生活ゴミ・汚物・業者ゴミ・資源ゴミなんでもまとめて格安処分

なんでも回収業者|生活ゴミ・汚物・業者ゴミどんなものでもまとめて格安処分 粗大ごみの出し方

引越し準備や大掃除後、そしてゴミ屋敷には処分に困るゴミがよく出てきます。

それらのゴミの回収を任せられるのが不用品回収業者です。

不用品回収業者を利用することで、違法性のない物や危険物でない限りなんでも回収できます

「それならすべてのゴミを不用品回収業者に回収してもらえばいい」と思われるかも知れません。しかし、自治体で回収できるものはゴミ回収業者ではなく、自治体のゴミ回収に出した方が費用を抑えられます

そこで、この記事では自治体で回収できないゴミ、不用品回収業者で回収できないゴミをはじめに解説します。

その後に生活ゴミや汚物など、処分に困るものをなんでも回収できるゴミ回収業者をご紹介するので業者選びの参考にしてみてください。

自治体で回収できないゴミ

大量の不要品が出たときに、その中で自治体では回収できないものが多く含まれていることがあります。

そして以下のゴミは法律などによって自治体では回収できない項目として定められています

  • 家電リサイクル法に該当する家電
  • パソコン
  • 事業ゴミ
  • その他

不用品を処分する際に手間取らないためにも、あらかじめ自治体で回収できない項目をおさえていきましょう。

家電リサイクル法に該当する家電製品とは?

家電リサイクル法に該当する家電製品とは?

2001年4月から廃棄物の減量、リサイクル推進を目的として家電リサイクル法が施行されました。

家電リサイクル法ではテレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機は、購入した販売店もしくは、新しく家電を購入するお店に引き渡すルールになっています。

ただし、家電を購入したお店が分からなくなったり閉店している場合や、営業時間内に持ち込むことが難しいなど現実的ではないという問題も否めません。

家電リサイクル法の対象となっている家電製品は、不用品回収業者での買取処分を検討してみてください。

特に製造から5年以内の家電製品で故障していなければ高額買取が期待できます。

買取処分を利用するときは『古物商許可』を取得している不用品回収業者に依頼しましょう。

資源有効利用促進法に該当するパソコン

資源有効利用促進法に該当するパソコン

経済の発展に伴い大量生産・大量消費が行われていますが、その現状から脱却する循環型経済システムへの移行を目指す観点から【資源の有効な利用の促進に関する法律】が作られました。

この法律にはデスクトップパソコンやノートパソコンなどが該当し、自治体のゴミ回収では処分できません。パソコンはパソコンメーカーによる回収、リサイクルをするという決まりになっています。

パソコンも家電製品同様に『古物商許可』を取得している不用品回収業者での買取をご検討ください

しかし、パソコンには大量の個人情報や流出してはならないデータが記憶されているので適当に業者を選ぶのは危険を伴います。

そのため、必ず完全なデータ消去が可能な業者であることを確認してから買取を依頼してください。

事業ゴミ

事業ゴミ

一般家庭から出るゴミと区別して、【事業ゴミ】に分類される、事務所、飲食店、小売業、商店、学校、ホテル、旅館、不動産管理業などから出るゴミは自治体でゴミ回収できません。

事業ゴミは事業者自らが責任を持って処分する必要があります。

事業ゴミは『産業廃棄物収集運搬業許可』を取得しているゴミ回収業者に処分を依頼してください。

その他に各自治体で回収できない品目一覧

その他に各自治体で回収できない品目一覧

家電製品やパソコン以外にも回収不可とされている品目があります。

ここでは多くの自治体で回収不可となっている品目を紹介します。

  • ガソリン、灯油などの石油類
  • 塗料
  • 薬品類
  • バッテリー
  • インク
  • カセット式以外のガスボンベ
  • 消化器
  • ピアノ
  • 耐火性金庫
  • タイヤ
  • 物干し台
  • ブロック
  • スプリング入りマットレス・ソファ
  • 土砂・石

ここに挙げたもの以外にも回収不可の品目がある可能性が高いので、お住いの地域のホームページをご確認ください。

そして、自治体で回収できないゴミの多くは不用品回収業者に依頼して処分することができます

しかし、中には不用品回収業者を利用しても回収できないゴミがあるので、具体的に不用品回収業者で回収できないゴミを確認していきましょう。

不用品回収業者でも回収できない品目

不用品回収業者にも回収できないゴミがあります。

その中でも、以下のゴミを回収できる業者は限られてきます。

  • 生ゴミ
  • 液体類
  • 土砂
  • 危険物
  • 医療器具類
  • 法に触れるもの

ここに処分予定ゴミが含まれている場合の対処法を解説していきます。

危険物・医療器具類・法に触れるものの処分

危険物・医療器具類・法に触れるものの処分

銃火器、爆弾、ガソリンなどの危険物に該当する品目もほとんどの場合、ゴミ回収業者でも回収できません。

猟銃などの銃火器を処分する場合は警察署もしくはガンショップに引き取りを依頼しましょう。爆弾に遭遇する機会はないと思いますが、もし爆弾がある場合は絶対に触れずにこちらも警察署に連絡します。

ガソリンや灯油は少量であれば可燃ゴミとして出せる自治体があるのでご確認ください。もし、ガソリンや灯油が大量に残っている場合は灯油の販売店やガソリンスタンドに引き取りを依頼しましょう。

不用品回収業者では医療機関で取り扱う医療器具類は感染症などのリスクがあるので回収できません。

医療器具類に関しては特別管理産業廃棄物収集運搬業、特別管理産業廃棄物処分業の許可を取得している業者であれば回収処分が可能です。

自宅で使用する注射器などは、処方された病院・薬局・医療機関に返却して処分してください。

また、法に触れるものがある場合はすぐさま警察に連絡しましょう

生ゴミ・液体類・土砂の処分

生ゴミ・液体類・土砂の処分

生ゴミ・液体類・土砂は不用品回収業者に依頼して処分することができます

その際にオススメなのが『ゴミ屋敷清掃を得意とする業者』です。

ゴミ屋敷清掃を得意とする業者は、分別していない状態のゴミ、長年開け閉めしていない冷蔵庫、強い悪臭や害虫が湧いている状態でも作業可能です。

では具体的にゴミ屋敷清掃を得意としている業者を3社ご紹介するので参考にしてみてください。

回収品目が多い不用品回収業者3社

ワンナップLIFE

ワンナップLIFE

ワンナップLIFEでは分別していないゴミでも回収可能な業者です。

また、ゴミ屋敷清掃も得意としているので、足の踏み場がないようなお部屋や害虫駆除が必要なお部屋でも問題ありません。

実際に利用されたお客様やビフォーアフターの様子はホームページの作業レポートに記載されているので事前にご確認ください。

サービス内容 不用品回収(引越し時も可)、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、事業ゴミ回収
料金目安 軽トラック載せ放題プラン14,800円
受付時間 8:00〜24:00
対応エリア 東京,神奈川,埼玉,千葉
特徴 見積もり無料、年中無休、クレジットカード対応、WEBサイト限定5,000円割引
電話番号 0120-83-6897
公式サイトURL https://one-up-life.com/

粗大ゴミ回収サービス】

粗大ゴミ回収サービス

粗大ゴミ回収サービスは、割引サービスが充実しており、口コミ評価が高い不用品回収業者です。

Twitterを頻繁に更新しており、実際に利用したユーザーの生の声をチェックできます。

また、この業者は特に、家電の高価買取、に力を入れているため、比較的新しい家電をお持ちの方であれば、不用品回収費用を安く抑えることができますよ!

お金を節約しながら安心して不用品処分をしたい方におすすめの業者です。

営業時間 8時〜24時、年中無休
対応エリア 東京,神奈川,埼玉,千葉
料金目安 軽トラック載せ放題14,800円〜
支払い方法 現金払い、クレジットカード払い、銀行振込
キャンペーン WEB限定割引5,000円OFF、2回目以降20%OFF、お引っ越し割引キャンペーン10%〜15%OFF
公式サイト https://eco-life-smile.com/

粗大ゴミ回収隊】

粗大ゴミ回収隊は行き届いたサービスで人気の不用品回収業者です。

不用品を回収する際に、梱包作してから運び出すため、プライバシーが保たれます。

ゴミを近所の人にバレずに回収してもらいたい方も安心して依頼できますね。

また、この業者は一都三県で「産業廃棄物収集運搬業許可」を取得しているため信頼性も抜群と言えるでしょう。

安心して不用品回収を依頼したい方におすすめの業者です。

営業時間 8時〜24時、年中無休
対応エリア 東京,神奈川,埼玉,千葉
料金目安 軽トラック載せ放題:14,800円〜
支払い方法 現金払い、クレジットカード払い、銀行振込
キャンペーン WEB限定割引2,000円OFF、お引っ越し割引キャンペーン10%〜15%OFF
公式サイト https://sodaigomi-kaishutai.com/

なんでも処分できるゴミ回収業者をお探しなら

不用品回収業者を利用することで“ほぼ”なんでも回収することができます

一部回収できない品目もありますが、ゴミ屋敷清掃を得意とする業者を利用すれば問題なくゴミを処分できます。

もし、回収可能かどうか判断できないゴミがある場合は、不用品回収業者にご相談ください

すぐに回収の可否をお伝えし、万が一回収できない場合は処分方法をお伝えします。

ゴミ屋敷のような状態にあるお部屋は、現場を見なければ作業可能か判断できない場合もございます。

不用品回収業者では訪問見積りが無料ですのでお気軽にご連絡ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!