扇風機の処分方法8選!メリット・デメリットや料金も徹底解説

粗大ごみの出し方
暑いと買い足してしまいがちな扇風機やサーキュレーターの処分でお悩みの方は、少なくありません。

とは言え、扇風機をそのまま不燃ゴミとして捨てるのは違法です。絶対にしてはいけません。

そこで、今回は、扇風機の「正しい」処分方法をご紹介します。

あわせて、扇風機の処分を不用品回収業者に依頼した場合の料金相場や、業者選びのポイントについても解説しますので、ぜひご活用ください。

扇風機の処分方法8選

さっそく、扇風機の8つの処分方法からご紹介します。

メリットやデメリットに着目して、自分に合った扇風機の処分方法を見つけましょう!

粗大ゴミとして処分する

扇風機は粗大ゴミとして処分することができます。

まずは、各自治体の「粗大ゴミ受付センター」に電話・HPから予約して、粗大ゴミ処理券を購入します。

粗大ゴミ処理券は、スーパー、コンビニ、郵便局など、自治体指定の販売店で販売されれています。

処分手数料は自治体ごと異なりますが、相場は、200円~500円程度です。

安く扇風機を処分したい方には大きなメリットですね!

しかし、指定された日に合せ、扇風機を指定場所まで持っていかないといけないため、なかなかスケジュールが合わないことも。

また、大型の扇風機であれば、車がないと運搬が難しいのもデメリットと言えるでしょう。

ゴミ処理施設に持ち込む

扇風機は、各自治体のゴミ処理施設に持ち込み処分することもできます。

自治体のゴミ処理場に連絡し、指定された日に扇風機を持っていきましょう。

扇風機の処分にかかる料金は自治体によって異なり、無料の場合もあれば、粗大ゴミと同額かかることも

粗大ゴミのように、指定の日を待つ必要がないのはメリットですが、自力で持ち込まないといけないため、扇風機のサイズによっては難しいこともあるでしょう。

また、平日の17時までなど、時間が限定されている自治体もあるため、多忙な方だとスケジュール調整が難しいのもデメリットです。

解体して不燃ゴミとして処分する

扇風機は、多くの場合、解体すれば不燃ゴミとして出すことも可能です。

不燃ゴミならほぼ無料で回収してもらえるため、お金をかけずに扇風機を処分したい方にとっては、大きなメリットですね!

しかし、扇風機は羽やリモコン、土台などプラスチックの部分と、金具の部分に分類する必要があるため、手間と時間を要します。

また、自治体によっては、元の大きさが30cmを超えるものは、分解しても「粗大ゴミ」として扱われることも。

この場合は、せっかく扇風機を分解しても、回収してもらえないため注意が必要です。

新しい扇風機を購入する店舗に引き取ってもらう

扇風機を新たに購入する場合は、購入先の店舗に不要な扇風機の処分を依頼することもできます。

扇風機の処分を店舗に依頼する時の料金は、以下を参考にしてください。

ヤマダ電機・・・1,100円

ケーズ電気・・・550円

ジョーシン・・・550円

新しい扇風機を買うタイミングで処分できるのはメリットと言えるでしょう。

しかし、自宅まで引き取りに来てもらう場合は、出張料が加算される上、当日対応は難しいため、今すぐ扇風機を処分しない人には不向きです。

また、業務用扇風機は、ほとんどの家電ショップで引き取ってもらえないため注意が必要です。

リサイクルショップに持ち込む

扇風機は、リサイクルショップに持ち込み、買い取ってもらうのも一つの方法です。

処分する扇風機から臨時収入が得られるのは嬉しいメリットですね!

ただし、買い取ってもらえる扇風機は商品価値があるもの限定

リサイクルショップの買取り対象になる扇風機は、以下を参考にしてください。

  • 涼風・温風の切り替えができる
  • 省エネ機能・空気清浄機能などが付いている
  • 大手メーカー製である
  • 日焼けによる劣化がない
  • 製造から5年以内のモデルである
  • 昭和レトロな扇風機などインテリア性が高い
  • デザイン性が高い
  • 取り扱い説明書や箱が残っている  

これらの条件に当てはらまない扇風機は、買い取り対象外の可能性が高いでしょう。

また、扇風機はリサイクルショップまで持ち込む必要があるため、サイズによっては車がないと難しいのもデメリットの一つです。

フリマ・オークションサイトに出品する

扇風機はフリマ・オークションサイトに出品することもできます。

家にいながら気軽に出品できて、臨時収入になるのは嬉しいですね!

しかし、自分が処分したいタイミングで、買い手が見つかる保証はないのがデメリットです。

また、買い手が見つかっても引き取りにこれない場合は、発送しないといけないため、手間に感じる方もいるでしょう。

友人・知人に譲る

状態が良い扇風機であれば、友人・知人に譲るのもひとつの方法です。

取りに来てくれることを条件にすれば、手間もかからず楽に扇風機の処分ができます。

ただし、処分したいタイミングでもらってくれる人が見つかるとは限らないため、なるべく早く扇風機を処分したい方は、他の方法がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

扇風機の処分方法の中でもっともおすすめなのは、不用品回収業者です。

なぜなら、不用品回収業者は、今回ご紹介した中で、扇風機を即日で処分ができる可能性が一番高い方法だからです。

そして、家で待っているだけで作業員が全てをやってくれるため、一番楽に扇風機を処分できる方法とも言えるでしょう。

扇風機の処分に不用品回収業者がおすすめな人5選

扇風機の処分には、不用品回収業者がおすすめですが、ここでは特に不用品回収業者がおすすめの方をご紹介します。

とにかく急いで扇風機を処分したい

不用品回収業者は、とにかく急いで扇風機を処分したい方にぴったりです!

なぜなら、不用品回収業者は即日対応してる業者が多いからです。

中には、24時間365日営業しており、最短数十分で駆けつけてくれる業者も!

そのため、不用品回収業者は、引っ越しやオフィスの移転で退去日が迫っている時や、忙しくて自力での扇風機処分が難しい方には最適の方法なのです!

なるべく楽な方法で扇風機を処分したい

不用品回収業者は依頼した後は、自宅で作業員を待つだけです。

分解したり、粗大ゴミ処理券を購入したり、運搬したりする必要はありません!

電話一本で扇風機の処分ができるため、一番楽な方法と言えます。

運搬手段がない方、女性の一人暮らしや高齢者だけのご家庭にもおすすめですよ!

扇風機以外にも処分したい不用品がある

不用品回収業者は、扇風機以外のものも一緒に回収してもらえます。

引っ越しなどで大量の不用品がある方にはぴったりですね!

大量の不用品は、分別するだけでも一苦労。

しかし、不用品回収業者であれば、分別・回収・処分まで全てやってもらえるため、手間も時間もかけず部屋の片付けができますよ!

扇風機の買取りをして欲しい

不用品回収業者は、扇風機を捨てるのではなく売りたい方にも最適です。

5年以内に製造されたメーカーのものや、羽がないタイプ、デザイン性が高い扇風機などは、買い取ってもらえる可能性が大!

しかし、すべての不用品回収業者が買い取りサービスを実施しているわけではないため、必ず事前にHPで確認しましょう。

業務用扇風機を処分したい

不用品回収業者は、業務用扇風機の処分にもぴったりです。

業務用扇風機は大きく重いため、自力で処分するのは大変です。

その上、ヤマダデンキやケーズデンキなどは、業務用扇風機の引き取りに対応していません。

不用品回収業者は、電話一本で駆けつけてくれるため、業務用扇風機も手軽に処分できますよ!

不用品回収業者の扇風機の処分料金!相場は?

不用品回収業者の料金相場

ここでは、不用品回収業者に扇風機の処分を依頼した時の料金についてお話します。

不用品回収業者に不用品の処分を依頼すると、「単品回収」か「トラック乗せ放題」のいずれかのプランが適用されます。

扇風機を単品で回収してもらう料金の相場は、3,000円~5,000円前後です。

一方、他の不用品も一緒に回収してもらいたい場合は、以下を参考にしてください。

  • マットレス・ソファー・テーブル:2,000~5,000円
  • ベッド:3,000~6,000円
  • エアコン・タンス:3,000~8,000円
  • テレビ:4,000~6,000円
  • 洗濯機:5,000~8,000円
  • 冷蔵庫:5,000~10,000円

※不用品回収業者によって不用品回収の料金は異なります。最終的な金額は、必ず見積もりで確認してください。

扇風機以外にも不用品が多数ある場合は、トラック乗せ放題の方がコスパがよくおすすめです。

乗せ放題プランは、トラックの大きさによって異なるため、以下を参考にしてください。

軽トラック 2トントラック(S) 2トントラック(L)
処分費用 1~3万円 3.5万円~ 5万円~

※業者によっては作業員が増えると追加料金が発生したり、さらに車両料金、駐車料金などが別途発生することもあります。そのため、最終的な料金は必ず見積もりで確認してください。

不用品回収業者を選ぶポイント5選

扇風機の処分におすすめな不用品回収業者ですが、業者であればどこでもよいというわけではありません!

中には、悪質な業者も少なからず存在します。

ここでは、悪質な業者に引っかからないために、不用品回収業者を選ぶポイントをご紹介します。

明朗会計である

不用品回収業者は、必ず明朗会計の業者を選びましょう。

明朗会計な業者とは、料金システムが明瞭な業者のことです。

業者によって処分費用は大きく異なるため、見積もりは必須です。優良業者であれば、現場で見積もりを作成してくれます。

一見格安に見えても、想定外の料金を提示してくる業者もあるため注意しましょう!

スピーディーに対応してくれる

一刻も早く扇風機を処分したい場合は、対応がスピーディーな業者に依頼しましょう。

不用品回収業者は即日対応をしている業者も多数。

中には、24時間365日営業しており、相談から数十分で駆けつけてくれる業者もあります。

「最短○分で対応」など、対応時間の目安を掲載している業者は、一般的に対応が早いですよ!

一般廃棄物収集運搬許可証を所有している

不用品回収業者選びの際は、「一般廃棄物収集運搬許可証」を所有している業者がおすすめ。

この資格を所有していない業者は、リユースできない不用品の処分時に、許可をもった他社に委託することになり、料金が高くなりがちです。

また、過去には、一般廃棄物収集運搬許可がない業者の不法投棄が問題になったことも。

「扇風機を回収してもらうだけだから」と思いがちですが、許可された業者は、健全な経営をしている優良業者が多く価格面でも安心ですね!

買い取りサービスも実施している

不用品回収業者は、買い取りサービスの有無にも着目して選びましょう。

扇風機の状態やモデルによっては、買い取ってもらえるため、臨時収入になることも!

リサイクルショップのように、自分で持ち込む必要もないため、ぜひ買取りサービスのある業者を利用しましょう。

口コミ評価が高い

不用品回収業者は、最後は口コミ評価も確認しましょう。

口コミは以下の媒体で簡単にチェックできます。

  • Google
  • SNS
  • 業者のHP
  • 口コミサイト

口コミは、実際にその業者を利用した人の生の声。業者選びにあたって、貴重な判断材料です。

極端に低い業者はどこか問題がある可能性が高いため、避けましょう。

一方、口コミ評価が高い業者は、明朗会計でコスパに優れ、対応も早い優良業者が多くおすすめです!

扇風機の処分でお困りなら

扇風機の処分には不用品回収業者が一押しです。

しかし、数多くある不用品回収業者の中から、一社に決めるのが難しい場合はワンナップLIFEにお任せください。

ワンナップLIFEは、一般廃棄物収集運搬許を保有しており、お手頃価格で不用品回収を承ります。

さらに、最短25分でお客様の元に駆けつけます。なるべく早く扇風機を処分したい方は、ぜひご相談ください。

今ならWEB限定キャンペーン開催中!扇風機以外のものもお得に処分することができますよ!

相談・見積もりは無料ですので、まずは気軽にご連絡ください。

粗大ごみの出し方
不用品回収ワンナップLIFE
不用品回収ワンナップLIFE
追加料金一切なし!他社より1円でも高い場合はご相談ください!