マッサージチェアの処分方法5選!フット・ハンディ型の捨て方や費用相場も

単品回収

購入当初は毎日のように使っていたのに、最近はほとんど使わず置物になっているマッサージチェア。

ジャマだから処分したいけど「費用はどれくらいかかる?」「重たいから大変そう…」と悩む方も多いでしょう。

そこで今回は、マッサージチェアを処分する方法を5つ紹介します

フットマッサージャーやハンディマッサージャーの処分方法も解説します。マッサージ機器の処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

マッサージチェアの処分方法5選!

処分されるマッサージチェア

さっそく、マッサージチェアを適切に処分する方法を紹介します

マッサージチェアを処分する方法は5つあり、それぞれで処分にかかる費用や手間のかかり方が異なるため、自分に合っていると思える処分方法を見つけてみてください。

自治体に依頼して回収してもらう

マッサージチェアや大きめのフットマッサージャーは、自治体に依頼して粗大ごみとして処分できます

自治体によって処分にかかる費用は異なりますが、1,000~3,000円ほどが相場となっています。

ほかの処分方法と比べると、処分にかかる費用は比較的安いので、とにかく安く処分したい人におすすめの処分方法です。

ただし、自治体によっては、マッサージチェアが大きすぎたり重すぎたりすると、回収に対応しないこともあるので注意が必要です。

例を挙げると、東京都新宿区では、70kgを超えるマッサージチェアは回収不可としています。

粗大ごみとして処分する際は、自分が捨てたいマッサージチェアが対応しているか、自治体のホームページなどで事前にチェックしておきましょう。

ハンディマッサージャーは不燃ごみとして処分できる

ハンディマッサージャーのようなサイズの小さいマッサージ器なら、自治体の不燃ごみとして処分できます

週に一度の不燃ごみの日に、ごみ袋に入れて捨てるだけでOKです。

なお、お住まいの地域によっては不燃ごみではなく、自治体の回収ボックスに入れて処分するよう指定されているケースもあります。

ごみ処理施設に直接持ち込む

自治体のごみ処理施設へ、マッサージチェアを自分で直接持ち込んで処分する方法です。

手間はかかりますが、処分にかかる費用が安いのがメリット。

東京都品川区のごみ処理施設「品川区資源化センター」の場合、マッサージチェアの持ち込み処分料金は700円となっています。

自治体に回収依頼をした場合は、数千円ほどかかることもあるため、費用がかなり安いということが分かります。

しかし、数十kg以上もあるマッサージチェアを持ち運ぶのは大変です。

費用が抑えられるのは大きな魅力ですが、持ち運ぶ際にケガをする恐れもあるため、予算に余裕があるなら、ほかの処分方法を選択することをおすすめします。

リサイクルショップで売却する

状態の良いマッサージチェアなら、リサイクルショップで売却するのも有効です。

売却できれば無料で処分ができるうえに、ちょっとした収入も得られます。

リサイクルショップの中には、出張買取サービスを行っているところもあるので、重たいマッサージチェアを持ち運ばなくて済むのもメリット。

ただし、下記のような点に当てはまるマッサージチェアだと、買取を拒否される可能性が高いです。

  • 動作に不具合がある
  • 知名度の低いメーカー品
  • 製造から6年以上経っている
  • 大きな目立つキズ・汚れがついている

マッサージチェアは医療機器に分類されており、動作不良があると人体に悪影響を及ぼす可能性があると判断されます。

そのため買取査定を行う際は、動作確認も入念にチェックされ、少しでも動きに異変があると買取を拒否されてしまうケースがほとんどです。

家電量販店で回収してもらう

大手家電量販店では、マッサージチェアなどの家電回収サービスを展開しているところもあります。

店舗によって回収にかかる費用や条件も異なるため、最寄りの店舗に確認してみましょう。

マッサージチェアの回収に対応する家電量販店の一例を下記にまとめましたので、参考にしてください。

店舗名 回収する条件 回収費用
ケーズデンキ なし 4,400円
ビックカメラ 同種・同等の商品購入時のみ 無料
エディオン 直営店のみ対応 4,400円
ジョーシン なし(一部地域非対応) 4,950円

ヤマダデンキもマッサージチェアの回収対応をしていましたが、現在は一部の家電しか受け付けていません。

回収にかかる費用相場は4,000円ほどと高めですが、同等のマッサージチェアを購入することで無料回収してくれる店舗もあります。

中には自宅まで回収に来てくれる店舗も。なるべく手間をかけずにマッサージチェアを処分したいなら、検討する価値はあるでしょう。

不用品回収業者に依頼する

最も手軽でかんたんに処分できる方法が不用品回収業者への依頼です。

不用品回収業者に依頼すれば、自宅まで引き取りに来てくれるので、重たいマッサージチェアを持ち運ぶ手間もかかりません。

また、日時の指定も可能なので、自分が捨てたいと思ったタイミングで処分できるのも魅力のひとつ。

仕事や家事で忙しく、なかなか時間が作れないという人も安心して依頼できます

難点としては、処分にかかる費用相場が4,000~10,000円ほどと、ほかの方法と比べて少し割高なところ。

業者によって料金設定も異なるので、費用を抑えたい方は、複数の業者から見積もりをもらうと良いでしょう。

マッサージチェアの処分にかかる費用相場

マッサージチェア処分費用の計算

マッサージチェアを処分するにあたって、やはり気になるのは処分にかかる費用。

マッサージチェアを処分する際に発生する費用相場を、下記にまとめましたので参考にしてください。

粗大ゴミに出す 1,000~3,000円
ごみ処理施設への持ち込み 700~1500円
リサイクルショップで売却する 無料(出張買取の場合2,000~4,000円)
家電量販店で回収してもらう 4,000円
不用品回収業者へ依頼する 4,000~10,000円

自分でマッサージチェアを持ち運ぶなど、処分に手間がかかる方法ほど、費用は安くなる傾向です。

マッサージチェアを処分する方法を選ぶ際には、手間と費用、どちらを優先するかが決め手となります。

マッサージチェアを処分する際に知っておきたい注意点や豆知識

マッサージチェアを処分する際に、事前に知っておきたい注意点やお得な豆知識を紹介します

【注意点】フリマアプリやオークションへの出品はできない

お小遣い稼ぎになるかもと、マッサージチェアをフリマアプリやオークションで売却したいと考えている方もいるでしょう。

しかし残念ながら、マッサージチェアは、フリマアプリやオークションで売却することができません

マッサージチェアは「管理医療機器」に該当する製品のため、法律上の許可や届出を提出しないと販売ができないのです。

ハンディマッサージャーなどの小さいマッサージ器も、本体のラベル部分に「管理医療機器」と記載されているものは、出品できません。

そうと知らずに出品してしまうと、規定違反となって、サイトの利用を制限される可能性もあるので注意してください。

【注意点】素人が解体をするのは危険

どうしても費用を抑えたいからと、マッサージチェアを解体して処分しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

自治体のごみ袋に入るくらいまで分解できれば、不燃ごみとしてマッサージチェアを処分することも可能ですが、デメリットが大きすぎるためおすすめしません。

素人がマッサージチェアを解体するとなれば、解体作業だけで2~3時間以上かかることもザラにあり、重労働となります。

また、マッサージチェアは非常に重たいうえ、故障しないように強固な作りになっていることも多く、解体中に大けがをする危険性もあります

解体などはせずに、今回紹介した適切な方法で処分したほうが賢明です。

【豆知識】複数の不用品を処分するなら不用品回収業者がお得

マッサージチェアのほかにも処分したいものがあるなら、不用品回収業者に依頼するのがお得でおすすめです。

不用品回収業者の多くは、「トラック積み放題」といった定額のサービスを提供しています

軽トラックや1.5トントラックに積める範囲内なら、定額料金で何個でも処分できるので、単品で依頼するよりもお得に不用品を処分できます。

フットマッサージャーやハンドマッサージャー、毛布、イス、テーブルなど、基本的になんでも回収OKなので、家中を一気にスッキリさせたいという方にはうってつけです。

もちろん、ワンナップLIFE」でもトラック積み放題サービスを提供しております

トラック積み放題サービスについてもっと詳しく知りたいという方は、下記の記事もご覧ください。

ごみ回収のトラック積み放題はホントにお得?単品回収とパック料金の選び方を解説

マッサージチェアを安心・安全に処分したい!【優良な不用品回収業者を選ぶ3つのコツ】

マッサージチェアの処分方法をいくつかご紹介しましたが、その中でももっともおすすめしたいのが、不用品回収業者への依頼です。

重たいマッサージチェアを持ち運ぶ必要もなく、どんな状態の製品でも回収してくれるので、安心・安全に処分できます。

ここでは、優良な不用品回収業者を選ぶコツを3つ紹介するので、依頼を検討されている方は、ぜひ一度目を通してみてください。

一般廃棄物収集運搬業許可を取っているか確認する

不用品回収業者を選ぶ際には、自治体からの許可を取得して営業している業者なのか、確認しておきましょう。

家庭から排出される不用品の回収を行うには、「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要になります

許可を取らずに営業している業者は、不法投棄を行ったり、ぼったくりをする悪徳業者の可能性が高いです。

一般廃棄物収集運搬業の許可の取得状況は、自治体もしくは業者のホームページで確認できるので、気になる業者を見つけたらチェックしてみましょう。

口コミ評価を参考にする

実際に利用した人の口コミ評価を参考にするのも、優良な業者を見つけるのに有効な手段です。

スタッフの対応やサービスの品質、料金の相場などを確認できますし、口コミ数が多ければそれだけ利用者数が多くて信頼できる業者とも言えるでしょう。

口コミ評価サイトも多数ありますが、地域住民のリアルな意見が見られる、地域密着型の口コミサイトを参考にするのがおすすめです。

ホームページに住所が記載されているか確認する

業者のホームページに、正確な住所が記載されているかどうかチェックしてみましょう

住所が記載されていても、実際はその場所に事業者が存在していないケースもあります。

住所情報などを公開しない業者に依頼すると、トラブルが起きた際に一切連絡がつかなくなる可能性が高いです。

住所を載せていない業者がすべて悪質というわけでもありませんが、企業の情報を隠すことなく正確に公開している業者の方が、信頼性が高いと言えるでしょう。

マッサージチェアを手間なくスピーディーに処分したいなら

マッサージチェアは、大きいものだと30kgを超えるものもあり、持ち運ぶだけでも大変な労力を要します。

マッサージチェアの処分は、「ワンナップLIFE」にお任せください。

弊社にご依頼いただければ最短25分で駆けつけ、持ち運びの大変なマッサージチェアを、手間なくスピーディに処分できます

24時間受付対応し、お見積もりにご納得頂けなかった場合は、キャンセルも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

単品回収
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!