行政の粗大ごみ回収サービスで出来ること・出来ないこと一覧

行政の粗大ごみ回収サービスで出来ること・出来ないこと一覧 回収業者の選び方

行政の粗大ゴミ回収サービスを利用されたことが無い方にとって”粗大ゴミの処分”って未知の世界ですよね。

そもそも行政の粗大ゴミ回収サービスで『何ができて』『何ができない』のかイマイチわからないと思います。

そこでこの記事では、行政の粗大ゴミ回収サービスで『できること・できないこと』を詳しく解説していきます!

行政の粗大ゴミ回収サービスを利用されたことが無い方でも理解しやすいようにまとめたので参考にしてみてください。

行政の粗大ゴミ回収サービスでできること一覧

まずは行政の粗大ゴミ回収サービスでできることをまとめました。

できること一覧
・粗大ゴミを安く処分すること(地域によっては無料)
・粗大ゴミを収集する希望日を出せる
・お年寄りや体が不自由な人向け運び出し回収

粗大ゴミを安く処分すること(地域によっては無料)

例えば東京都新宿区の場合、以下の料金で粗大ゴミを処分することができます。

  • ベッド:1,200円
  • ラック:400円
  • 机:800円〜2,800円
  • 椅子:400円
  • ソファ(一人掛け):800円
  • 電子レンジ:800円
  • ぬいぐるみ:400円
  • プリンター:400円〜1,200円
  • 扇風機:400円

これは一例ですが、他の粗大ゴミに関しても300円〜2,800円で処分可能です。

また、地域によっては無料回収を実施している自治体もあるので、自治体のホームページで確認してみてください。

粗大ゴミを収集する希望日を出せる

行政の粗大ゴミ回収サービスでは、粗大ゴミの収集日をいつにするのか希望日を出すことができます。

その希望日通りになる場合もありますし、申し込みが多い場合は他の日になる可能性もあります。

ただし、今日・明日中の回収はほぼ不可能だと考えましょう。

すぐに粗大ゴミを処分したい場合は、粗大ゴミの持ち込み処分を利用してください。

粗大ゴミの持ち込み処分とは?
粗大ゴミを処分する方法は『回収』と『持ち込み』の2種類があります。
持ち込み処分をする場合は地域のクリーンセンターなどに粗大ゴミを持ち込みます。事前連絡の要・不要は自治体ごとに異なるので確認しておいてください。
持ち込み処分は回収処分よりも料金が安いので、車をお持ちであれば粗大ゴミの持ち込み処分も検討してみてください。

お年寄りや体が不自由な人向けの運び出し回収

通常の行政の粗大ゴミ回収サービスでは、粗大ゴミの”回収”のみを実施しています。

つまり、お部屋から粗大ゴミを外に運び出すのは各個人で行わなければなりません。

しかし、お年寄りや体が不自由で運び出しが困難な方に限っては、回収作業員がお部屋からの運び出しもお手伝いしてくれます。

運び出し回収をご希望の場合は、粗大ゴミの回収を申し込む際にその旨をお伝えください。

行政の粗大ゴミ回収サービスを申し込む方法は次の記事を参考にしてみてくださいね。

行政の粗大ごみ回収サービスの申し込み方法とは?
行政の粗大ゴミ回収サービスの申し込み方法を3ステップで解説します。申込方法・粗大ゴミシールの購入方法・粗大ゴミを出す場所などわかりやすくまとめました。Q&Aも掲示しているので不明点はすべて解消されるはずです!

行政の粗大ゴミ回収サービスでできないこと一覧

次に行政の粗大ゴミ回収サービスでできないことをまとめました。

できないこと一覧
・大量の粗大ゴミを一度に回収すること
・粗大ゴミの回収日の日時を指定すること
・家電リサイクル法対象やパソコンの回収

大量の粗大ゴミを一度に回収すること

行政の粗大ゴミ回収サービスでは、一度に出せる粗大ゴミの数が決められていることが多いです。

例えば、1度に5点まで10点までというように、1度の申し込みで処分できる粗大ゴミの数に制限があります。

特に引っ越しなどで大量の粗大ゴミを捨てる必要があるときは、業者の粗大ゴミ回収サービスを利用した方がいいでしょう。

引っ越し時の粗大ごみを回収する2つの方法を解説!
引越し時に出る粗大ゴミの処分方法を2つ解説します!1つは自治体で粗大ゴミ回収で処分する方法。2つ目は業者の粗大ゴミ回収を利用する方法。それぞれの粗大ゴミ回収を利用するメリット・デメリットをお伝えするので参考にしてみてください!

粗大ゴミの回収日の日時を指定すること

行政の粗大ゴミ回収サービスでもある程度の希望日は聞いてもらえますが、混雑状況などにより必ず希望通りになるとは限りません。特に引っ越しシーズンや大掃除の時期は粗大ゴミ回収の申し込みが多くなるので希望通りにならない場合が多いです。

また、粗大ゴミの回収日が申し込みから数日後〜数週間後になることもあります。引っ越し作業などで忙しくなる場合は、余裕を持って粗大ゴミ回収の申し込みを行ってください。

そして、粗大ゴミを出す時間はどの自治体でも多少差はありますが、7:30〜8:30の間に出す必要があります。

家電リサイクル法対象やパソコンの回収

行政の粗大ゴミ回収サービスでは、家電リサイクル法の対象になっているテレビ、エアコン、洗濯機・乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫を粗大ゴミとして回収することはできません。

また、デスクトップパソコン(本体)、ノートパソコン、ブラウン管(CRT)ディスプレイ、液晶ディスプレイ(LCD)、ディスプレイ(CRT又は液晶)一体型パソコンも回収できません。

その他にも、タイヤ、消化器、ガスボンベ、ピアノなど回収できない品目が各自治体ごとに定められているので事前に確認しておきましょう。

行政の粗大ゴミ回収サービスの『できない』を可能にするサービスとは?

行政の粗大ゴミ回収サービスでできないことって結構多いんです。

しかし中には、大量の粗大ゴミを一度に処分したい、朝以外の時間帯に回収して欲しい、今すぐにでも粗大ゴミを処分したい、テレビやパソコンを処分したい、という方も多くいるでしょう。

そのような方が途方に暮れないように、もう1つのサービスをご紹介します。

『できない』を可能にする業者の粗大ゴミ回収サービス

行政の粗大ゴミ回収サービスでは不十分だと感じる方には『業者の粗大ゴミ回収サービス』をオススメします。

なぜなら、行政の粗大ゴミ回収サービスで『できない』ことを、業者の粗大ゴミ回収サービスでは『できる』から!

では具体的に、業者の粗大ゴミ回収サービスで何ができるのかまとめました。

  • 積み放題プランを利用することで大量の粗大ゴミを処分できる
  • 粗大ゴミの回収日時を指定できる
  • 粗大ゴミの即日回収ができる
  • 24時間365日対応可能(業者による)
  • 家電リサイクル法対象の家電やパソコンも回収できる
  • 粗大ゴミの買取も可能(査定あり)
  • 粗大ゴミの搬出は業者スタッフが行う
  • 粗大ゴミ以外のゴミや不用品も回収できる

このように業者の粗大ゴミ回収サービスでは、行政ではできない沢山のことが可能になんですね。

業者を利用すればあなたの都合に合わせて粗大ゴミを処分できます。それに粗大ゴミの回収作業はすべて業者のスタッフさんが行うのであなたには一切の手間がかかりません。お部屋の通路に養生をしてから作業を行うのでお部屋が傷つく心配もないんです。

その他にも業者の粗大ゴミ回収を利用するメリットがあるのでこちらの記事を確認してみてください。

粗大ゴミ回収業者を利用する7つのメリット
粗大ゴミ回収業者を利用する7つのメリットをご紹介します。粗大ゴミを回収するには『粗大ゴミ回収業者』を利用する方法と『自治体の粗大ゴミ回収サービス』を利用する方法があります。、中には自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用した方がメリットが大きい点もあります。中立な立場からそれぞれのメリットやデメリットを見ていきたいと思います。

しかし、業者の粗大ゴミ回収を利用するデメリットがあるとすれば料金の高さです。

特に1点〜3点ほどの少量の粗大ゴミを処分するだけなら行政の粗大ゴミ回収の方が安上がりになります。

ただ、すべてのケースにおいて行政の粗大ゴミ回収が安上がりになるわけではありません。

次の記事で、粗大ゴミを安く処分する方法をまとめています。

行政の粗大ゴミ回収と業者の粗大ゴミ回収のどちらを利用すればいいかわからない方は参考にしてみてください。

粗大ごみの処分費を安く抑える6つのコツ
粗大ごみの処分費を安く抑える6つのコツをご紹介します。もちろん、6つのコツすべてを実践しなくても大丈夫!簡単に実践できそうなコツを最低1つだけ試してみるだけでも支出するお金を節約することができます。粗大ゴミを処分する方法は大きく分けて『自治体の粗大ゴミ回収』と『業者の粗大ゴミ回収』にする2つの方法があります。 まずは『自治体の粗大ゴミ回収』の利用を検討して、その後に『業者の粗大ゴミ回収』の利用を検討していきましょう! 
回収業者の選び方
不用品回収ワンナップLIFE
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり