タンスの処分方法7選【手間・費用・状況別】後悔しない捨て方は?

粗大ごみの出し方

タンスの処分方法を解説します。

結婚するときに購入した婚礼家具や、親の代から置いてある桐タンスなど、処分に困りますよね。タンスを使っていないのに置いたままになっている人も多いでしょう。

しかし不要なタンスを長年放置しておけば、床の傷みや、タンスに虫が湧くといった衛生面も心配です。

そこで今回は、手っ取り早くタンスを処分するために、手間や費用、状況別のタンスの処分方法や、回収を業者に依頼したときの料金相場などを紹介します。

タンス処分で知っておきたい豆知識にも触れるので、タンスの捨て方で頭を抱えている人は、最後までお読みください。

なお、引越し間際でお急ぎの方は下記記事をご覧ください。

引越しゴミの処分が間に合わない場合の対処法!当日処分も可能

【タンスの処分って大変なの?】自力で運ぶのは難しい!

 タンス 運ぶ

タンスと一口にいってもタイプや重さはさまざまで、大型タンスの場合は搬出が非常に大変です。特に婚礼家具などは、重さが50kgや80kgあるものもめずらしくありません。

タンスの引き出しを取り出して、大人2〜3人でやっと運べるといった状況も多く、2階に置いてある場合はさらに困難を極めます。

また、玄関の高さや幅が狭い場合はタンスが通らないという問題も。そのため、タンスの処分方法を選ぶ際は、費用面だけでなく状況や手間も考慮して検討するようにしましょう。

【手間・費用・状況別】タンスの処分7選|メリット・デメリットも

星5つ

今回は手間や費用、状況別におすすめのタンスの捨て方を紹介します。

タンスを処分する方法は以下の7つです。各処分方法のメリット・デメリットも紹介するので、自分にピッタリな捨て方を見つけていきましょう。

自治体の粗大ゴミ回収

タンス1個だけを処分したい場合や、比較的軽いタンスは自治体の粗大ゴミ回収を利用する方法があります。

自治体の粗大ゴミ回収は、低コストで処分することが可能です。また、ゴミ処理場に持込むと、さらに安く処分することができます。

ただし、自治体の粗大ゴミ回収は、指定場所まで持ち運ぶ必要があり、日時も指定されています。自分の都合で捨てられないので、即日対応を希望する人には向いていません。

メリット デメリット
  • 低コストで処分できる
  • 地域のルール通りに処分できる
  • 受付が面倒と感じることも
  • 収集場所や回収日時を指定できない
  • 持ち運びの手間がかかる

自治体の粗大ゴミ回収は、低コストで回収してもらえる一方、指定場所まで運ばなければいけないのが難点です。

解体して一般家庭ゴミに捨てる

タンスを解体すれば家庭ゴミとして捨てることも可能です。家庭ゴミとして捨てられれば、無料でタンスを処分できます。

ただし、解体するには電動ノコギリやハンマーをホームセンターなどで入手しなければなりません。加えて、不燃と可燃の分別にも手間がかかることも。

解体して捨てるのは、手間よりも処分費用を重視する人に向いています。

メリット デメリット
  • コストがかからない
  • 解体した部材をDIYに使うことができる
  • 解体の手間や時間がかかる
  • 不燃と可燃の分別がやっかい
  • 何回に分けて捨てなければいけない場合も

DIYに慣れている人なら解体に難儀することはありませんが、初めてトライする人だと、大変な手間と時間がかかるでしょう。

家具店の買取りサービス

家具を新しく買い替える場合は、家具店の買取りサービスを利用すると、お得に処分できます。

下取りしてもらえる可能性もあり、その場合は満足度が高まるでしょう。

メリット デメリット
  • 手間と時間が省ける
  • 出張サービスを受けれる場合がある
  • 下取りしてもらえばお得に家具を購入できる
  • 引き取りサービスをおこなっていない店舗も多い
  • 引き取りしてもらうにはいくつかの条件をクリアしなければならない
  • そもそも引き取り不可のタンスも多い

出張買取りサービスが用意されていれば、搬出の手間も省けて便利です。買い替えを検討している人は、店舗で買取りサービスをおこなっているかチェックしてみましょう。

ニトリの買取り査定

ニトリでは買取りサービスを強化しており、5段チェストや6段チェストなどが3,000~4,000円で買取りしてもらえます。

買取り査定のポイントは、ズバリ「コンデション」です。

また、申し込みの流れは以下の3ステップとなります。

  1. WEBフォームにて出張買取申し込み
  2. スタッフが自宅にお伺いし査定・支払い
  3. スタッフが伺った当日に運び出し

出張買取の対応エリアは全国に点在しているので、お住まいの近くにニトリがあれば問い合わせしてみるのもよいでしょう。

引越し業者の不用品回収サービス

引越しのタイミングでタンスを処分したいときは、引越し業者の不用品回収サービスを利用する方法もあります。

引越しギリギリまでタンスを使いたいときや、業者手配を一度で済ませたいときに便利です。

ただし、不用品回収サービスをおこなっているのは一部の引越し業者となります。不用品回収に対応していても、タンス含む家具は回収不可の場合も多いので注意が必要です。

メリット デメリット
  • 業者手配が一度で済む
  • 引越しギリギリまでタンスを使用できる
  • 不用品回収のサービスを提供してない業者も多い
  • 不用品回収業者に依頼するよりも費用が高くつくことも

引越し業者にタンスの処分もお願いできれば、手間や労力がグンと省けます。

ただ、不用品の回収や処分は、下請け業者に依頼することが多く、料金が高くつくことも。予算オーバーとならないためには、見積もり金額に納得の上、依頼することが大切です。

リサイクルショップの出張買取り

リサイクルショップの出張買取りを利用する方法も一つです。買取り対象となれば、処分費用がかからないどころか収入となります。

ただし、買取りしてもらうためには以下の条件をクリアしなければなりません。

  • 状態が良いのは最低条件
  • 需要が高いタンス
  • 伝統工芸品
  • 人気の作家ものやブランド品

このように、買取りはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。実際に、桐ダンスや婚礼家具、安価なタンスなどはほとんど買取りを断られるのが実情です。

メリット デメリット
  • 買取りしてもらえれば収入がもらえる
  • 出張買取りの場合は手間がかからない
  • 買取りしてもらえるのは需要のある良品のみ
  • 安価なタンスや組み立て式のタンスは買取り不可

上述したとおり、そもそも買取りを断られるケースも多いので、どんな家具が取引りされているか、ホームページなどで事前にチェックしてみることが大切です。

フリマアプリ

フリマアプリに出品して、必要な人に譲る方法もあります。フリマアプリは誰でも簡単に利用でき、多少汚れのある中古品でも売れる可能性があります。

自分で出品価格が決められるので、納得してタンスを手放しやすいのも嬉しいポイントです。

しかし、送料は出品者側の負担になるケースが多く、料金が高く付くことも。また、出品や梱包作業にも細かい手間がかかる上に、返品される恐れもあります。

メリット デメリット
  • 気軽に誰でも出品できる
  • リサイクルショップで断られたタンスも出品できる
  • 自分で出品価格を決められる
  • 手数料や送料がかかる
  • 出品や梱包委作業に手間がかかる
  • 返品される心配もある

フリマアプリは、必ず売れるとは限らないので、長期的に処分を考えている人向きといえるでしょう。

不用品回収業者

片づけや遺品生理などのタイミングでタンスを捨てる場合は、不用品回収業者を利用するのが一般的です。

不用品回収業者では、大型家具や家電などトラック一台分の量となる粗大ゴミも快く引き受けてくれます。

また、自宅まで作業員が回収しにきてくれるため、手間や労力がかかりません。

ただし、単品回収は自治体の粗大ゴミ回収に比べて費用が高いの注意しましょう。少しでも費用を抑えたい人は、トラック積み放題プランを利用すると割安な片づけが実現します。

なお、トラック積み放題について詳しく知りたい人は、下記記事も参考にしてください。

ゴミ回収のトラック積み放題はお得?

メリット デメリット
  • 搬出の手間と時間を省ける
  • 他で断れたタンスの回収もおこなってもらえる
  • 即日対応可能
  • 自治体よりも費用は高い
  • 単品回収の場合は損をする場合も
  • 悪徳業者も存在するので業者選びに苦労する可能性が。

不用品回収業者は、タンスの他にベッドや大型家電なども一緒に処分したいときに便利です。業者によっては割引クーポンを利用して、回収費用を抑えることもできます。

タンスの処分を業者に依頼したときの料金相場は?

電卓 トラック 

タンス処分で気になる相場ですが、自治体や一般の業者に依頼した際の料金は次の表のとおりです。

タンスの処分方法 料金相場
粗大ゴミ回収(少量・運べる場合のみ 300~1,000円
一般家庭ゴミ 無料
家具店の買取りサービス 3000~15,000円 (買取り価格)
引越し業者 3,500~6,000円
リサイクルショップ 500~1,500円 (出品価格)
フリマアプリ 5,000~40,000円 自分で出品価格を設定可能
不用品回収業者(大量・搬出から処分までおまかせ 4,000~8,000円 軽トラック積み放題:15,000~25,000円

このように、タンスの処分をどこに依頼するかで、料金が上下します。処分方法に迷ったときは、手間を省きたいのか、費用を抑えたいのか、この2つのポイントで考えてみましょう。

タンスを処分する際に知っておきたい2つの豆知識!

手で指す 女性

タンスをいつかは手放したいものの、そのタイミングが分からない、処分か買取りかで迷う人もいると思います。

ここでは、タンスを処分する際に知っておきたい2つの豆知識を以下に紹介するので、処分に関して迷っている人は、参考にしてください。

後悔しない捨て方は?引越しやリフォームのタイミングで!

どのタイミングでタンスを手放したらいいのか分からない、後悔したくない。このように考える人も多いと思います。

婚礼家具をはじめ、思い入れのあるタンスは簡単に捨てられない人もいるでしょう。

タンスの処分は、引越しやリフォームなどがきっかけとことも多いです。これらは断捨離する絶好のタイミングとなります。

引越しやリフォームの前に不要なタンスや大型家具を処分しておけば、片づけがグンとラクになり、捨ててしまった後悔も少ないでしょう。

婚礼家具は近年需要が少ない

婚礼ダンスをはじめ大型家具の需要は、年々減っているのが現状です。理由をいくつか挙げると、以下の4つになります。

  • 地震が起きたとき、タンスが倒れて下敷きになる可能性がある
  • 近年の住宅の傾向により、造り付け家具が主流となっている。
  • 物を置かない習慣が定着しつつあり、大型家具のような移動にしくいものが敬遠されている
  • ニトリやIKEAの組立式家具の人気が高まっている

このように、大型家具の需要は少なくなっているため、一部のタンスを除いてはリサイクルショップで買取りしてもらえる可能性は低いといえます。

手っ取り早くタンスを処分するなら「ワンナップLIFE」へお任せ

今回は、タンスの処分方法をご紹介しました。

タンスを処分する際は、手間や費用面、ご自身の状況によって処分方法が変わります。

比較的軽いタンスを1個だけ捨てたいときは、自治体の粗大ゴミ回収に依頼する方法も一つです。

しかし、自力で運ぶのが困難かつできる限り手っ取り早く処分したいときは、『ワンナップLIFE』にお任せください。

ワンナップLIFEでは、24時間365日受付対応しており、電話1本最短25分で駆けつけます。即日回収にも対応しています。業者選びに迷っている方はぜひお気軽にご相談ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!