2Kのゴミ屋敷を片付けたい!費用相場と事例をご紹介|買取もお任せ

2Kのゴミ屋敷を片付けたい!費用相場と事例をご紹介|買取もお任せ ゴミ屋敷の清掃方法

2Kの間取りでは、2tトラック2台以上のゴミが溜まっていることも多く、お客様自身で片付けるのは困難になります。

この記事では、大量のゴミが溜まった2Kのゴミ屋敷を片付けるための料金相場について表にまとめて詳しく解説しました。

また、片付けにかかる費用や時間、スタッフの人数の参考にしていただくため2Kの片付け事例を2つご紹介します。

最後に、「片付け費用を安く抑えるコツ」「ゴミ屋敷に適した業者の選び方」も解説しましたので、ゴミを片付ける準備を一緒に進めていきましょう。

2Kのゴミ屋敷片付け事例

まずは2Kのゴミ屋敷の片付け事例を2つご紹介します。

片付けに必要な作業人数や時間、費用がいくらになるのか次の事例を参考にしてみてください。

約20万円の2K片付け事例

間取り・階数2K・1階
作業人数4人
作業時間3時間
ゴミの量2tトラック1台半
費用200,000円

ご兄弟のお部屋を片付けて欲しいというご依頼でゴミの回収に伺いました。

玄関にはチラシ類がどっさり溜まっていて、キッチンにはカップラーメンやコンビニ弁当の残りなどが散乱している状態です。

他の2部屋はところどころ床が見える状態でしたが、ほとんどゴミで埋め尽くされていました。

お部屋の中にもコンビニ弁当やファストフードの残りが放置されており、缶、雑誌、燃えるゴミ、プラスチック類が溜まっていました。

作業中に見つかった小銭や請求書などの重要品は別に回収し、お客様から事前にお伝えされていた貴重品も捜索しながらの作業となります。

回収したゴミの量は2tトラック2台弱ほどで、作業時間はスタッフ4人で3時間ほどかかりました。

また、お風呂やトイレはお客様自身でお掃除されるということでしたので、キッチンのクリーニングだけを実施しました。

ハウスクリーニングを利用するかどうかは、お客様が使える時間や費用により個人差がありますが、ハウスクリーニングも依頼することでピカピカの状態にしてお返しすることが可能です。

約35万円の2K片付け事例

間取り・階数2K・3階
作業人数5人
作業時間4.5時間
ゴミの量2tトラック2台半
費用350,000円

2Kのお部屋で一人暮らしをされているお客様からのご依頼でした。お客様の都合が合う日程で作業を行ったので、お客様立ち会いのもと作業を行いました。

玄関に入ると早速ゴミが膝下の高さほどまで覆い尽くされており、ゴミの隙間に足を入れながら移動する必要がありました。

まずは玄関への動線を確保するために、廊下や扉に近いところのゴミから回収をはじめます。今後使わない机や布団などサイズの大きな物から搬出して動線を確保しました。

スタッフで手分けして各部屋のゴミを回収し、新品の生活用品は残すということでしたのでダンボールにまとめました。

鍵、リモコン、カード、通帳、その他の貴重品も見つけ次第お客様に報告して、ゴミとは別に保管します。

回収したゴミは2tトラック2台半になり、作業時間は5人で約4.5時間かかりました。

今回はお客様に立ち会っていただいたため、捨てる物と残す物の判断がスムーズにできました。また、立ち会うことで「やっぱり捨てる・やっぱり捨てない」というご要望にもお応えすることができます。

お部屋が綺麗になる様子を間近で体験して、どれだけのゴミが溜まっていたのか実感できるため、ご都合が合うようでしたら立ち会いをおすすめします。

2Kのゴミ屋敷の片付けに必要な料金相場

2Kのゴミ屋敷の片付け費用はゴミの量に大きく左右されるため、料金相場を一概に言うことができません。

そこで、ゴミの堆積が1m未満と1m以上のケースに分けて表にまとめました。

項目少ない(1m未満)多い(1m以上堆積)
作業人数3〜5人4〜6人
作業時間3〜5時間4〜7時間
料金相場約90,000円〜200,000円約200,000円〜350,000円〜

相場は9万円〜35万円以上と非常に大きな幅を取っています。

料金がゴミの量に左右されることはもちろん、お部屋の階数やハウスクリーニングの有無によって金額に差が生じます。

また、ゴミが天井付近まで溜まっているケース、庭など室外までゴミが広がっているケースでは35万円を超える場合もあるのであらかじめご了承ください。

料金相場内で依頼できる作業内容とは?

ゴミ屋敷の片付けで行う作業は、ゴミの分別と運搬だけではありません。

では、実際にどのような作業を行うのかを以下の流れで見ていきたいと思います。

  1. 見積もり・打ち合わせ
  2. 害虫駆除
  3. ゴミの分別・袋詰
  4. ゴミをトラックまで運搬
  5. 貴重品捜索
  6. 不用品買取
  7. 簡易清掃

見積もり・打ち合わせ

作業前に必ず見積もりと打ち合わせを行います。

打ち合わせでは、どの範囲のゴミを片付けるのか、何を残すのか、ハウスクリーニングは必要かどうかなど、お客様とスタッフの認識をすり合わせるために入念に話し合います。

基本的に見積もりは無料なので、金額が気になる場合など気軽にお問い合わせください。

害虫駆除

ゴミの中に食べ残しが多い場合は、ゴキブリなどの害虫が大量発生してしまいます。

作業の妨げになるレベルの害虫の量でしたら、殺虫剤を使用しながら作業を行います。

ゴミの分別・袋詰

自治体のルールに従ってスタッフがゴミの分別・袋詰を行います。

また、貴重品や残しておく物などは別に仕分けますので、ゴミと混在することはありません。

ゴミをトラックまで運搬

ゴミの運び出しもスタッフが行います。

ご要望があればゴミをダンボールなどに入れて、ゴミ屋敷清掃だとバレにくくなる工夫も可能です。

貴重品捜索

残しておく物・貴重品の情報はスタッフで共有して、ゴミを分別しながら捜索します。

不用品買取

すべての業者で対応しているわけではありませんが、新しい電化製品や貴金属など買取も行っています。

買取をご希望の場合は、「古物商許可」を取得している業者をご利用ください。

簡易清掃

ゴミの搬出が終り一通り片付くと、簡単な拭き掃除や掃き掃除を行います。

費用は高くなりますが、キッチンやトイレ、エアコンなどのハウスクリーニングも可能です。

オプション作業の料金相場

先ほどご説明した通常作業に含まれていない「オプション作業」の相場や作業内容について解説します。

作業内容料金相場
エアコン取り外し4,000円〜6,000円
家具などの解体作業約1,000円/1個
ハウスクリーニング28,000円〜32,000円
除菌・消臭6,000円〜150,000円
階段作業1,000円〜2,000円/1階・1時間

※上記の作業が通常作業に含まれている業者もあります

エアコン取り外し

エアコンが故障していたり買い替える場合は、エアコン本体と室外機の回収も可能です。

取り外し料金は1台あたり4,000円〜6,000円、2台目以降は料金が安くなる業者もあり1台1,000円ほどで取り外せることもあります。

家具などの解体作業

扉を通過しないベッドや勉強机などは解体してから搬出します。

解体料金は1個につき約1,000円で、無料で解体を行う業者もあります。

ハウスクリーニング

トイレやキッチンなどの水回りの清掃、壁の汚れ落としなどのハウスクリーニングを行います。

トイレだけなど部分的なクリーニングも可能なので、予算内で収まるように場所を指定していただくことも可能です。

除菌・消臭

殺菌・脱臭では、オゾン発生器を用いて空間や壁に染み付いた臭いを除去します。

殺菌・消臭の料金は、ニオイのレベルや部屋の広さによって異なりますので、下記の料金表を参考にしてください。

室内容積:小室内容積:中室内容積:大
軽度のニオイ〜6,000円〜9,000円〜18,000円
中程度のニオイ〜18,000円〜36,000円〜100,000円
強度のニオイ〜36,000円〜65,000円〜150,000円

お部屋の室内容量は以下を参考にしてください。

  • 小:30m³未満(床面積:約12m²)
  • 中:30m³〜60m³未満(床面積:約12〜25m²)
  • 大:60m³〜120m³未満(床面積:約26m²〜)

また、ニオイの度合いは以下のように定義付けています。

  • 軽度のニオイ:かすかな悪臭
  • 中程度のニオイ:すぐに何のニオイかわかる悪臭
  • 強度のニオイ:強烈な悪臭

除菌・消臭をご希望の際は、除菌・消臭が可能な業者かどうかを事前にご確認ください。

階段作業

階段を使ってゴミを運ぶ場合は「階段料金」が発生します。

1階あたり1,000円〜2,000円ほどですが、エレベーターを使用できる場合は階段料金は発生しません。

以上のオプション料金を加えて、最初にお伝えした全体の料金相場となります。

ゴミ屋敷の片付けにかかる料金相場の注意点

ゴミ屋敷の片付けにかかる料金相場は金額差がかなり大きく、費用の予想が難しくなります。

費用の予想が困難になる主な要因はゴミの量の違いです。

同じ2Kのお部屋にゴミが溜まっていても「床が見える程度のゴミ」と「腰の高さ積み重なったゴミ」では、10万円以上金額に差が出ることもあります。

このように片付け費用はゴミの量やお部屋の状況に大きく左右されますが、特に以下の4つケースでは高額になってしまいます。

  1. 部屋を埋め尽くすほどゴミが多い
  2. ゴミが分別されていない
  3. ハウスクリーニングが必要
  4. 家電リサイクル法対象品を処分する

これらの要因に該当するかどうかチェックしながら読み進めてみてください。

要因1|部屋を埋め尽くすほどゴミが多い

ゴミの量が多いほどゴミの処分費用がかかり、作業時間が長くなるので人件費も高くなります。

要因2|ゴミが分別されていない

ゴミの分別もスタッフの作業時間に直接影響します。

また、ゴミが袋詰されている場合でも、分別が間違っていれば再度分別する必要があるのでご注意ください。

要因3|ハウスクリーニングが必要

ハウスクリーニングを依頼する場合は、通常よりも約30,000円ほど高くなります。

水回りなどすべてのクリーニングを任せるのではなく、一部のクリーニングに絞ることで料金を抑えることが可能です。

要因4|家電リサイクル法対象品を処分する

家電リサイクル法の「テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・洗濯乾燥機」は廃棄する際に「リサイクル料金」が発生します。

家電ごとリサイクル料金は以下の表を参考にしてください。

品名リサイクル料金
ブラウン管テレビ(15型以下)約1,300円〜
ブラウン管テレビ(16型以上)約2,300円〜
液晶・プレズマテレビ(15型以下)約1,800円〜
液晶・プレズマテレビ(16型以上)約2,900円〜
エアコン約970円〜
冷蔵庫・冷凍庫(170L以下)約3,600円〜
冷蔵庫・冷凍庫(170L以上)約4,600円〜
洗濯機・衣類乾燥機約2,400円〜

料金はメーカー・機種ごとに数百円〜1,000円ほどの差があります。

2Kのゴミ屋敷の片付け費用を安く抑えるコツ

ゴミ屋敷の片付け費用を「安く抑える4つのコツ」をご紹介します。

  1. できる範囲でゴミを処分・分別する
  2. 買取可能なものは売却する
  3. 複数社で相見積もりをする
  4. ゴミ屋敷の片付け先延ばしにしない

先ほどお伝えした費用が高額になる4つの要因に該当する場合は、上記の安く抑えるコツをぜひ参考にしてください。

コツ1|できる範囲でゴミを処分・分別する

業者の依頼日までにゴミの量を減らすことが最大の節約方法になります。

ペットボトルや缶だけなどゴミの種類を絞ると作業しやすくなります。

ただし、作業中の転倒や怪我にはお気をつけください。

コツ2|買取可能なものは売却する

製造から5年以内の状態の良い家電製品や貴金属、バッグ、衣類などは買取対象になります。

買取対応している業者を利用して、今後使わないものは積極的に買い取ってもらいましょう。

コツ3|複数社で相見積もりをする

ゴミ屋敷の片付け費用には明確な基準がありません。

そのため業者によって金額に差が出るので、複数の業者から見積もりを取ってください。

いくつかの業者で見積もりを取ることで、対応の良い業者や価格が安い業者を選びやすくなります。

また、複数業者で検討していることをスタッフに伝えると、「他社に契約を取られたくない」という心理が働き、お客様に有利な見積もりを提示してもらいやすくなるはずです。

コツ4|ゴミ屋敷の片付け先延ばしにしない

ゴミの片付けを先延ばしにすると今よりもゴミが増え、片付け費用が高くなってしまいます。

また、ゴミを放置することの最大の恐怖は、ゴキブリやハエ、ウジの大量発生です。

特に食品類の食べ残し・飲み残しが多い場合は、害虫が繁殖しやすい夏が来る前のご依頼を強く推奨します。

そして、ゴミの量が少ないこのタイミングで依頼していただくことが一番の節約になることを知っておいてください。

ゴミ屋敷の片付けに適した業者の選び方

ゴミ屋敷に適した業者を利用することで、費用を安く抑え、スムーズにゴミを片付けてもらうことができます。

そこで、以下のゴミ屋敷に適した業者の選び方を4つ解説します。

  1. ゴミ屋敷清掃の実績が豊富
  2. ハウスクリーニングに対応している
  3. 一般廃棄物収集運搬業者と提携している
  4. 悪質行為・違法行為をしない

上記の選び方を参考にして、優良業者を探していきましょう。

選び方1|ゴミ屋敷清掃の実績が豊富

ゴミ屋敷の片付けは特殊な作業なので、ゴミ屋敷の実績がない業者に依頼するべきではありません。

ゴミ屋敷の経験が少ない業者を選んでしまうと、途中で作業を断念されたり、料金の上乗せを何度も要求される恐れがあります。

業者のホームページやSNSなどで実績を確認して、ゴミ屋敷清掃の実績が年間300件以上あれば安心して作業を任せることができます。

選び方2|ハウスクリーニングまで対応している

ハウスクリーニングを必要とする場合は、ゴミの回収からハウスクリーニングまで一括で依頼できる業者を選びましょう。

1社にまとめた方が日程の調整が上手くいきやすく、費用も安く抑えることができます。

選び方3|一般廃棄物収集運搬業者と提携している

一般家庭から出るゴミは「一般廃棄物収集運搬」を許可されている業者だけが収集することができます。

違法行為の片棒を担がないためにも、ゴミ屋敷を片付ける業者と一般廃棄物収集運搬業者が提携していること、もしくは業者自体が許可業者であることを確認してからご利用ください。

選び方4|悪質行為・違法行為をしない

ゴミ屋敷の片付け費用は高額になりますが、相場をはるかに超える料金を請求する悪質業者が問題になっています。

また、当初の見積もりから何度も追加料金を上乗せする悪質行為も報告されている状況です。

お部屋の片付けを安心して依頼するために、業者の評判を口コミでチェックして、クレームの多い業者は避けるように注意してください。

2Kのゴミ屋敷の片付けでお困りなら

2Kのお部屋に溜まったゴミをご自身ですべて片付けるのは、現実的にかなり難しいでしょう。

しかし、業者を利用することで、すべてのゴミがたったの数時間で綺麗サッパリ片付けられます。

業者を利用するときは特に料金面など不安に感じるかも知れませんが、まずは気軽にお問い合わせをして少しでも不安を解消してください。

私たち『ワンナップLIFE』では無料で見積もり・ご相談を受け付けています。

古物商許可を取得しており、不用品買取やハウスクリーニングにも対応しているため、お客様の細かい要望に応えながらゴミ屋敷を片付けること可能です。

スタッフ一同丁寧な作業を心がけておりますので、ぜひゴミ屋敷の片付け実績が400件以上の『ワンナップLIFE』にお任せください。

ゴミ屋敷の清掃方法
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり