液晶モニターの処分方法8選【パソコン用・テレビ用・事業用完全対応】

単品回収

液晶モニターは法律によってリサイクルが推奨されているため、基本的にゴミとして処分することができません

法律に即した形で処分する必要があることから、方法を調べても難しい内容が多く「どうやって処分すればいいのか…」と悩んでいる人も多いでしょう。

本記事では、液晶モニターを適切に処分する方法を8つ紹介します

パソコン用、テレビ用、さらには事業用の液晶モニターの処分方法も解説するので、お困りの方はぜひ参考にしてください。

【事前知識】液晶モニターの種類によってリサイクルの法律が異なる

モニターの種類によってリサイクルの法律が異なる

液晶モニターは基本的にリサイクルして処分することになりますが、モニターの種類によってリサイクルに関わる法律が異なるため注意してください。

  • パソコン用…資源有効利用促進法
  • テレビ用…家電リサイクル法

処分方法によっては、パソコン用は処分できるけど、テレビ用は処分できない、といったケースもあるのです。

そのため今回は、パソコンモニターの処分方法と、パソコン用とテレビ用どちらでも処分できる方法の2つに分けて紹介します。

パソコンモニターを処分する方法5選!

パソコンモニターを処分する方法

まず、パソコン用液晶モニターの処分方法を5つ紹介します。

メーカーに回収してもらう、売却するなどさまざまな処分方法があり、中には無料で処分できる方法もあるので、自分のニーズに合う方法を見つけてみてください。

パソコンメーカーに回収してもらう

パソコンモニターのメーカーに依頼して処分する方法です。

リサイクル法に基づき、パソコンメーカーは自社のモニターを回収することを義務付けられています。

メーカーへの回収を依頼する場合は、モニターに「PCリサイクルマーク」がついていれば、無料で回収してもらえるので要チェックです。

マークがない場合でも、有料(約3,000~4,000円)で回収してもらえます。

申し込みや発送手続き梱包作業などの手間がかかるため、ある程度時間に余裕がある人におすすめな処分方法です。

パソコン3R推進協会に回収してもらう

パソコンモニターのメーカーが分からなかったり、メーカーが倒産しているなどして処分方法に困っている際に有効なのが、パソコン3R推進協会への依頼です。

パソコン3R推進協会は、パソコン本体やモニターのリユース・リデュース・リサイクルを推奨する企業で、不要なモニターを有料で回収してくれます。

回収料金はパソコンモニターの種類によりますが、4,000円ほどが相場で、別途振込手数料もかかります。

宅配による回収がメインなので、梱包や配送手続きなどのひと手間が必要です。

中古パソコンショップで売却する

状態の良いパソコンモニターであれば、ドスパラやパソコン工房などの中古パソコンショップで売却するのも有効です。

買取には査定があるため確実に処分できる方法ではありませんが、パソコンの専門店ということもあり、買い取り価格もそれなりに期待できるのが魅力。

販売から2年以内の比較的新しいモデルで、人気のあるメーカー品であれば、高めに買い取ってもらえる可能性が高いです。

自治体の回収ボックスに入れる

小型のモニターであれば、自治体の回収ボックスに投函して処分する方法もあります。

回収ボックスは、区役所や家電量販店、ホームセンターなどに配置されています。

大きめのモニターは回収できませんが、回収ボックスに入るサイズのものであれば無料で処分することが可能です。

地域によって、モニターの回収に対応していないところもあるので、自治体のホームページで確認してみましょう。

家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店では、パソコン用モニターの回収サービスを行っているところもあります

液晶モニターの回収サービスを提供している家電量販店の一例をご紹介します。

店名 回収にかかる費用 回収する方法・条件
ヤマダデンキ 無料~1100円

宅配回収・パソコンとセットであれば無料、モニター単体の場合は店頭で有料回収

ヨドバシカメラ 1950円 宅配回収3辺合計160cm・30kg以内
コジマ  1958円 宅配回収・160cm、30kg以内
ビックカメラ 1958円 宅配回収・160cm、30kg以内の製品
ジョーシン 550~4400円 店頭持ち込み・モニターのサイズによって費用が異なる

上記のように、回収にかかる費用や条件は店舗によって異なります。

また、回収に関わる情報は頻繁に更新されるので、家電量販店に依頼する際は事前に問い合わせた方が確実です。

テレビ用・パソコン用どちらでも処分できる方法3選!

パソコン用_テレビ用

ここではテレビ用、パソコン用どちらでも処分できる方法を紹介します。

事業用のモニターを処分できる方法もあるので、事業用パソコンの処分にお困りの方も、ぜひチェックしてみてください。

リサイクルショップで売却する

壊れていない液晶モニターを処分するなら、最寄りのリサイクルショップで売却するのが有効です。

比較的新しいモデルであれば需要も高く、高額で買い取ってくれる可能性もあります。

デメリットは、持ち込みが必要だったり、モニターの状態によっては買取不可とされる可能性があること。

リサイクルショップは廃棄処分に対応する店舗も少ないため、買取不可となった場合はまた別の処分方法を考えなければならず、2度手間となってしまいます。

フリマサービス・ネットオークションで売却する

フリマサービスやネットオークションで売却すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

リサイクルショップなどで売却するときと違い、売却価格を自分で設定できるのが魅力。

不特定多数のさまざまなニーズを持つ人が商品を見に来るので、多少古いモデルでも売却できる可能性が高いです。

ネット上でのやり取りがメインとなるので、配送費用や梱包材などの費用がかかることを考慮しなければらならないなど、面倒なことが多いのがネック

また、個人間での取引ということもあり、取引後のトラブルが起こりやすいという不安要素もあります。

不用品回収業者に依頼する

最も手間なく液晶モニターを処分できる方法が、不用品回収業者への依頼です。

パソコンモニターやテレビモニターなど、種類を問わず電話一本で回収しに来てくれるので、スムーズに処分できます。

夜遅くまで営業している店舗も多いため、時間の融通がききやすいのもうれしいところ。

仕事や家のことで忙しくて、なかなか時間が作れないという人も安心して依頼できます。

難点としては、回収費用が3,000~4,000円ほどと、単品での回収だと若干割高になることが挙げられます。

不用品回収業者は事業で使用したモニターも処分できる

家電量販店やパソコンメーカーによる回収など、一般的な回収サービスは家庭用のモニターを対象にしている場合がほとんど。

事業で排出されたモニターを回収してもらえるサービスは少ないのが現状です。

不用品回収業者の中には、事業用のモニターの回収に対応するところも多数あります

「産業廃棄物収集運搬業の許可」を得ている業者であれば、事業で排出された不用品の回収に対応しているので、この資格を持っているか事前にチェックしてみてください。

パソコンやデスク、チェアなどあらゆるものを処分できるので、オフィスや店舗の移転で一気に不用品を片付けたいときに最適です。

液晶モニターを処分する際にかかる費用の相場

費用相場

液晶モニターを処分するにあたって、費用がどれくらいかかるのか気になる人も多いでしょう

液晶モニターを処分する際にかかる費用の相場をまとめましたので参考にしてください。

パソコンモニターの処分方法

メーカーに回収依頼 PCリサイクルマークがあれば無料、ない場合は3,000~4,000円
パソコン3R推進協会に回収依頼 4,000円
中古パソコンショップで売却 無料
自治体の回収ボックスに投函 無料
家電量販店に回収依頼 1,000~3,000円

パソコン用・テレビ用どちらも処分できる方法

リサイクルショップで売却 無料
フリマサービス・ネットショップで売却 配送料1,000~3,000円
不用品回収業者への依頼 3,000~4,000円

状態が良かったり、PCリサイクルマークがついているなどの条件がそろっている液晶モニターであれば、無料で処分できる場合もあります。

壊れていたり、メーカー名が分からないようなモニターを処分する際は、2,000~4,000円ほどの費用がかかると考えて良いでしょう。

たくさん処分したいものがあるなら不用品回収業者が断然お得

たくさん処分したいなら不用品回収業者がお得

不用品回収業者では、「積み放題プラン」といった定額の回収サービスを提供しており、トラックに積み込める範囲内であれば、何個でも料金そのままで処分可能です。

液晶モニターと一緒にデスクや配線類も処分したい、引っ越し前に一気に部屋を片付けたい、パンパンになった押入れをスッキリさせたいなど、あらゆるシーンで活躍します。

積み放題プランの料金は、業者によって異なりますが、軽トラックプランの場合、15,000~25,000円あたりが相場です。

単品で処分するよりも圧倒的にお得で手間もかからないので、処分したいものがたくさんある方はぜひ活用してみてください。

載せ放題プランについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考になります。

ゴミ回収のトラック積み放題はホントにお得?単品回収パック料金の選び方を解説

優良な不用品回収業者を選ぶための3つのチェックポイント

優良な不用品回収業者を選ぶための3つのチェックポイント

不用品回収業者は日本全国に数多く存在し、それぞれでサービスの質や料金体系なども異なります。

適当に選んだ業者に依頼すると、「横柄な態度で不親切だった…」「高額な料金を請求された…」など、のちのち後悔する事態になることも。

そういった事態を防ぐために、ここからは、優良な不用品回収業者を選ぶために、事前にチェックしておきたいポイントについて解説します。

一般廃棄処理業の許可がある

不用品回収業者に依頼する際は、適切な資格を保持しているかチェックしておきましょう

特に一般家庭での不用品を回収する際に必要な、「一般廃棄物収集運搬業許可」の有無は要チェックです。

この資格を持っていないと、不法投棄を行うなどして不適切な処分を行ったり、高額な料金を請求する悪徳業者の可能性が高くなります

もし不法投棄されてしまったら、業者に依頼した人が責任を問われる可能性も。

不要なトラブルを避けるためにも、適切な資格を持った業者に依頼しましょう。

資格の有無は、業者のホームページに提示されている場合が多いのでチェックしてみてください。

適正な料金設定で営業している

料金が高すぎる業者がおすすめできないのはもちろんですが、相場より安すぎる業者にも注意が必要です。

車両費や人件費、処分にかかる費用など、健全な経営をするためにはさまざまな費用がかかり、コストカットにも限界があります。

極端に料金が安い業者は、不法投棄をするなどして不適切な営業をしている可能性が高いのです。

業者を選ぶ際には、相場価格と比較して適正な料金で運営している業者に依頼しましょう。

口コミ評価が良ければより安心

ネット上で公開されている利用者の口コミ評判も、業者を選ぶ際に有効な資料となります

実際に利用した人の口コミを参考にすれば、業者のおおよその実態を知ることができますし、口コミが少ないのであれば、利用者も少ないという見方もできます。

口コミを参考にする際は、まず自身のニーズを明確にしておくのが重要なポイントです

対応力が優れている、接客が丁寧、明朗会計など、自分がもっとも重視する点を把握しておけば、数多くある口コミの中から有力な情報を見つけやすくなります。

液晶モニターの処分はワンナップLIFEへお任せください

「液晶モニターを処分したいけど、ややこしいことが多くて面倒…」

「たくさん処分したものがあるけど、なかなか時間が作れなくて…」

このようにお悩みの方は、ぜひ「ワンナップLIFE」へご相談ください。

弊社は業界最安・即日回収をモットーにしており、不用品の処分にお困りの方のもとへ最短25分で駆けつけます

電話でのご相談はもちろん、LINEでの見積もり作成も行なっております。お気軽にお問い合わせください。

単品回収
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!