引っ越しゴミの処分が間に合わない場合の対処法8選!当日処分も可能

回収業者の選び方

引っ越し時のゴミ処分。量が多いために気乗りせず、ぎりぎりになってしまうものですよね。ぎりぎり片付けば良いものの、退去時までにゴミの処分が間に合わないかもしれない、そんなことはありませんか。旧居の明け渡し手続きや期日を考えると、少しでも不安は取り除いておきたいところ。

この記事では、引っ越しゴミの処分が間に合わない場合の対処法について解説します。もし今、引っ越しを間近に控えている人は、ぜひ参考にしてください。

引っ越しのゴミ処分が間に合わないときの対処法

引っ越しのゴミ処分が間に合わないときの対処法は、いくつか知っていると安心です。ここから8種類の対処法を解説していきますが、場合によって利用できない可能性があるためです。

とくに、引っ越しまで日数がない場合は、さまざまな方法を使ってゴミを処分しなければ間に合いません。

いくつかの対処法を知り、退去日までにゴミ処分を間に合わせましょう。

フリマやオークションに出品

目安処分時間 1週間~数カ月
目安処分費用 出品するものにより異なる
処分可能なもの 家具・家電などの粗大ゴミやリサイクル品

退去日までに数日~数週間の余裕があるなら、フリマやオークションに出品しましょう。フリマやオークションであれば、処分費用はかからず、むしろ、送料を除いた売却額の分プラスになります。

ただし、フリマやオークションに出品しても、すぐに購入者が決まるわけではありません。場合によっては、数カ月購入者が決まらない場合もあるので、急ぎの場合には他の方法を検討しましょう。

知人・家族に譲る

目安処分時間 当日
目安処分費用 宅配の送料など
処分可能なもの 家具・家電などの粗大ゴミやリサイクル品

フリマやオークションで買い手が見つかるのを待つ時間がない場合でも、まだ使える新しいものなら、知人や家族に譲る方法が良いでしょう。送料程度はかかる場合もありますが、ほとんど費用をかけずに処分できます。

ただし、必ずしも引き取ってくれるとは限らないので、すべてのゴミを処分できるわけではありません。退去時の数週間前から、知人や家族に相談しておいた方が良いでしょう。

ゴミ処理場に持ち込む

目安処分時間 当日
目安処分費用 トラック1台分1,500円程度
処分可能なもの 家具などの粗大ゴミ

車移動が可能な場合は、最寄りの指定ゴミ処理場に持ち込み処分する方法もあります。費用はトラック1台分で1,500円程度と低価格です。

ただし、費用や処分可能なものは、各地域のゴミ処理場によって異なります。また、基本的に平日の日中(9時~17時など)が受付時間となっており、夜間や早朝、休日の持ち込みはできない場合が多いです。

ゴミ処理場で処分する場合は、事前に受付時間や処理可能なゴミなどを、調べておきましょう。

リサイクル業者に持っていく

目安処分時間 当日
目安処分費用 無し
処分可能なもの リサイクル可能なものならなんでも可能

リサイクル可能なものであれば、リサイクル業者に引き取ってもらうのも良いでしょう。大手のリサイクル業者であれば、基本的にはどんなものでも買い取ってもらえます。

なかには値段がつかないものもありますが、処分費用はかかりません。ただし、引き取ってもらえるのは、あくまでリサイクルできるものに限られます。

全く使い物にならないゴミは引き取ってもらえないので、他の処分方法と組み合わせて利用すると良いでしょう。

家電は家電量販店に引き取りを依頼する

目安処分時間 当日
目安処分費用 2,000~8,000円
処分可能なもの 家電リサイクル法対象の大型家電など

家電のゴミは、家電量販店で引き取り可能な場合があります。引き取り可能な家電製品は、以下の家電リサイクル法対象家電です。

ただし、店舗によって対応が異なり、必ず引き取ってくれるわけではありません。処分したい家電のメーカーや購入店舗などによっては、引き取り不可の場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

家電量販店の引き取り料金例

家電量販店での引き取りは、有料です。以下は、ヤマダ電機でのリサイクル回収例になります。

品目 回収料金例
ブラウン管式テレビ(15型以下) 回収料金1,320円+収集運搬料1,650円=2,970円
ブラウン管式テレビ(16型以上) 回収料金2,420円+収集運搬料1,650円=4,070円
液晶・プラズマ式テレビ(15型以下) 回収料金1,870円+収集運搬料1,650円=3,520円
液晶・プラズマ式テレビ(16型以上) 回収料金2,970円+収集運搬料1,650円=4,620円
冷蔵庫・冷凍庫(170L以下) 回収料金3,740円+収集運搬料1,650円=5,390円
冷蔵庫・冷凍庫(171L以上) 回収料金4,730円+収集運搬料1,650円=6,380円
洗濯機・衣類乾燥機 回収料金2,530円+収集運搬料1,650円=4,180円
エアコン 回収料金990円+収集運搬料1,650円=2,640円

メーカーによって、料金は大きく異なります。そのため、お近くの家電量販店で、どのくらいの料金で引き取ってもらえるのか、事前に確認しておきましょう。

大型家具の場合解体して処分する

目安処分時間 当日
目安処分費用 無し
処分可能なもの 粗大ゴミ

大型家具の粗大ゴミは、解体しての処分も可能です。木製の家具であれば、細かく解体して、燃えるゴミとして通常通り処分できます。

ただし、解体していればいつゴミに出しても良いわけではありません。ゴミ収集日に合わせて出さないといけないので、タイミングがズレてしまえば当日中の処分は不可能です。

引っ越し業者に依頼

目安処分時間 当日
目安処分費用 3,000円~
処分可能なもの 主に粗大ゴミ

引っ越し時のゴミ処分は、引っ越し業者が対応してくれる場合もあります。引っ越し業者と別にゴミ処分業者を利用する必要がないので、引っ越し時の手間や費用を減らすことができる方法です。

しかし、すべてのゴミを引き取ってくれるわけではありません。引き取り可能なものは、主に粗大ゴミに限られます。

ただし、運搬だけならどんなゴミでも対応してくれるので、引っ越し後に改めて処分しようと考えているなら、まとめて運んでもらうと良いでしょう。

ゴミ処理可能な業者と、引っ越しのみのお手伝いをする業者があるので、事前に確認しておいてください。

不用品回収業者に依頼

目安処分時間 当日
目安処分費用 2,000円~
処分可能なもの すべてのゴミの処理が可能

引っ越しゴミの処分が間に合わない際には、不用品回収業者の利用もおすすめです。不用品回収業者の中には、不用品回収と合わせて、引っ越しの手伝いをしくれる業者もあります。

業者によって異なりますがワンナップLIFEの場合、以下のような作業が可能です。

  • 搬出作業
  • 分別作業
  • 梱包
  • 不用品回収
  • 不用品買取
  • ゴミの処分

また、即日対応も可能です。

すべてのゴミや不用品の回収が可能なので、お急ぎの際に、もっとも利用しやすい業者と言えるでしょう。

ワンナップライフの不用品回収料金例

不用品回収業者の料金は、業者によって異なります。以下は、ワンナップLIFEに依頼した場合の不用品回収料金です。

ステレオ 2,200円~
ノートパソコン・洗濯機・衣類乾燥機・電気スタンド・ダイニングテーブル・炊飯器 2,500円~
エアコン 3,000円~
ソファー 3,100円~
布団・毛布 3,200円~
デスクトップパソコン・冷蔵庫 3,500円~
本棚 4,000円~

また、大量の不用品がある場合は、定額プランがおすすめです。

軽トラ載せ放題 14,800円
1.5tトラック載せ放題 34,800円
2tトラック載せ放題 54,800円
4tトラック載せ放題 ご相談ください

上表のように、積載量内であれば定額なので、大量のゴミがある場合は定額プランを利用しましょう。

引っ越し日当日に出たゴミの処分方法

ある程度自分で片付けておく

引っ越し当日に出たゴミの処分方法も、知っておきましょう。引っ越し日当日に片付けを行えば、当然ゴミが出ます。

数日前なら難なく対処できても、当日処分するとなると困ってしまう場合もあるでしょう。もし、引っ越し日当日にゴミが出た場合は、以下の方法で処分してください。

引っ越し先へもっていく

どうしても処分できない場合は、引っ越し先までゴミを持っていきましょう。小さいゴミだとしても、収集日と別の日にゴミ出しをするのは、マナー違反です。

粗大ごみでなければ、引っ越し先の収集日に合わせてゴミを出せば良いだけなので、大きな手間もかかりません。引っ越し先へ持っていって、改めてゴミとして出してください。

ゴミ処理場へ持っていく

どうしてもその日のうちにゴミを処理したい場合は、ゴミ処理場へ持っていきましょう。燃えるゴミや粗大ゴミであれば、ゴミ処理場で処分してくれます。

ただし、必ずしも回収してくれるわけではありません。ゴミの種類によっては、回収してもらえない可能性もあります。当日に電話などで確認した上で、可能であれば持ち込んでください。

引っ越し時のゴミ処分なら不用品回収業者がおすすめ

重い荷物を運んでもらえる

引っ越し時のゴミ処分は、不用品回収業者をおすすめします。ここまで紹介してきたように、不用品回収業者に依頼する以外の方法もありますが、必ずしも処分できるわけではありません。

一方で、不用品回収業者であれば、ほとんどのゴミは回収可能で、即日の依頼でも対応してくれる可能性が高いです。以下では、不用品回収業者をおすすめする理由やメリットを解説します。

大量のゴミの回収が可能

不用品回収業者では、大量のゴミをまとめて回収してくれます。また、基本的にはどんなゴミでも回収可能です。ただし、業者によって対応が異なるので、回収不可能なものがあるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

ワンナップLIFEでは、粗大ゴミからリサイクル家電まで幅広く回収しています。不安な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

即日依頼可能

不用品回収業者であれば、即日の回収も可能です。引っ越し当日に回収に来てもらいたいような場合も利用しやすいでしょう。

多くの処分方法では、即日の対応が難しくなっています。たとえば、リサイクルショップなどに持ち込もうと思っても、定休日とかぶってしまえば利用できません。

不用品回収業者なら、即日回収や、早朝・深夜の依頼も可能です(業者によって異なります)。どうしても当日中に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

引っ越しのゴミ処分が間に合わないときの注意点

「正規登録業者」等の表示をしている業者に注意

引っ越しのゴミ処分が間に合わない場合は、3つのポイントに注意してください。とくに、マナー違反となる行動はしないよう、気を付けましょう。

以下では、守るべき内容や注意点について、解説します。

ゴミの日に間に合わなくても放置しない

退去時に、ゴミの収集指定日と合わない場合でも、ゴミ捨て場にゴミを放置しないでください。ゴミ袋に入る程度のゴミの量ならいいだろうと思って、収集日でない日にゴミ捨て場にそっと置いていってしまうケースが稀に見られます。

たしかにこれなら次の収集日に回収はしてもらえますが、マナー違反になります。大家さんや他の住人に迷惑をかける行為なので、収集日と合わない場合は、引っ越し先へ持っていきましょう。

不法投棄をしない

ゴミ収集日と合わないからといって、不法投棄は絶対にしないでください。不法投棄は、マナー云々ではなく、違法行為です。

不法投棄が発見された場合には、5年以下の懲役もしくは1,000万円いかの罰金、またはその両方が科せられます。軽い気持ちでゴミを置いていってしまう人もいますが、犯罪行為なので、絶対に行わないでください。

繁忙期の場合は早めに不用品回収の予約

即日対応の不用品回収業者に依頼する場合でも、早めに予約しておいた方が良いケースがあります。引っ越しが多くなる3~4月にかけては、予約件数が多いため、即日の依頼を受けられない場合があるのです。

反対に、1~2月あたりは比較的依頼が少なく、即日依頼を受けられる業者が多いでしょう。いざ当日になって「即日対応ができない」と慌てないよう、引っ越しが繁忙期にかぶる場合は、早いうちに予約しておきましょう。

引っ越し時のゴミ処分には早めの対策を

引っ越し時はゴミ処分のことを考えて、基本的に早めに対策をしておきましょう。ぎりぎりで処分する方法はいくつかありますが、当日中に処分できる方法は限られます。

フリマやオークションに出品 当日処分不可
知人・家族に譲る 当日処分できる可能性。ゴミの種類によっては不可
ゴミ処理場に持っていく 当日処分できる可能性・ゴミの種類によっては不可
リサイクル業者に持っていく 当日処分可能・ゴミの種類によっては不可
家電量販店に引き取りしてもらう 当日処分可能・ゴミの種類によっては不可
解体して処分する 当日処分可能・ゴミの種類によっては不可
引っ越し業者に依頼 当日処分可能・ゴミの種類によっては不可
不用品回収業者に依頼 当日処分可能

当日どうしても処分が間に合わない場合は、引っ越し先へゴミを持っていくしかありません。ただし、不用品回収業者であれば、当日中の処分も可能です。

ワンナップLIFEは、即日、早朝・深夜も対応可能な上、どんなゴミでも回収できます。引っ越し時のゴミ処分が間に合わず悩んでいる人は、ぜひお気軽にご相談ください。

回収業者の選び方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!