マンション一室のゴミ屋敷を片付ける!費用相場と事例の徹底解説

ゴミ屋敷の清掃方法

マンション一室の片付けでお困りの方には、片付け代行業者がおすすめです。

ゴミ屋敷化したマンションの片付けはもう業者に任せるしかないと分かっていても、費用がどれくらいなのか検討が付かず、依頼を躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、マンション一室のゴミ屋敷を片付け代行業者に依頼する際の費用相場や事例を詳しく解説します。

マンションは隣人との距離が近いため、片付けを放置しておくと一軒家よりも苦情がきやすいものです。実際の作業時間や費用を安くするコツなどもお伝えしますので、苦情やトラブルに発展する前に肩の荷を下ろしましょう!

マンション一室のゴミ屋敷を片付ける費用相場

マンション一室の片付けを業者に依頼する際、まず気になるのは費用相場ではないでしょうか。

片付け代行業者の料金システムは主に、「片付け」と「不用品回収」の2つに分かれています。もちろん、部屋の間取り・面積、業者によって費用は変わりますが、「人件費」や「車両費」などが含まれた費用になることがほとんどです。

一方でゴミ屋敷の場合、片付けと一緒に清掃も依頼することが多く、ハウスクリーニング代金も考慮しなければなりません

そこで本項では、マンション一室を片付ける費用相場を、「片付け費用」、「不用品回収費用」、「ハウスクリーニング費用」の3つに分けて紹介します。

マンション一室の片付け費用相場

マンション一室のゴミ屋敷を片付けする際は、部屋の大きさやゴミの量作業員人数ゴミの種類によっても費用が異なります。

また、階段を経由しての搬出や窓からの吊下ろし作業、解体作業などの特殊作業が発生する場合もあります。

オプション作業が発生すれば、同じ間取りでも費用が高くなるので注意しましょう。マンション一室のゴミ屋敷を片付ける費用相場は以下の通りです。

間取 料金
1R/1K 3~5万円
1DK/1LDK 5~15万円
2DK/2LDK 9~15万円
3DK/3LDK 15~40万円
4LDK以上 40万円以上

業者によっては、「駐車料金」や「深夜・早朝料金」が追加されるケースもあるため、見積もり依頼の際は、必ず確認しましょう。

不用品回収の費用相場

ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収費用もかかります。当然ながら不用品の量が多ければ、大型トラックを準備しなければならないため、費用は高くなる傾向にあります。

ただし、「積み放題プラン」が用意されていれば、量が多くてもお得な片付けが実現します。なお、不用品回収の費用相場は以下の通りです。

トラックサイズ 料金
軽トラック 1~3万円
1.5tトラック 3~5万円
2tトラック 5~8万円
4tトラック 8~10万円

※トラック積み放題といっても荷台に積まれるゴミの高さによって費用が変動する場合も。業者よって料金体系は異なるため、上記はあくまでも目安です。

ハウスクリーニングの費用相場

ゴミ屋敷の場合、片付けと不用品回収だけでなく、清掃の依頼も基本必要になるでしょう。

とはいえ、ハウスクリーニング代金は片付け料金に含まれるケースと、別途追加料金になるケース、特殊作業が必要な場合のみかかるケースなど、業者によってさまざまです。

ハウスクリーニングの費用相場は、以下になります。

間取 料金
1R/1K 1.5~3.5万円
1DK/1LDK 1.5~4.5万円
2DK/2LDK 2~5万円
3DK/3LDK 3~7.5万円
4LDK以上 7万円以上

賃貸マンションを退去する場合は、次の入居者のために現状回復する必要があります。持ち家マンションに比べて徹底的にキレイにしなければならないため、費用は高くなりがちです。

マンション一室ゴミ屋敷の片付けにかかる作業時間

マンション一室のゴミ屋敷の片付けは、作業時間も気になるのではないでしょうか。基本的には部屋の大きさや作業員の人数、ゴミの種類によって作業時間は異なりますが、片付け代行業者の作業は1日で終わるケースがほとんどです。

しかし、部屋に大量のゴミが溢れていたり、汚れが重症化していたりする場合は、2日がかりの作業になることも

ここでは、間取り別の作業時間の目安を紹介します。ぜひ、ご自身の部屋を想像しながら見比べてみてください。

間取 作業時間の目安
1R/1K 1~3時間
1DK/1LDK 2~4時間
2DK/2LDK 3~6時間
3DK/3LDK 5~12時間
4LDK以上 7時間以上

上記は一般的なゴミ屋敷の作業時間で、状況によっては更に長くなる可能性があります。作業時間が長くなるのはどのような場合なのか、考えられる理由は以下の通りです。

ゴミの量が天井近くの高さまである

天井近くまでゴミが積まれているような部屋は、当然ながら通常よりも作業時間がかかります。ゴミの分別作業に時間を要するため、どうしても作業員の人数も増える傾向があります。

リビングにたどり着くまでに、玄関先のゴミを取り除き、洗面所やトイレなどのありとあらゆる部屋の片付けをしなければなりません。

そのためゴミの量が多い場合は、通常の作業時間より最低でも1〜2時間は長く見ておく必要があるでしょう。

害虫やカビが発生している

害虫やカビが発生している場合は、作業時間は長くなり費用もかさむ傾向があります。特に夏場は湿度が上昇するため、空気の入れ替えをせずに住んでいるゴミ屋敷は、害虫やカビの発生が進行している可能性が高いです

こういったケースでは、ハウスクリーニングをする前に害虫駆除から取り掛からなければならないため、作業量は確実に増えるでしょう。

特にマンションの場合は、一軒家に比べて隣人との距離が近いため、気を遣いつつの作業を強いられることも

カビが発生しているトイレや洗面所、キッチンのシンクなどを現状回復させるには、2日がかりになる場合もあります。

高層階のマンションの場合

高層階にあるマンションの一室は、低層階の部屋に比べて搬出作業が難航します。高階層のマンションではほとんどの場合、エレベーターが設置されていますが、何往復もしてゴミの搬出をしなければなりません。

高層階のマンション一室の片付けを依頼する際も、通常より1~2時間程度作業時間が長くなると思って心づもりをしておきましょう

マンションの片付け代行の事例を紹介

ここでは、ゴミ屋敷化したマンション一室の片付け事例を分かりやすく紹介します。

費用相場よりも安かった事例【2LDK28万円】

間取・階数 2LDK・1階
作業人数 6人
作業時間 5時間
ゴミの量 2tトラック×2台
費用 28万円

上記の例は、家電を処分する際にリサイクル料金がかかったものの、紙類が多かったため比較的費用を抑えることができました

費用の内訳は「片付け費用」と「不用品回収費用(トラック積み放題をプランを採用)」、「ハウスクリーニング費用」の3つです。

1階のため作業量は少なく、追加料金は発生しませんでした。

また、ブランド品のバックやアクセサリーも複数点あったため、買取りサービスを利用しています。

費用を安く抑えられた理由をまとめると、以下の通りです。

  • 紙類が多く階数が1階だったため作業量が少なく済んだ
  • 買取品が複数点あった
  • 害虫やカビが発生していなかった

作業量が少なかったのと、買取サービスを行っている業者を選んだ点が、相場よりも安く抑えられたポイントです。

費用相場よりも高かった事例【2LDK42万円】

間取・階数 2LDK・2階
作業人数 6人
作業時間 6時間
ゴミの量 2tトラック×2台
費用 42万円

こちらのマンションでは、リビングやキッチンなどにゴミが溜まっており、現状回復したいと問い合わせをいただきました。

費用内訳は同じく「片付け費用」と「不用品回収費用(トラック積み放題をプランを採用)」、「ハウスクリーニング費用」の3つです。

しかし、部屋にはカップラーメンやお惣菜のパック、お弁当の食べ残しなど生ゴミが多く悪臭も漂っており、作業の難易度はずっと高かったといえます。

特に、雑誌の量が多く、壁の半分くらいの高さまでモノがあふれ返っており、趣味で集めた雑誌や衣類をダンボールに詰める梱包作業にも時間を要しました。

費用が高くなった理由は、以下の通りです。

  • ゴミの量が多い
  • 仕分け作業に困難を極めた
  • 生ゴミが多く悪臭の中での作業になった

このように、部屋の広さ、トラックの数、作業人数が同じでも、作業量が多ければ費用は高くなることはおさえておきましょう。

片付け費用を安く抑える3つのコツ

マンションのゴミ屋敷を片付けるには、できるだけ費用は抑えたいものです。

ここでは、片付け代行業者に依頼する際に費用を安く抑えるコツを3つ伝授します。

相見積もりをとる

業者によって料金体系が異なるため、複数の業者に見積もり依頼するのがおすすめです。

料金体系は、部屋の広さやゴミの量で決まる場合と、トラックサイズで決まる場合に分かれます。

また、上述した通り、ハウスクリーニング費用は片付け料金に含まれる場合と、別途追加料金としてかかる場合、特殊作業が発生した場合のみにかかるなど業者によってさまざまです。

各業者ごと強みや特徴があるため、依頼する業者によって費用に差が出ます。

業者選びに失敗しないよう、複数の業者を比較・検討し、納得してから依頼するようにしましょう。

先延ばししない

マンションのゴミ屋敷の片付けは、先延ばししないことが大切です。そのまま生活していればさらにゴミが増える上に、こびりついた汚れは時間の経過とともにますます取れにくくなります。

ゴミの量や業者による掃除の手間が増えれば、費用負担が大きくなります。いくらになるのだろうかという不安からより依頼しづらくなるでしょう。

また、モノがあふれ返った部屋は火災が起こりやすく、非常に危険な状態といえます。

隣人に多大な迷惑をかける恐れもあるため、少しでも早く行動に移しましょう。

買取サービスを行っている業者を選ぶ

買取サービスをしている業者を選ぶのもコツです。買取品が多ければ、片付け費用から買取金額が相殺されるため、費用をグンと抑えられます

需要が見込まれる家電や家具の他に、ブランド品のバックや雑貨などをお持ちではないでしょうか。

買取対応している業者に依頼すればお得な片付けが実現します。

オプション料金がかからない業者を選ぶ

費用を抑えるためには、基本料金の他にオプション料金がかからない業者を選ぶのもひとつの方法です。

オプション料金は、以下の状況で発生しやすくなるため、業者に依頼する前にチェックしましょう。

  • エレベーターがない
  • 特殊作業が発生
  • 駐車する場所がない
  • 生ゴミや危険物の回収
  • 分別作業が多い

上記の場合、作業員の追加や特殊作業費用が発生しやすく、費用が高くなりがちです。

そのため、業者を選ぶ際は作業員の追加や特殊作業費用が基本料金に含まれている業者を選ぶと、費用を抑えられます。

マンション一室のゴミ屋敷の片付けにお困りなら

今回は、マンション一室のゴミ屋敷を片付ける際の費用や事例を詳しくお伝えしました。マンションは隣人との距離が近いため、一軒家よりもゴミ屋敷問題が深刻化するケースが少なくありません。

また、溜め込んでしまった大量のゴミを一人で片付けるのは、非常に労力がかかり挫折してしまう方がほとんどです。

そのような背景から、近年では片付け代行業者に依頼する方が増えています。

以下のような悩みをお持ちではないでしょうか。

  • 誰にも知られずに片付けしたい
  • 女性の一人暮らしのため業者に知らない業者に頼みたくない
  • 1日で作業を終わらせたい

このような悩みをお持ちの方は、プライバシーにも配慮しているワンナップLIFEにお任せください。

ワンナップLIFEは料金体系がシンプルで、階段料金や梱包費、車両費などがパック料金に含まれているのが嬉しいポイント。対応時間も8:00~24:00と幅広く、ご自身の都合で依頼ができますよ。

「ゴミ屋敷を片付ける費用が知りたい」、「作業時間を知りたい」など、少しでも興味をお持ちの方は、メールやお電話にて、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ゴミ屋敷の清掃方法
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!