不用品回収業者と自治体|粗大ゴミを安心・低料金・エコ回収できるのはどっち?

不用品回収業者と自治体|粗大ゴミを安心・低料金・エコ回収できるのはどっち? おすすめ回収業者

粗大ゴミ回収の依頼先は【自治体】と【不用品回収業者】の2つから選ぶことができます。

では、どちらの方がより安心かつ低料金、そしてエコに配慮した粗大ゴミ回収を行っているのでしょうか。

イメージ的には自治体の方が信頼性が高く丁寧なゴミ回収を行っているように思えますが、実際に調べてみるとイメージ通りではない事実が明らかになりました。

そこで今回は、自治体と不用品回収業者のどちらが安心・低料金・エコ回収に向いているのか徹底検証していきます!

粗大ゴミの回収を依頼するのに相応しいのはどっちなのか一緒に見ていきましょう。

自治体の粗大ゴミ回収|安心・低料金・エコ回収について検証

自治体の粗大ゴミ回収|安心・低料金・エコ回収について検証

ここでは自治体の粗大ゴミ回収について、【安心】【低料金】【エコ回収】の3つのパートに分けて検証していきます。

安心して自治体の粗大ゴミ回収を利用できる?

自治体の粗大ゴミ回収に対して不信感を抱いている方は少ないのではないでしょうか。

実際、自治体はゴミの不法投棄などの問題を撲滅する側の立場であり、粗大ゴミを含めたすべてのゴミを適切に処分しているはずです。

自治体のホームページには各自治体ゴミ問題に対する取り組みやゴミ処理のルートが掲載されているので、気になる方はホームページをご確認ください。

自治体の粗大ゴミ回収は低料金?

自治体の粗大ゴミ回収料金は地域によって異なります。

多くの自治体では次の2つのいずれかを選択して粗大ゴミの回収料金を支払います。

  • 戸別収集の場合
    有料の粗大ゴミシールを購入する
  • クリーンセンターなどに持ち込む場合
    その場で現金支払い(従量制により料金を決定)

戸別収集では粗大ゴミの品目ごとに料金が定められています。

新宿区の粗大ゴミ回収を例にとってみると、掃除機400円、炊飯器400円、学習机1,200円のように定められており、【品目ごとの料金】×【個数】で料金を計算します。

ですから、戸別収集を利用するのであれば粗大ゴミの数が少ない場合に限って低料金で処分できると言えるでしょう。

粗大ゴミをクリーンセンターなどに持ち込み処分する場合、多くの自治体では粗大ゴミの重量による従量制によって料金を決定します。

50円/10kgのように料金が定められており、たいてい戸別収集よりも安い料金で処分できます。

しかし、持ち込み処分を実施していない自治体もあるので事前に確認しましょう。

自治体の粗大ゴミ回収はエコに配慮した処理をしている?

粗大ゴミの処理方法も自治体ごとに異なります。粗大ゴミをリユースする地域もあれば、焼却などの中間処理をしてリサイクルする地域もあります。

最もエコに配慮した処理方法は、やはり粗大ゴミのリユースでしょう。

粗大ゴミをリサイクルする場合を考えてみると、焼却処理などをする際に大量のエネルギーを消費し二酸化炭素も大量に排出します。

しかし、粗大ゴミのリユースでは、粗大ゴミを再利用できるように修理・修繕して、自治体のアンテナショップなどで販売します。この過程で消費されるエネルギーや排出される二酸化炭素は、リサイクルする場合に比べると圧倒的に少ないでしょう。

あなたがお住いの地域で粗大ゴミをリユースしているのかリサイクルしているのかは、自治体のホームページでご確認いただけます。

不用品回収業者の粗大ゴミ回収|安心・低料金・エコ回収について検証

不用品回収業者の粗大ゴミ回収|安心・低料金・エコ回収について検証

ここまで自治体による粗大ゴミ回収について詳しく検証してきました。自治体の粗大ゴミ回収を利用する最大のメリットは安心して回収を依頼できることでしょう。

では、不用品回収業者による粗大ゴミ回収はどうなのでしょうか。

続いて、不用品回収業者による粗大ゴミ回収の安心・低料金・エコ回収について検証していきます。

粗大ゴミの不用品回収業者は安心して利用できる?

「不用品回収業者は安心して利用できる?」の答えに素直に「はい」と答えることはできません。

先ほど、自治体はゴミの不法投棄などの問題を撲滅する側の立場と言いましたが、この不法投棄を働いているその多くが悪質な不用品回収業者なのです。

つまり、安心して利用できるかどうかは業者選びによって大きく左右されるということです。

このようにお伝えすると不用品回収業者にマイナスなイメージを抱いてしまうかも知れませんが、すべての業者が悪いわけではありません。

むしろ、ほとんどの不用品回収業者は粗大ゴミを適切に回収・処分している優良業者です。

優良な不用品回収業者を判別する方法は後ほど解説するのでそちらを参考にしてみてください。

不用品回収業者は粗大ゴミを低料金で回収できる?

業者ごとに料金が異なることを前提に話を進めますが、基本的に粗大ゴミ1点ごとの回収料金は自治体の方が安く設定されています。

自治体の粗大ゴミ1点あたりの平均回収料金が約1,000円だとすると、不用品回収業者の平均回収料金は約2,000円ほどになるでしょう。

こうして見ると自治体で粗大ゴミを処分した方がいいように思いますが、一概には自治体の方が安いとは言えません。

なぜなら不用品回収業者には、定額料金で粗大ゴミを回収できる【トラック積み放題プラン】などが用意されているからです。

トラック積み放題プランで軽トラックを使用する場合の相場料金は約10,000円〜20,000円です。

粗大ゴミの種類にもよりますが、粗大ゴミの数が5〜10点を超えるのであれば不用品回収業者を利用した方がお得になるでしょう。

製造年数が浅い家電製品は不用品回収業者で買取の利用を!

粗大ゴミの回収だけでなく”買取”も実施している不用品回収業者が多くあります。

通常なら料金を支払って処分する粗大ゴミも買取価値のある物はお金を貰って処分できます。

特に製造年数が浅い5年未満の家電製品は買取対象となり、高値で買い取ってもらえるかも知れません。

自治体の粗大ゴミ回収の場合、最新家電など関係なく一律に回収料金がかかるので買取を利用しないと非常にもったいないです。

自治体の粗大ゴミ回収を利用する前に、業者に買い取ってもらえる物がないか調べてみてください。

不用品回収業者は粗大ゴミをエコに配慮した方法で処理している?

不用品回収業者では回収した粗大ゴミを【オークション出品】【海外リユース】【専門事業者販売】などを通してリユースしています。

故障や破損している粗大ゴミも修理・修繕してから可能な限りリユースに回しています。

リユースできない粗大ゴミに関しては、中間処理業者などに委託してリサイクル処分されるという流れになります。

このように不用品回収業者でもリユースもしくはリサイクルによって粗大ゴミを処理しているので、自治体と同じようにエコに配慮していると言えるでしょう。

自治体と不用品回収業者のどちらで粗大ゴミを処分するべき?

自治体と不用品回収業者のどちらで粗大ゴミを処分するべき?

今回検証した粗大ゴミの回収について、結果を表にまとめてみました。

比較項目自治体不用品回収業者
安心感信頼性は高い業者選び次第
低料金の条件粗大ゴミが1〜4点粗大ゴミが5点以上
エコへの配慮リユース・リサイクルによる処理リユース・リサイクルによる処理

自治体と不用品回収業者はどちらともリユース・リサイクルを実施しており、エコへの配慮はできていると言えるでしょう。

両者で異なるのは【安心感】と【低料金の条件】です。

粗大ゴミが1〜4点ほどの少数であれば自治体の方が安く、5点以上と大量の粗大ゴミを処分する場合は不用品回収業者の方が安くなる傾向にあります。

自治体により粗大ゴミ回収料金や申し込み方法が異なるので、必ず自治体の粗大ゴミに関するサイトをご確認ください。

そして、不用品回収業者の不安要素が”安心感”です。

ほとんどの不用品回収業者は安心してご利用いただけますが、一部の悪質な業者が原因で不安を抱く方も多くおられます。

そこで、不用品回収業者を安心してご利用いただくために知っておくべきなのが”業者の選び方”です。

悪質な業者は簡単に見分けがつくので、次の記事を参考に優良な業者を選んでみてください。

失敗をしない粗大ごみ回収業者の選び方|絶対避けるべき3つの特徴
失敗をしない粗大ごみ回収業者の選び方と避けるべき3つの特徴をご紹介します。業者の選び方を知らないまま適当に選んでしまうと、高額請求をされたり違法投棄をする悪徳業者に引っかかる恐れがあります。 今回は『こんな業者には注意しよう』というポイントと『こんな業者なら安心して依頼できる』というポイントをそれぞれご紹介します!

自治体の粗大ゴミ回収では取り扱えない物は要チェック!

粗大ゴミの数が少ない場合は自治体のゴミ回収がオススメですが、すべての家具家電を自治体の粗大ゴミ回収で処分できるわけではありません。

まず、以下の家電製品はどこの地域でも回収できません。

  • テレビ
  • エアコン
  • 洗濯機・乾燥機
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • パソコン

テレビ〜冷蔵庫・冷蔵庫は家電リサイクル法によって、パソコンは資源有効利用促進法によって自治体では収集できないルールとなっています。

その他にも、各自治体独自に回収できない品目が定められています。

重量や長さによる制限がある場合もあるので、回収可能な粗大ゴミの条件を自治体のホームページでご確認ください。

また、自治体の粗大ゴミ回収ではお部屋からの搬出サービスは行っていません。(高齢者・障害者を除く)

よって、持ち運びが難しいサイズが大きく重量のある粗大ゴミは不用品回収業者に任せた方が安全に処分できます。(不用品回収業者ではスタッフが粗大ゴミをお部屋から搬出します)

安心・低料金・エコ回収が可能な不用品回収業者3選

お伝えしてきたように自治体では回収できない粗大ゴミがあり、不用品回収業者が利用せざるを得ない方もいらっしゃいます。

そこで最後に、【安心・低料金・エコ回収】の3つの条件を満たす業者を厳選してみました。

今回ご紹介する3社以外にも優良な業者は沢山ありますが、手っ取り早く優良業者を探したい方は参考にしてみてください。

エコ回収

エコ回収

エコ回収では業者名にもなっている【エコ回収】というサービスを提供しています。

エコ回収とは、不用品をオークションや海外リユースなどの手段でリユース販売を代行するサービスです。販売期間は集荷日から最長60日間でリユースに成功した場合10%がキャッシュバックされます。

リユースに成功しなかった場合は、そのままゴミとして処分せずにリサイクルを行うのでご安心ください。

また、品質が良く国内で需要が高い不用品は買取サービスも利用でき、家電製品の買取範囲は製造8年以内と他社よりもかなり余裕があります。

ホームページ内で見積シミュレーションできるので、処分する不用品がお決まりでしたら一度シミュレーションしてみてください。

サービス内容不用品回収、不用品買取
料金目安基本料金3,000円
品物別料金:料金表を参照
特殊作業料金:解体作業1,000円/10分、外階段作業500円/階など
時間指定料金(3時間幅)1,000円
受付時間9:00〜18:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、年中無休、即日対応、クレジットカード対応
電話番号0120-530-539
公式サイトURLhttps://www.eco-kaishu.jp/

東急ベル

東急ベル

東急ベルは東急グループが提供するホーム・コンビニエンスサービスです。

サービス内容は幅広く、ハウスクリーニング、家事代行、リフォーム、片付けなど、お家に関することなら何でも任せられます。

不用品回収(エコ回収)では、家電や家具、雑貨など使わなくなった物を回収しリユースします。リユースに成功すると販売額の10%がキャッシュバックされる仕組みになっています。(リユースされない場合はリサイクルされる)

不用品の回収にかかる料金は全国一律、物品ごとの回収料金は種類や重量・サイズによって明確に定められているので、不当な追加料金などの心配は一切ありません。

サービス内容不用品回収(エコ回収)、ハウスクリーニング、家事代行、リフォームなど
料金目安基本料金3,000円
物品ごとの料金:550円〜13200円
オプション料金:家具解体1,100円〜、外階段作業550円、時間帯指定料金1,100円〜など
受付時間9:00〜19:00
対応エリア全国
特徴見積もり無料、クレジットカード対応
電話番号0120-109-109
公式サイトURLhttps://www.tokyu-bell.jp/

ワンナップLIFE

ワンナップLIFE

ワンナップLIFEは、上記の2社のようにキャッシュバック制度はありませんが、WEB限定の5,000円割引を利用すれば格安料金で利用できます。さらに載せ放題プランには一切追加料金がかからないので、後から追加料金を請求されるような不安を抱くことがありません。

また、載せ放題プランだけでなく単品回収も充実しているので、自治体では回収できない粗大ゴミを少量処分する場合にオススメです。

さらに2回目以降のご利用は割引で20%OFFになるので、繰り返し利用される予定がある方もワンナップLIFEがオススメです。最短25分で到着、深夜・早朝も対応可能なのでいつでもご相談してみてください。

どのようなお客様が利用されていたり、ビフォーアフターが気になる場合はホームページの作業レポートをご確認ください。

サービス内容不用品回収(引越し時も可)、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、事業ゴミ回収
料金目安軽トラック載せ放題プラン14,800円
受付時間8:00〜24:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、年中無休、クレジットカード対応、WEBサイト限定5,000円割引
電話番号0800-808-0053
公式サイトURLhttps://one-up-life.com/

まとめ

今回は、粗大ゴミを安心・低料金、エコに配慮して処分できるのは、自治体と不用品回収業者のどちらなのかを検証してきました。

簡単に内容をまとめると少量の粗大ゴミを処分するには自治体が、大量の粗大ゴミを処分する場合は不用品回収業者がオススメです。ただし、自治体では回収できない家具家電などが定められているのでご注意ください。

もし、どの不用品回収業者に依頼するかお悩みでしたら、一度見積もりを取ってみましょう。

ネット上で見積もりが完了する業者もあれば、メールや電話で手軽に見積もりできる業者がほとんどです。

自治体のゴミ回収と不用品回収業者で迷い中の方も、まずは見積もりを取ってみてから検討することをオススメします。

 

おすすめ回収業者
不用品回収ワンナップLIFE
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり