家電・テレビの処分は不用品回収がベスト?5つの処分方法を比較してみた

家電・テレビの処分は不用品回収がベスト?5つの処分方法を比較してみた おすすめ回収業者

家電やテレビを処分する方法は1つではありません。

次に挙げるように不用品回収をはじめ、買取処分や引き取り処分を利用する方法など合計5つの処分方法があります。

  1. 業者の不用品回収
  2. 指定取引場所で引き渡し
  3. お店での引き取り
  4. リサイクルショップ
  5. ネットオークション

では、これら5つの処分方法のうち、どの方法で家電やテレビを処分するのがベストなのでしょうか。

テレビのサイズ、製造年数、故障しているかどうかによって、個人個人でオススメの処分方法が変わります。

そこで今回は、家電・テレビを処分する5つの手段の特徴やメリット・デメリットをまとめ、あなたがどの手段を選ぶべきなのかをお伝えしていきます!

この記事でお伝えした情報を元に、あなたにピッタリの家電・テレビの処分方法を探していきましょう。

注意!テレビと一部家電は自治体で回収できない

注意!テレビと一部家電は自治体で回収できない

ご存知かも知れませんが、自治体のゴミ回収ではテレビを含めた一部の家電製品は収集されません。

具体的には、テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機は【家電リサイクル法】によって適切な処分方法が定められており、どこの自治体でも回収できない決まりとなっています。

⇒家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)

粗大ゴミの定期収集がある地域で家電リサイクル法の対象家電を出しても回収されないのでご注意ください。

家電・テレビの5つの処分方法を徹底比較!

家電・テレビの5つの処分方法を徹底比較!

業者の不用品回収の利用手順・メリット・デメリット

業者の不用品回収をでは、スタッフが家電の搬出から回収運搬までをすべて代行します。

不用品回収は次の手順で利用します。

  1. 不用品回収業者に連絡
  2. 料金の見積もり
  3. 家電の回収
  4. 料金の支払い

見積もり方法にはいくつか種類があります。最終的には訪問見積もりで料金が確定しますが、電話・メール・ネットで簡易的な見積もりを出すことも可能です。

不用品回収を利用するメリット・デメリットを表にまとめたのでご確認ください。

メリットデメリット
  • 家電の搬出・運搬・回収・処分すべてをスタッフが代行
  • 持ち運びが困難な大きな冷蔵庫などの処分に苦労しない
  • 即日対応や早朝深夜対応など時間の融通が利きやすい、日程調整も可能
  • 土日祝日、年末年始も回収可能
  • 短時間で家電を処分できる(家電1点なら数分で回収)
  • 家電1点〜大量の家電回収に対応している
  • エアコンや洗濯機の取り外しも依頼可能
  • 業者選びにコツが必要
  • 回収料金が発生する

不用品回収を利用する最大のメリットはすべての作業をスタッフに任せられることでしょう。

特に複数の家電を処分する場合や、サイズが大きなテレビや冷蔵庫、洗濯機を処分する場合は不用品回収がオススメです。

しかし、不用品回収業者は同じ地域にいくつもあり、都会になると100以上の業者から選ばなければなりません。

ですが、不用品回収業者の選び方のコツさえ知ってしまえば簡単に条件に合う業者を探すことができます。

次の記事に『業者選びの4つのコツ』と『おすすめの不用品回収業者10社』をまとめているので参考にしてみてください。

おすすめの不用品回収業者10社|口コミ高評価人気ランキング
口コミ評価が高いおすすめの不用品回収業者10社をまとめました。業者を1社に絞るための不用品回収業者を選ぶ4つのコツや、初めてでも希望通りの業者を探せるよう、不用品回収に精通している私達が多数の業者からおすすめす業者10社をランキング形式でご紹介します。

指定取引場所で引き渡す手順・メリット・デメリット

各都道府県に家電リサイクル法対象製品(テレビなど)を有料で引き取るための【指定取引場所】があります。

指定取引場所で家電を引き渡す手順は次のようになります。

  1. 郵便局で家電リサイクル券を受け取り料金を支払う
  2. 家電リサイクル券を製品に貼り付ける
  3. 指定取引場所へ家電製品と家電リサイクル券を持ち込む
  4. リサイクル券の控えを受け取る

事前準備としてメーカー名とテレビは画面サイズ、冷蔵庫・冷凍庫については内容積をご確認ください。

⇒テレビの画面サイズ、冷蔵庫・冷凍庫の内容積の調べ方(一般財団法人家電製品協会)

また、最寄りの指定取引場所は以下のサイトでご確認ください。

⇒最寄りの指定引取場所・営業日検索(一般財団法人家電製品協会)

それでは指定取引場所を利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットデメリット
  • リサイクル料金のみで処分可能
  • お問い合わせ管理票番号によってリサイクルの追跡可能
  • 郵便局や指定取引場所に行く手間がかかる
  • 重たい家電を自ら持ち運ばなければならない
  • 郵便局の定休日には利用できない
  • 指定取引場所の休業日にも利用できない

指定取引場所を利用することでリサイクル料金を支払うだけで処分可能です。

しかし、家電を指定取引場所で引き渡すまでの手続きが面倒で便利に利用できるとは言えず、郵便局と指定取引場所の営業日によってはすぐに処分できない場合もあります。

また、大型の冷蔵庫や取り外しが必要なエアコンの処分には向いていません。

お店での引き取りを利用する手順・メリット・デメリット

家電製品を購入したお店には製品を引き取る義務があり、ネットショッピングや通信販売を利用した場合でも実店舗がある場合は引き取りを依頼できます。

また、家電の買い替えをする場合は、新しく家電を購入する方のお店に引き取りを依頼しましょう。

具体的には次の手順で家電をお店に引き渡します。

  1. お店に引き取りの依頼をする
  2. 引き取りの訪問に来たスタッフに家電を引き渡す(店頭への持ち込みも可能)
  3. リサイクル料金と収集・運搬料金を支払う
  4. リサイクル券の控えを受け取る

それではお店に家電の引き取りを依頼するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリットデメリット
  • 家電の持ち運びが不要
  • お問い合わせ管理票番号によってリサイクルの追跡可能
  • リサイクル料金+収集・運搬料金がかかる
  • 急ぎの処分には不向き
  • お店の休業日には利用できない

お店に家電の引き取りを依頼する場合 、家電を収集するか持ち込むかを選択できます。持ち込みをすると料金が安くなるため、小型のテレビなど持ち運びが簡単な場合は持ち込みをオススメします。

家電の収集にはお店側の日程調整が必要なため、スケジュールに余裕を持たせて収集を依頼しましょう。

リサイクルショップを利用するメリット・デメリット

製造年数が浅く、買取価値のある家電製品は高額買取が期待できるのでリサイクルショップを利用しましょう。

買取査定はすぐに完了して即買取できるので、急いで家電を処分したい方にもオススメです。

リサイクルショップを利用するメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリットデメリット
  • お金を受け取って家電を処分できる
  • 面倒な手続きが必要ない
  • リサイクルショップへの持ち込みが必要

リサイクルショップでは最新家電ほど高額買取が期待できますが、買取可能な家電は需要のあるものに限られます。

製造から長い年数が経っていたり、損傷が激しい場合は買取できないこともあるので、事前にリサイクルショップの買取条件を確認しておきましょう。

ネットオークションを利用するメリット・デメリット

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションには沢山の家電製品が出品されています。小型の液晶テレビでも約5,000円〜10,000円以上で取引されており、リサイクルショップ以上の高額料金を期待できるでしょう。

各社のネットオークション・フリマアプリの利用方法は以下の各ページをご確認ください。

ネットオークションを利用するメリット・デメリットは次の表にまとめました。

メリットデメリット
  • リサイクルショップよりも高額買取が期待できる
  • 出品・落札者との連絡・梱包・配送などの手間がかかる
  • 落札されない可能性がある
  • 急ぎの処分には不向き

家電やテレビを限界まで高く売りたい!という方にはネットオークションがオススメです。

ただし、出品すれば必ず売れるわけではなく、売れ残ってしまい結局処分できない可能性も否定できません。

急ぎでなければネットオークションでの処分に挑戦してみてもいいでしょう。

家電・テレビの処分方法を比較した結果

家電・テレビの処分方法を比較した結果

今回お伝えした5つの処分方法のうち、どの処分方法がオススメなのかを表にまとめてみました。

重視すること・目的オススメ処分方法
処分にかかるスピード不用品回収、リサイクルショップ
処分料金の安さ指定取引場所
買取料金の高さネットオークション
大型の家電・テレビを処分する不用品回収、お店での取り引き(収集)
取り外し・解体が必要な家電を処分する不用品回収
故障した家電・テレビを処分する不用品回収、指定取引場所、お店での引き取り

家電やテレビを処分するベストな方法は、製品の状態や製造年数、何を重視するかによって変わります。

その中でも、最も利用者の要望に柔軟に対応し便利に利用できるのは不用品回収でしょう。

不用品回収を利用すれば、あなたがお家から一歩も出ることなく家電を処分できます。即日回収、深夜早朝の対応も可能なので、引越し準備でお忙しい方でも気軽に利用できます。

また、不用品回収業者の中には”買取”を実施している業者もあり、お金を支払って回収してもらうだけのサービスではありません。

そこで最後に、買取処分も依頼できるオススメの不用品回収業者3社をご紹介します。

不用品回収の”利便性”と買取の”オトク感”の両方を重視したい方は特に参考にしてみてください。

リサオク

リサオク

リサオクは複数の方法で不用品買取が可能な業者です。

買取方法には出張買取・持ち込み買取・宅配買取・オークション買取でから選択可能。

不用品買取に手間を掛けたくない方は、出張買取もしくは宅配買取をご利用ください。そして、高額買取を希望される場合はオークション買取を申し込みましょう。

さらには引越しと不用品回収を同時に申し込むことで、不用品回収が無料になるサービスもあります。

その他にもお得に不用品を処分できるサービスが満載なのでホームページでご確認ください。

サービス内容不用品回収・買取、遺品整理・生前整理、引っ越し
料金目安
受付時間24時間
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
特徴見積もり無料、年中無休、買取方法多数あり
電話番号0120-76-4466
公式サイトURLhttps://risaoku.com/

エコ回収

エコ回収

エコ回収では業者名にもなっている【エコ回収】というサービスを提供しています。

エコ回収とは、不用品をオークションや海外リユースなどの手段でリユース販売を代行するサービスです。販売期間は集荷日から最長60日間でリユースに成功した場合10%がキャッシュバックされます。

リユースに成功しなかった場合は、そのままゴミとして処分せずにリサイクルを行うのでご安心ください。

また、品質が良く国内で需要が高い不用品は買取サービスも利用でき、家電製品の買取範囲は製造8年以内と他社よりもかなり余裕があります。

ホームページ内で見積シミュレーションできるので、処分する不用品がお決まりでしたら一度シミュレーションしてみてください。

サービス内容不用品回収、不用品買取
料金目安基本料金3,000円
品物別料金:料金表を参照
特殊作業料金:解体作業1,000円/10分、外階段作業500円/階など
時間指定料金(3時間幅)1,000円
受付時間9:00〜18:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、年中無休、即日対応、クレジットカード対応
電話番号0120-530-539
公式サイトURLhttps://www.eco-kaishu.jp/

ワンナップLIFE

ワンナップLIFE

ワンナップLIFEでは、テレビ、洗濯機、空気清浄機など人気家電の高額買取を実施しています。

また、買取だけでなく単品回収も充実しているので、故障して使用できない家電やテレビの処分にも最適です。

さらに2回目以降のご利用は割引で20%OFFになるので、繰り返し利用される予定があるならワンナップLIFEをご検討ください。最短25分で到着、深夜・早朝も対応可能なのでいつでもご相談可能です。

どのようなお客様が利用されていたり、ビフォーアフターが気になる場合はホームページの作業レポートをご確認ください。

サービス内容不用品回収(引越し時も可)、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、事業ゴミ回収
料金目安軽トラック載せ放題プラン14,800円
受付時間8:00〜24:00
対応エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
特徴見積もり無料、年中無休、クレジットカード対応、WEBサイト限定5,000円割引
電話番号0800-808-0053
公式サイトURLhttps://one-up-life.com/

まとめ

テレビなどの家電製品は、再利用できる状態であればまずは買取を検討しましょう。特に製造年数が新しい家電は買取価値が高いので、買取処分しなければもったいなく感じるはずです。

そして、故障して使用できない家電製品も不用品回収業者であれば比較的低価格で回収可能です。その理由は業者が家電を修理修繕してリユース・オークションにかけるからであり、エコという観点から見てもリサイクル以上に地球環境に優しいと言えるでしょう。

今回お伝えしたように、家電を処分する方法は沢山の選択肢から選ぶことができます。ぜひ、あなたが最も得をして損をせず、便利に利用できる方法をお選びください。

おすすめ回収業者
不用品回収ワンナップLIFE
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり