ソファーの処分方法9選【お得に手軽に処分するには?】

粗大ごみの出し方

この記事では、ソファーを処分したい方に向けて、ソファーの処分方法を徹底解説します。

ソファーは重くて大きく、いざ処分しようと思ってもどうすればよいのか悩んでしまいがちですよね。

今回は、ソファーを処分する方法を、メリット・デメリットとともにご紹介します。

あわせて、不用品回収業者に依頼した場合の料金や、安く依頼するコツについてもお話ししますので、ぜひご活用ください。

ソファーの処分をする方法9選【メリット・デメリット】

それではさっそく、ソファーを処分する方法をご紹介していきます。

メリットだけでなくデメリットにも着目すると、より自分に合ったソファーの処分方法が見つかりますよ!

解体し可燃・不燃ゴミとして出す

ソファーを自力で処分する時は、粗大ゴミのイメージがありますが、解体すれば一般ゴミとして処分可能です。

メリット

ソファーを可燃・不燃ゴミとして出せば、自治体が無料で回収してくれます。

無料でソファを処分したい方にとっては、やはりこれは大きなメリットでしょう。

デメリット

ソファーを一般ゴミとして出すには、可燃ゴミと不燃ゴミに分ける必要があります。

カバー、中のクッション、フレーム、金属製のボルトなどに分解し、それぞれ可燃ゴミ、不燃ゴミに分けるにはかなりの時間と労力を要します。

木製フレームはのこぎりで一辺を30cm以下に、金属フレームは金属カッターを使い同様に切断します。

しかも、自治体によっては、解体しても元のサイズが30cmを超えるものは、粗大ゴミとして扱われ有料になってしまうこともあるため、注意が必要です!

粗大ゴミとしてソファーを回収してもらう

ソファは、各自治体に粗大ゴミとして回収してもらうことで処分ができます。

メリット

ソファーを粗大ゴミとして出すメリットは、500円〜1500円と比較的安く処分ができることです。

事前に粗大ゴミ回収チケットを購入し、指定された日時に指定された回収場所まで出しましょう。

料金は自治体、そしてベッドのサイズによって変わります。

デメリット

ソファーを粗大ゴミとして処分するデメリットは、指定された場所までソファーを運搬しないといけないことです。

台車や車、軽トラなどがないと難しいこともあるでしょう。

また、階段のないアパートやマンションの場合は、外に運び出すのさえ大変です。

指定された回収日に予定を合わせる必要もあるため、すぐにでもソファーを処分したい方には不向きの方法と言えるでしょう。

自治体のゴミ処理施設に持ち込む

ソファーは各自治体のゴミ処理施設に持ち込むことでも、処分が可能です。

メリット

ソファーをゴミ処理施設に持ち込めば、粗大ごみ回収日を待たずにソファーの処分ができます。

自治体によっては、回収してもらうより若干安くなることも。

電話やネットで予約を取った上で、身分証を持参するとスムーズです。

デメリット

ソファーを粗大ゴミ処理施設に持ち込むに、車がないと難しいでしょう。

エレベーターがないアパートやマンションだと、部屋から運び出すだけでもかなりの量力を要します。

また、ゴミ処理施設は受付時間が決まっているため、仕事などで多忙な方は利用が難しい可能性もあります。

自治体のリユースサービスを利用する

自治体の中には、家具や電化製品を再利用する「リユースサービス」を実施していることがあり、ソファーも対象になっています。

メリット

リユースサービスを利用すれば、無料でソファーの処分が可能です。

事前に自治体に連絡した上で、指定された日に指定場所にソファーを持っていきましょう。

デメリット

リユースサービスは、全ての自治体が実施しているわけではありません。

また、自力で該当施設や回収場に持ち込む必要があるため、運び出しや運搬の手間がかかります。

自宅に回収に来てくれる自治体もありますが、その場合は運搬費用は自己負担になるため、それほどお得感はありません。

リサイクルショップに持ち込む

ソファーは、リサイクルショップに持ち込み、買い取ってもらうことでも処分が可能です。

メリット

リサイクルショップを利用する最大のメリットは、不要なソファーで臨時収入を得ることができる点でしょう。

デメリット

リサイクルショップで買い取ってもらえるのは、あくまで商品価値があるソファーのみです。

新品同様のソファーや、ソファーベッドは人気が高いため、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

以下のソファーは買取り対象外になる確率が高いです。

  • 使用感がある
  • 大きすぎて運搬が困難
  • 汚れ・破れがある
  • においが染みついている

また、リサイクルショップの中には出張査定を実施している店舗もありますが、出張費用がかかる事も多いため注意が必要です。

新しいソファーの購入先の店舗に引き取ってもらう

ソファーを処分する理由が、新しいソファーの購入であれば、購入先の店舗に引き取ってもらうことも可能です。

ニトリ無印良品IKEA(イケア)など人気の店舗は、ほぼ引き取りに対応しています。

メリット

新しいソファーの購入のタイミングで処分できるため、ギリギリまでソファーを使いたい方にはメリットと言えるでしょう。

また、一度の手続きで済み、自宅まで回収に来てくれるため、手軽にソファの処分ができます。

デメリット

新しいソファーの購入先でソファーを処分してもらう=無料、ではありません。

各店舗によって引き取り料金が定められているため、ご参考までに人気の店舗のソファーの引き取り料金をご紹介しておきます。

ニトリ:3,000円

IKEA(イケア):5,500円(購入したソファーの設置料金込み)

無印良品:3,000円

また、各店舗によって引き取りサービス利用条件も定めています。

ニトリは「配送員設置商品」のソファーを購入、IKEA(イケア)は、同種類・同サイズのソファーを購入、が条件です。

購入するソファーによっては、店舗で引き取ってもらえない可能性もあるため、必ず事前に確認しましょう。

知人や友人に譲る

ソファーの処分は、知人や友人に譲るのも一つの方法です。

メリット

自宅まで引き取りに来てくれることを条件にすれば、ソファーを無料で処分することができます。

運搬の手間がかからないのもメリットと言えるでしょう。

デメリット

友人・知人にソファーを譲ると言っても、処分したいタイミングで欲しい人が見つかる保証はありません。

また、いくら無料でも汚れが目立つソファーや、スプリングが壊れたソファーなどは希望者を見つけるのは難しいでしょう。

引っ越しの退去日などが迫っていて、すぐにでもソファーを処分したい方には他の方法がおすすめです。

ネットオークションやフリマサイトに出品する

ソファーはネットオークションやフリマサイトに出品することでも、処分が可能です。

メリット

自宅にいながらにして、ソファーを売ることができるので、リサイクルショップが近くにない方にとってはメリットと言えるでしょう。

デメリット

デメリットは、出品したからと言って、処分したいタイミングで購入者が見つかるわけではないということです。

特に、状態の良くないソファーは購入者を見つけるのに時間がかかりがちです。

お急ぎの方は、他の処分方法がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、ソファーを処分する方法でもっとも人気が高い方法です。

デメリットは、強いて言えば料金がかかることですが、それを上回るメリットが多いため、多くの人がソファの処分に不用品回収業者を利用しています。

この後詳しくご紹介します。

ソファーを処分するなら不用品回収業者がおすすめ!【理由4選】

業者がおすすめ

ここでは、ソファの処分に不用品回収業者がおすすめの理由をご紹介します!

その日のうちにソファーの処分ができる

不用品回収業者を利用すれば、即日ソファーの処分が可能です。

不要品回収業者の中には24時間365日対応していて、相談から数十分で駆けつけてくれる業者も!

しかも、持ち込む必要がないため、時間の節約にもなります。

今回ご紹介した方法の中で、もっともスピーディーな方法なため、少しでも早くソファーを処分をしたい方には最適です!

エレベーターがないマンションのソファーの処分も簡単

エレベターがないマンションやアパートのソファーは自力で処分するとなると、かなりの労力を要します。

しかし、不用品回収業者であればその場で分解したり、クレーンを使って窓からソファを運び出すことも可能です。

自力では難しいソファの処分にも対応してくれるのは、不用品回収業者ならではのメリットと言えるでしょう!

他の不用品も一緒に回収してもらえる

不用品回収業者は、ソファー以外の不用品も一緒に回収してもらえるも大きなメリットです。

学習机、ベッド、テーブルなど、場所を取る家具を一気に処分できるため、引っ越し、部屋の模様替え、汚部屋の片付けなどにおすすめですよ!

不用品回収以外にも多彩なサービスがある

不用品回収業者は、不用品回収以外にも幅広いサービスを提供しています。

サービス内容は業者によって異なりますが、引っ越し、片付け、清掃、特殊清掃、遺産整理、買い取りサービスなどが主な内容です。

ソファーの処分をきっかけに、不用品を一掃したり、汚部屋をキレイにすることができるため、ニーズにあわせて上手に利用してみてはいかがでしょうか?

ソファーの処分を業者に依頼した時の料金相場は?

不用品回収業者の料金相場

ソファーの処分方法として、人気の不用品回収業者ですが、気になるのはやはり料金ではないでしょうか?

不用品回収業者に不用品回収を依頼すると「単品回収」「定額トラック乗せ放題」のいずれかのコースが適用されます。

ソファーだけを処分したい時は、単品回収が適用され、相場は2,000円~5,000円です。

一方、ソファー以外の不用品も処分したい時は、定額トラック乗せ放題の方がコスパが良くおすすめです。

定額トラック乗せ放題は、使用するトラックの大きさで料金が異なりますので、以下を参考にしてください。

軽トラック 2トントラック(S) 2トントラック(L)
処分費用 1~3万円 3.5万円~ 5万円~

※業者によっては作業員が増えると追加料金が発生したり、さらに車両料金、駐車料金などが別途発生することもあります。そのため、最終的な料金は必ず見積もりで確認してください。

ソファーの処分を安く業者に依頼する方法3選【お得な裏技】

ここでは、不用品回収業者で安くソファーの処分をするための裏技をご紹介します!

複数の業者の見積もりを比較・検討

少しでも安く不用品回収業者でソファーの処分がしたいなら、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

見積もりを比較・検討すれば、一目で一番安い業者がわかります。

不用品回収業者の中には、他社の見積もりを提示すると、割引をしてくれる業者もあるため、見積もりは取っておいて損はありません。

ただし、一部の業者は見積もりが有料なため、注意しましょう。

割引キャンペーンを利用する

不用品回収業者のソファー処分料金を安くしたいなら、割引キャンペーン利用がお得です。

割引キャンペーンは、初回割引、リピート割引、引っ越し割引、WEB限定割引など、業者によって様々。

利用するだけで数千円お得になることもあるため、必ずHPで確認しましょう。

業者のスケジュールに合わせる

不用品回収業者の中には、エリア内をトラックが巡回している業者があります。

その場合は、業者のスケジュールに合せて依頼すると、相場より安くソファーの処分ができる可能性があります。

HPには記載していなくても、気になる業者には問い合わせてみることをおすすめします!

【注意】スプリング入りのソファーは自力で処分できない?

ここで一点、ソファーの処分について注意すべき事をご紹介します。

それは、「スプリング入りソファーの処分」です。

なぜなら、スプリング入りソファーは構造が複雑で、処理施設によっては対処できません。「処理困難物」に指定している自治体もあります。

そのため、処分したいソファーがスプリング入りの場合は、粗大ゴミとして出せないだけでなく、ゴミ処理施設への持ち込みもできないのです。

ソファーを処分する場合は、必ず事前に確認しましょう。

ちなみに、ベッドの処分をする際も、ソファー同様、スプリングが使われているものは自力での処分は困難です。

ベッドの処分方法についてもっと詳しい方は、「ベッドを処分する方法7選!捨て方別のメリット・デメリット」を参考にしてください。

自力での処分が難しい、スプリング入りソファーやベッドも、不用品回収業者は回収してくれるためおすすめです!

ソファーの処分で業者を選ぶ時のポイント4選

業者を選ぶポイント

ソファーの処分で人気の不用品回収業者ですが、どの業者を選んでよいのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、最後に失敗しない業者選びのポイントを紹介します。

明朗会計の業者から選ぶ

不用品回収業者は、必ず明朗会計の業者を選びましょう。

具体的には、料金システムをHPに掲載した上で、作業前に見積もりを作成してくれる業者です。

近年は、悪質な業者によるトラブルが増加傾向にありますが、一番多いのは料金トラブルです。

明朗会計でない業者は、格安に見えても、支払い時に想定外の金額になる可能性もあるため、注意が必要しましょう!

一般廃棄物収集運搬許可の有無を確認する

不用品回収業者は「一般廃棄物収集運搬許可」を所有する業者から選びましょう。

この資格を持たない業者は、回収したソファーの処分を他の業者に委託するため、利用者の料金を高く設定していることが多いからです。

また、過去には一般廃棄物収集運搬許可証を所有しない業者の、不法投棄が問題になったことも!

資格がない業者が、全て悪質な行為をするわけではありませんが、安心して依頼したいならやはり資格を持つ業者がおすすめですよ。

緊急なら対応の早さにも着目する

すぐにでもソファーの処分をしたい方は、対応の早さに着目しましょう。

24時間365日受付けをしている業者は、一般的に対応がスピーディーで即日ソファーを処分できる可能性が高いでしょう。

そして「最短〇分で到着」など、対応時間の目安をHPに掲載している業者は、足の早さに自信がある業者なため、緊急の依頼に最適ですよ!

口コミ評価もチェックする

不用品回収業者を選ぶときは、ぜひ口コミ評価もチェックしましょう。

口コミを鵜呑みにするのはよくありませんが、口コミ評価が高い業者は、コスパに優れ、対応も早い優良業者がほとんどです。

一方、口コミ評価が極端に低い業者は、何かしら問題がある可能性が高いため、避けるのが賢明です。

口コミは、Google、SNS、口コミサイト、業者のHP、ランキングサイトなど複数の媒体のものをチェックして、総合的に判断しましょう。

ソファーの処分でお困りなら

自力でソファーの処分する自信がない方、多忙な方、今すぐソファーを処分したい方は、ワンナップLIFEにお任せください!

ワンナップLIFEは、24時間365日営業しておりますので、最短25分でお客様の元に駆けつけます。

ワンナップLIFEは、料金にも自信があります。

他の業者のソファー処料金が高いと感じた方も、きっとご満足いただけるはずです!

相談・見積もりは無料ですので、まずは気軽にご連絡ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!