法に該当する粗大ゴミを処分する場合は、許可を得ている業者が必ず確認しましょう。

粗大ゴミの回収料金とは?

粗大ゴミの回収料金とは?

粗大ゴミの回収料金は、種類や地域によってさまざまです。300円から10,000円前後の処分費用が必要な場合など、幅広く設定されています。

以下は粗大ゴミとして東京都練馬区の回収サービスを利用する場合と回収業者の比較です。

粗大ゴミ 自治体の料金 回収業者の料金
ダイニングテーブル 800〜2,000円 2,500円〜
布団・毛布 400円 3,200円〜
本棚 400〜2,000円 4,000円〜
ソファ 800〜2,000円 3,100円〜

※回収業者は『ワンナップLIFE』を参照

大量に粗大ゴミを処分したい場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。トラック積み放題サービスを利用すれば、積めるだけ積んでも一定料金で済みます。

ワンナップLIFEでは、14,800円からトラック積み放題サービスを利用可能です。大量の粗大ゴミを一度に処分したい場合は『ワンナップLIFE』のご利用をご検討ください。

粗大ゴミを適切な方法で処分しよう

粗大ゴミを適切な方法で処分しよう

単にゴミといっても、粗大ゴミは一般ゴミと分けて考えられます。一般的に言われている粗大ゴミの定義は以下の通りです。

  • 30cm以上の金属
  • 30〜50cm以上のプラスティック・木材

粗大ゴミの処分方法は主に以下の4つがあります。

  • 持ち込み
  • 販売店での回収
  • 自治体の回収サービス
  • 不用品回収業者

粗大ゴミをまとめて処分したい人や処分に困っている人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。最短即日で自宅まで粗大ゴミを回収しに来てくれます。

ワンナップLIFEは、トラック積み放題サービスだけでなく、粗大ゴミの単品回収も行っています。粗大ゴミを手軽に処分したい人は『ワンナップLIFE』へお気軽にご相談ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE

非公開: 粗大ゴミ回収受付窓口|ごみ処理券のご案内

粗大ゴミ回収受付窓口|ごみ処理券のご案内

東京・神奈川・千葉・埼玉の粗大ごみ回収の申請受付窓口。粗大ごみをお出しになる方は各地域のリンクを選択してください。

千葉県

千葉県

あ行

市川市浦安市

か行

柏市

た行

千葉市

な行

習志野市流山市

は行

船橋市

ま行

松戸市

や行

八千代市

粗大ゴミの処分はご相談ください

当サービスでは、各自治体では収集できない粗大ゴミも回収いたします。
  1. 家庭用・事業用にかかわらず回収いたします。
  2. 各自治体の「有料粗大ごみ処理券」の購入する必要はありません。
  3. 指定の収集場所に出す必要はありません。お部屋まで引き取りに伺います。
  4. ご連絡をいただいてから最短30分でお伺いいたします。
  5. 定量パック料金設定ですので、追加料金が発生することはありません。
  6. 自治体・事業者様向け、複数社相見積もりができます。

不用品回収ワンナップLIFEが選ばれる5つの理由

理由1|業界最高水準の対応力

理由2|簡単無料見積もり

LINE@やお電話で簡単にお見積り頂けます。
現場への出張見積もりも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お見積もり後の追加料金などは一切ございません。もちろんお見積もり内容にご納得いただけない場合は無料キャンセルが可能です。

お客様に安心してご依頼頂くためワンナップLIFEでは特別な研修を受けた専門スタッフが現場へお伺いいたします。

テレビ、洗濯機、空気清浄機など人気家電は不用品処分のその前にまずはお問い合わせください。

不用品回収・片付け事例|どんなお部屋も綺麗に!

01|ゴミ屋敷の不用品処理

2トントラック乗せ放題プラン|1K/2人/2時間

人手不足で進まないゴミ屋敷の
不用品処理・お掃除補助をご依頼頂きました。
作業開始後2時間以内に不用品の撤去・
屋内清掃まで完了いたしました。

02|粗大ゴミの即日撤去・片付け補助

軽トラック乗せ放題プラン|2LDK/2人/3時間

長年使用していなかった事務所の
空き部屋に溜まった粗大ごみや不用品の
即日撤去、撤去後の室内清掃までお手伝い、
綺麗な会議室に生まれ変わりました。

03|遺品整理・片付け補助

軽トラック乗せ放題|2LDL/3人/3時間

突然の出来事でお掃除、片付けが
手に付かないまま放置されていた
お部屋の遺品整理、部屋の片付けの
お手伝いをさせていただきました。

04|溜まった不用品の回収

軽トラック乗せ放題プラン|1K/2人/1時間

自宅の片隅にずっと放置していた
不用品の山。WEB割引キャンペーンを
ご利用いただきご依頼頂き、即日拐対応・
1時間ですべて回収いたしました。

定額乗せ放題プランご利用の方限定5,000円割引キャンペーン
定額乗せ放題プランご利用の方限定5,000円割引キャンペーン
定額の格安トラック積み放題プラン
定額の格安トラック積み放題プラン
まずはお気軽ご相談・お見積りお問い合わせください!0120-83-6897

24時間受付中!

無料フォーム見積もり

簡単見積もり!

LINEで無料相談
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!