なぜゴミ屋敷が急増?リスク・片付け方法・業者の利点を分かりやすく解説!

なぜゴミ屋敷が急増?リスク・片付け方法・業者の利点を分かりやすく解説! ゴミ屋敷の清掃方法

「大量のゴミで部屋が臭い」「ゴキブリやネズミが大量発生した」「近所から苦情が…」「親の住む家がゴミ屋敷になった」など、ゴミ屋敷の清掃業者には数々の依頼が届けられています。

特に近年では、ゴミ出しルールの厳罰化、老人の一人暮らし、近所付き合いの希薄化により、ゴミ屋敷清掃の依頼が急増しています。

もしかすると、ゴミ屋敷というのは滅多に見かけることなく、ある意味珍しいものだと思っているかも知れません。

しかし、ゴミ屋敷には隣人に気づかれないケースもあり、ゴミの量や悪臭が限界を超えたときにはじめてバレることも少なくないのです。

また、お部屋がゴミ屋敷化する危険性は誰もが持ち合わせています。1つの歯車が狂うだけで、昨日まで普通の生活を送っていた人の部屋が、1ヶ月後にゴミだらけになる可能性は否定できません。

そこでこの記事では、ゴミ屋敷が増えてきた時代背景、ゴミ屋敷に住む人たち、ゴミ屋敷を専門とする業者などについて網羅的にまとめました。

ぜひ最後まで読み進めて、ゴミ屋敷への理解を深めてみてください。

どんな状態をゴミ屋敷と呼ぶ?

どんな状態をゴミ屋敷と呼ぶ?

ゴミ屋敷には明確な定義がありません。

これを満たしていればゴミ屋敷、満たしていなければゴミ屋敷ではないという条件がないのです。

ゴミ屋敷になると生活が困難になると思われるかも知れませんが、現実にはゴミ屋敷に住んでいる方は普通に生活し、近隣住人に気づかれていないことも少なくありません。

しかし、ゴミ屋敷の定義をハッキリして欲しい方もいらっしゃると思うので、私たちの経験を元にいくつかの定義を用意しました。

  • ゴミで床が見えない
  • 庭までゴミが溢れている
  • ゴミを跨がないと移動が困難
  • ゴキブリ、ハエなどの害虫がそこら中に発生している
  • 悪臭が発生している
  • 近隣から苦情が来ている
  • 弁当ガラ、生ゴミ、ペットボトル、ティッシュ、生理用品(女性の場合)などが散乱している
  • トイレ、風呂などの水回りが使用できないほど汚れている
  • 眠るにはゴミをどかす必要がある・ゴミの上で寝ている
  • 1ヶ月以上ゴミを出していない
  • 家族、友人、大家、物件の管理人に部屋を見せられない

上記のいずれかの定義に当てはまる場合は、ゴミ屋敷だと断定していいでしょう。

ゴミ屋敷に住む人の特徴・習慣とは?

では一体、なぜゴミ屋敷になってしまうのでしょうか?

ゴミ屋敷に住む人の特徴や習慣などから、ゴミ屋敷化する原因を見ていきたいと思います。

以下が、ゴミ屋敷に住む人たちの特徴や習慣です。

  • 一人暮らし
  • お年寄り
  • 収集癖がある
  • 極度の面倒くさがり屋
  • 物を捨てられない
  • 買い物依存症
  • 不潔な状態に抵抗がない
  • 精神的ストレスを抱えている・うつ病
  • 外出の頻度が極端に少ない
  • カーテン・窓を開けない
  • 人との交流がない
  • 仕事が多忙を極めている

上記の特徴や習慣を見てみると、本人たちだけに原因があるように感じるかも知れません。

しかし、外部的な要因からお部屋がゴミ屋敷化するケースも少なくないのです。

今の時代背景も絡めながら、ゴミ屋敷が増えてきている外部的な要因を見ていきましょう。

孤独感がゴミ屋敷の原因?

ゴミ屋敷に住んでいるほとんどの人が一人暮らしをしています。

その中にはお年寄りの一人暮らしも大きな割合を占めており、体力的にゴミ出しが困難になったり、認知症などによってゴミが溜まってしまいます。

しかし、一昔前では近所付き合いが盛んに行われていましたし、3世代家族も多かったので今ほど大きな問題になっていませんでした。

ですが最近は、近所付き合いが減少し、親子関係は希薄になり、孤独にならざるを得ない時代になっています。

もちろん、これらは若い世代にも当てはまることで、人付き合いがなくなり、自宅に引きこもりがちになることがゴミ屋敷の一因となります。

また、環境問題への取り組みが劇的に進み、ゴミ出しルールが厳しくなったこともゴミ屋敷が増えた原因と言えるでしょう。

このように、ゴミ屋敷になる原因はその人自身だけにあるとは限りません。

ゴミ屋敷の問題は他人事ではなく、いつ自分に襲いかかってくるかわからない問題だと言えます。

ゴミ屋敷のリスク!恐ろしい事件とは?

ゴミ屋敷と言うと汚い・不潔・臭いというイメージが先行し、”危険性”を認知されている方は少ないように思います。

しかし、ゴミ屋敷が原因で事件が発生していることを見逃してはいけません。

実際にゴミ屋敷でどのような事件が起こったのか実例を見ていきましょう。

火災事故・事件

ゴミ屋敷は非常に燃えやすい物件です。

一般家庭ならボヤ騒ぎで収まるケースも、ゴミ屋敷ではゴミに火が燃え移り一瞬にして炎が部屋を包み込んでしまいます。

また、「トラッキング現象※」が起こりやすいのもゴミ屋敷の特徴と言えるでしょう。
※コンセントなどに溜まったホコリなどに電気が接触して着火を引き起こす現象

実際に、火災が起こったゴミ屋敷の残骸を調査した結果、「電源タップが溶けていた」というケースも報告されています。

そして一番恐ろしいのが「放火」です。ゴミ屋敷は近隣トラブルに発展しやすく、近隣住民から恨みを買うことも少なくありません。

中には「ゴミ屋敷が話し合いで解決しないなら火を付けて懲らしめてやろう」と思う人がいてもおかしくないでしょう。

このように、ゴミ屋敷は物質的にも、外部的な要因から見ても火事が起きやすい物件です。

一旦火事が起こると、お部屋の中にある収集物や思い出の品が灰になるだけでなく、近隣に燃え移り大規模な火事に発展しかねません。

命・家・モノを守るために、一刻も早い片付けが必要なことは言うまでもないでしょう。

ゴミに埋もれて亡くなる

ゴミ屋敷に住むお年寄りの身にゴミが覆いかぶさり、そのまま亡くなってしまう悲しいケースもあります。

「たかがゴミ」だと思われるかも知れませんが、お年寄りにとってはズッシリと重たい砂袋が自分めがけて降ってくるような恐ろしい体験となるでしょう。

また、所狭しと敷き詰められたゴミにつまづいたり、足を滑らせて頭部を打ったままの状態で発見されることもあります。

もし、あなたの親御さんが一人でゴミ屋敷に住んでいるのなら、今すぐ部屋を片付けるように説得するべきです。最終手段としてゴミ屋敷の清掃業者に依頼して、なかば強制的に片付けなければ命の危険が去ることはありません。

暴行事件

近隣住民との関係悪化で暴行事件に発展することも少なくありません。

ゴミ屋敷の住人も近隣住人も”一触即発の状態”ですから、口論がヒートアップして手が出てしまうことがあります。

このとき注目するべき点は、加害者がゴミ屋敷住人の場合もあれば近隣住民の場合もあるということです。

実例を出すと「ゴミ屋敷に住む女性が片付けに来た女性を暴行した事件」、反対に「近所の男性がゴミ屋敷の住人を暴行した事件」が実際に起っています。

いずれにせよ、発言が正しいとしても、手を出してしまうと一転加害者になってしまいます。

暴行事件に発展しないように、役所や警察の助けを借りながら解決することを肝に銘じなければいけません。

ゴミ屋敷は自分で片付けられる?

ゴミ屋敷は自分で片付けられる?

ゴミ屋敷をそのまま放置するメリットは1つもありません。

しかし、すぐに片付けられるかと言うとそうではなく、自分で片付けるには相当な労力を伴います。

ですから、ゴミ屋敷の片付けは基本的に業者へ依頼するべきですが、金銭的な事情から業者の利用が難しい方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ゴミ屋敷を自分で片付けられる条件をリストアップしました。

以下の条件を満たせばゴミ屋敷の片付けに挑戦することができます。

  1. お部屋の間取りが2LDK以下
  2. ゴミは溜まっているが床が見える
  3. 分別済みのゴミがほとんど
  4. お風呂、洗面所、トイレ、台所が機能している
  5. ご自身に身体の不調がない

また、この条件を満たさなくても自分で片付けをすることで、ゴミ屋敷清掃業者の利用料金を安く抑えられることができます。

例えば、ゴミを分別したり、燃えるゴミを処分するだけでも大幅に料金が安くなります。

次の記事を参考にしながら、少しでもゴミ屋敷を片付けてみてください。

自分で実践!ゴミ屋敷の片付け方法と準備
自分で実践できるゴミ屋敷の片付け方法と準備について解説します。はじめてゴミ屋敷を片付ける方がつまずかないように、詳細までイメージできるように情報をまとめました。

無理せずゴミ屋敷清掃業者に依頼を!

無理せずゴミ屋敷清掃業者に依頼を!

ゴミ屋敷は自分でも片付けられますが、想像以上に過酷な状況になる場合があります。

  • ゴキブリが大量発生する
  • 布団を剥いだら一面黒カビが広がっている
  • ゴミをどかすことで悪臭が拡散する
  • 大量のゴミ捨てに一苦労する
  • 作業の終りが見えず精神的に限界が来る

ゴミ屋敷の片付けは、パッと思いつくだけでも上記のような困難に立ち向かわなければいけません。

最後まで片付け切るには、揺るぎない精神と途中で断念しないための折れない覚悟が必要です。

また、精神的な問題だけでなく、過酷な力仕事になるので体力にキツくなることも事前に知っておいてください。

ゴミ屋敷清掃に携わる私たちの目線でアドバイスをさせていただくと、ゴミ屋敷の清掃は業者に任せるべきです。

なぜ、業者に任せるべきなのか、その理由をご覧ください。

ゴミ屋敷を業者に任せる利点とは?

まずは、ゴミ屋敷清掃業者を利用するメリットを挙げました。

  • 短時間でスッキリ片付けられる
  • 悪臭・害虫・ハウスダスト・汚れを目の当たりにしなくていい
  • ゴミの分別から回収までを任せられる
  • 肉体的・精神的な負担が一切ない
  • 必ず最後まで片付けられる

業者の利用をおすすめする理由は「スピード感と仕上がり」が全く違うからです。

例えば、2DKで膝までゴミが積み重なっているゴミ屋敷を片付けるとしましょう。

ゴミ屋敷清掃業者は、上記のゴミ屋敷を半日ほどで片付けることができます。対して自分で片付けるとなれば、1ヶ月の期間を与えられても作業を完了するのは難しいはずです。

また、ゴミ屋敷清掃後の仕上がりもプロ仕様です。

具体的に何が違うのかを説明するために、布団の下に広がるカビや床に染み込んだ生ゴミの汁を除去する場合を想定してみましょう。

業者では中性・アルカリ性・酸性などの様々な洗剤を、汚れの種類によって使い分けながら汚れを落とします。もちろん「混ぜるな危険」に注意しながら、有毒ガスが発生しないよう安全対策も怠りません。

床をこすったりする際は、傷がつかないようにスポンジやブラシを使い分けることもあります。

そして、意外と苦労するのがゴミ出し作業なのですが、業者であれば数台のトラックにゴミを詰め込んで即日で回収します。

しかし、自分でゴミ出しをする場合は、簡単にゴミの処分をすることはできません。

複数日に分けてゴミ集積所にゴミを出すか、クリーンセンターと自宅を何往復もしてゴミを出す必要があります。また、ゴミ集積所やクリーンセンターに出せないゴミもあるので、結局業者を利用することになるでしょう。

では、ゴミ屋敷清掃業者を利用するデメリットはあるのでしょうか?

ゴミ屋敷清掃は悪質業者に要注意!

ゴミ屋敷の清掃に業者を利用すること自体にデメリットはありませんが、悪質業者に気を付けなければいけません。

悪質業者を引いてしまうと下記のようなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

  • ボッタクリ価格を請求される
  • 強引に契約を迫られる
  • 回収したゴミを不法投棄する
  • 作業を中断する(再開するためにお金を請求)
  • ゴミや物の運搬が雑で部屋にキズを付ける

やはり、一番怖いのは高額料金を請求されることでしょう。ゴミ屋敷の清掃は安くはありませんが、相場を大きく上回る業者には注意してください。

それでは、実際どのような業者に注意するべきなのか解説していきます。

悪質業者の特徴とは?

悪質業者を判断するときに、以下の4つの特徴に当てはまる業者には要注意です。

  1. 評判が悪い
  2. 会社概要が不足
  3. 執拗に自宅訪問を迫る
  4. 無料・激安を謳う

評判が悪い

業者を利用する前に、評判・口コミは必ずチェックしてください。

特に以下の特徴に当てはまる口コミがある場合は悪質業者の可能性が高くなります。

  • 評判が悪い口コミだらけ
  • 不自然なほど良い口コミばかり
  • 口コミが見当たらない

「悪い口コミが多い=悪質業者」というのは理解できると思いますが、良い口コミばかりというのも考えものです。

中でも、似たような内容の口コミばかりで、サクラっぽい口コミは信用するべきではありません。逆に、顔写真付きなどのオリジナル性のある口コミであれば信用できます。

また、まったく口コミが見当たらない業者にも気を付けましょう。なぜなら、評判が悪くなるたびに社名を変えている可能性があるからです。

まとめると、極端に口コミが良い・悪い業者、口コミが無い業者は悪質である可能性が考えられるということです。

会社概要が不足

業者のホームページを見ると、業者の所在地や電話番号などの会社概要が記載されています。

しかし、稀に会社概要が記載されてなく、実態をつかめない業者を見かけることがあります。

会社概要が不足している業者は、クレームが来るのを恐れているため所在地や電話番号を記載していません。

また、業者の所在地をグーグルマップで調べてみると、”道路”や”空き地”が表示されることがありますが、これは嘘の所在地を記載しているという意味です。

業者選びの際には事前に所在地を実際に調べて、その業者が実在するのかチェックしましょう。

執拗に自宅訪問を迫る

「現場を見ないことには見積もりは出せません」などと言い張り、執拗に自宅訪問を迫る業者にも注意が必要です。

現場経験が豊富な業者であれば、メールや見積もりフォームにて写真を送っていただくと概算の見積もり料金をお伝えできます。
※最終的な見積もりは、お部屋をひと通り調査した後に確定します

なぜ、悪質業者が自宅訪問を迫るのかと言うと、対面で契約を迫られると断りづらいことを利用して、強引に契約を取るためです。

悪質業者に引っかからないための予防線として、怪しい業者をいきなり自宅に入れないようにしてください。

無料・激安を謳う

まず前提として無料でゴミ屋敷清掃をすることはあり得ません。

もし、「無料でゴミを回収します」と宣伝していても、後から高額料金を請求されるので絶対に関わらないようにしてください。

また、無料ではないにしても激安を謳う業者にも気を付けましょう。

ゴミ屋敷の清掃には、それなりに人員が必要ですし、ゴミの処分費用も安くはありません。

それなのに激安を謳っているとうことは、高額な追加料金を請求する悪質業者に他ならないと考えるのが普通です。

以下の料金相場を参考にしながら、業者が提示する料金が激安ではないか、もしくはボッタクリ価格ではないかを判断してください。

【ゴミ屋敷清掃の料金相場】

間取りゴミのレベル料金相場
1R・1Kゴミが溜まりはじめて1年程度
分別や仕分けがほぼ必要ない状態
約5万円〜10万円
1DL・1LDKゴミが溜まりはじめて1年〜3年
少し仕分けが必要
約15万円〜20万円
2DK・2LDKゴミが溜まりはじめて3〜4年
悪臭や害虫が発生しているレベル
30万〜40万円
3DK・3LDKゴミが溜まりはじめて4年以上
ゴミの量が非常に多くゴミの質が悪い
悪臭や害虫が発生しているレベル
50万円以上
4DK以上ゴミ屋敷歴不明
床が一切見えず天井までゴミが届いている
近所からも苦情が来るようなレベル
要見積もり 

ボッタクリ・高額追加料金なし!オススメ3業者とは?

いざ、ゴミ屋敷の清掃を探してみても、「なかなか安心して依頼できる業者が見つからない」という声を多く聞きます。

そこで、どなたでも安心してご利用できる業者を、例として3社ご紹介します。

ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神は、協会公認のゴミ屋敷清掃士が在籍し、信頼性の高い業者だと言えます。

業者名にもなっているようにゴミ屋敷の片付けを得意としており、一般的な片付け業者では手に負えないような生ゴミで溢れているようなゴミ屋敷でも対応可能です。

また、深夜料金や特急料金などの割増料金を支払う必要がなく、WEB限定10%OFFの割引を実施しているので、高額になりやすいゴミ屋敷清掃の費用を最小限に抑えられます。

ホームページにはゴミ屋敷清掃のビフォーアフターなどが写真付きで公開されているので申し込み前には一度ご確認ください。

サービス内容ゴミ屋敷清掃、遺品整理、不用品回収、ハウスクリーニング、お墓のクリーニングなど
料金目安基本料金(1R/1K)作業人数2名30,000円〜
受付時間9:00〜20:00
対応エリア関東8都県、関西6府県、東海4県
特徴見積もり無料、年中無休、即日対応、クレジットカード対応、ゴミ屋敷清掃士在籍、WEB限定10%OFF、最高1億円まで補償
電話番号0120-053-729
公式サイトURLhttps://777fukujin.com/

べんり屋ステーション

べんり屋ステーション

べんり屋ステーションも汚部屋やゴミ屋敷の清掃を得意としている業者です。手が届かないところまでゴミが積み上げられていたり、悪臭が酷くゴキブリが大量に発生しているようなお部屋でも対応可能です。

また、休日や繁忙期の割増料金がなくネット申し込みで10%割引されるので、お急ぎの場合や深夜帯でも料金を抑えることができます。

そして、汚部屋の片付けに欠かせない生ゴミの回収やスプレー缶・調味料・ジュース類・ジャム・レトルト食品など中身が入っているものも回収可能な点がオススメポイントです。

サービス内容不用品回収、混合ゴミ回収、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、引っ越し、その他
料金目安出張費3,000円〜+処分料金
受付時間9:00〜24:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、即日対応・即日作業可能、LINEで見積もり可能、ネット申し込み10%割引
電話番号0120-654-659
公式サイトURLhttps://benriya-st.com/

ワンナップLIFE

ワンナップLIFE

ワンナップLIFEもゴミ屋敷の清掃に対応しています。

料金が高くなりそうな場合は値下げ交渉も可能なので気軽にスタッフまでお伝え下さい。また、WEBから予約いただくだけで5,000円割引を実施しています。

また、不用品買取に対応しているので、お部屋の中で買取価値があるものがあれば高額で買取ます。その際、買取金額分を見積り料金から割引できますので、買取希望のものがあれば事前にお伝え下さい。

さらに、最短25分で到着、深夜・早朝も対応可能なので、急な引っ越しや来客があるなど時間がない場合でもお力になることができます。

どのようなお客様が利用されていたり、ビフォーアフターが気になる場合はホームページの作業レポートをご確認ください。

ゴミ屋敷の清掃レポートはこちら↓

東京都世田谷区A様ゴミ屋敷の清掃依頼・現場レポート
東京都世田谷区にお住まいのA様からゴミ屋敷状態になっているご自宅の清掃をご依頼いただきました。作業は予定していた時間内に終了し、見積もり通り追加料金もなく終了したました。もし、お部屋を占拠する一面のゴミでお悩みであれば、ご相談・お見積りだけでも結構ですのでお気軽にご連絡ください。
サービス内容不用品回収(引越し時も可)、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、事業ゴミ回収
料金目安軽トラック載せ放題プラン14,800円
受付時間8:00〜24:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、年中無休、クレジットカード対応、WEBサイト限定5,000円割引
電話番号0800-808-0053
公式サイトURLhttps://one-up-life.com/

まとめ

普通のお部屋がゴミ屋敷になってしまうのはほんの一瞬の出来事かも知れませんが、そのせいで一生苦しみ続ける方も少なくありません。

しかし、「部屋を片付けよう!」と決心するのも一瞬の出来事のはずです。

もちろん、それまでに長い時間をかけて悩まれると思いますが、最後に必要なのは背中をポンッと押してくれる勇気でしょう。

そしてゴミ屋敷清掃業者は、ゴミ屋敷にお住まいの方の決心を無駄にしないために全力でお部屋をお片付けします。

その際に、体に不自由などなければスタッフと一緒にゴミの片づけをしてみましょう。

片付けの手伝いをすることで”割引対象”となることもありますし、何よりも「自分の手でゴミ屋敷を片付けた!」という自信を持つことができます。

また、片付けの苦労・大変さを体感することで、もう二度とゴミ屋敷にしないことを自分自身に誓うこともできるでしょう。

その証拠に、ゴミ屋敷の清掃を依頼された皆さんが、ホッとした安堵の表情で「ゴミ屋敷を片付けると決めてよかった」ということを言われます。

ゴミ屋敷の片付けはたったの数時間。こんな短時間で人生が劇的に明るくなるできごとは滅多にないと思います。

ゴミ屋敷を片付けて、自分自身の人生にもカタを付けみてはいかがでしょうか。

ゴミ屋敷の清掃方法
不用品回収ワンナップLIFE
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり